九十九里片貝港恒例の釣り大会、ヒラメ狙いは初めての試み第20回九十九里漁協沖釣大会 優勝は森田氏

8月3 1日に「第2 0回九十九里漁協沖釣大会」が開催された。秋の大会はこれまでハナダイを対象としてきたが今回はヒラメで、最大1枚の重量勝負となった。用意された船は片貝港所属の1 4隻で参加人数は2 4 0人。当日は秋らしい穏やかな天候に恵まれ、ヒラメの食いは活発。このところの好調ぶりを示すかのように、2ケタ釣りを達成した方も少なくなかった。帰港後すぐに検量となり、続いて表彰式と豪華商品が当たる抽選会が行われた。優勝は5.94キロを釣った森田広敏氏。

<大会結果>

優勝=森田広敏(第三正一丸)5 . 9 4 k g
2位=中村晴彦(幸辰丸)3 . 9 0 k g
3位=新谷英和(第一二三丸)3 . 2 9 k g
レディース賞=あべなぎさ(洋一丸)1 . 7 3 k g
大物賞=平田繁男(喜美丸)ワラサ2 . 2 9 k g       ※敬称略