学んで釣れば釣果も倍増!?

東海大学海洋科学博物館の夏のイベント
特別展「“釣”(ちょう)水族館」開催!

「海のはくぶつかん」として知られる東海大学海洋科学博物館は、海の生き物をはじめとした海中環境の研究や、人間と自然との共存にスポットを当てた博物館。館内は350種類を超える海の生き物が観察できる水族館部門、3Dハイビジョンシアターなども楽しめる科学博物館部門(マリンサイエンスホール)、海の生き物の動きを正確に再現したロボット「メカニマル」がうごめく機械水族館部門(メクアリウム)の3部門を、各フロアにて展示している。

そんな東海大学海洋科学博物館が夏のイベントとして「“釣”(ちょう)水族館」を開催。静岡の釣りの歴史から、最新釣り道具の科学的技術までをご紹介。
また、様ざまな魚種に対する仕掛けに魚の生態なども加え、釣りを分かりやすく、深く掘り下げて解説。期間中には「釣りたいけん教室」や「ルアーを作ろう!」などのイベントも開催。その他、有名人による「釣りトークイベント」なども予定されている。

入場料、交通、休館日などの問い合わせは東海大学海洋学部博物館のホームページ【http://www.umi.muse-tokai.jp】にて確認。
さらに東海大学海洋科学博物館&自然史博物館の招待券を読者に贈呈。プレゼントコーナーもご覧あれ!
●開催期間=7月8日~ 10月29日
●展示場所=2階の特別展示場
●問い合わせ先=東海大学海洋科学博物
館☎ 054・334・2385