PRESENT!! 残り2戦!今年の九州はウエイトハンデ1/2のレース

2018 AUTOBACS SUPER GT
第7戦『SUPER GT in KYUSHU 300km』
ペアチケット5組10名様に!

年間8戦で行われるSUPER GTもいよいよ残り2戦。同シリーズでは年間の獲得ポイント×1キロのウエイトハンデがあり、ランキング上位ほど重いクルマで戦わなくてはならないが、最終戦ではそれがゼロ、最終戦の1つ前の第7戦ではそれが半分になる。つまり、中盤戦でハンデに苦しんだ上位チームが終盤に向けて再び力を発揮し始めるのが、今年のオートポリスだ。
GT500はトヨタ勢が好調、第5戦終了時でトップを走るのは昨年のチャンピオン・平川亮&ニック・キャシディ組(キーパートムス)。平川は広島県呉市出身の24歳で、豪雨災害では子供会支援募金など積極的にボランティアに参加、今回も呉の子供たちを勇気づける走りをしてくれることだろう。
GT300はわれらが釣り人レーサー・山口県出身の進化する48歳・高木真一&ショーン・ウォーキンショー組(ARTA)がランニングトップ(第5戦終了時)。大台の100キロとなったウエイトハンデが半減、しかも得意のオートポリスだけに優勝の可能性もある。
ちなみに高木さんは今季も相模湾ではキメジどまりだがSUPERGTではすでに2勝、これで3勝目を挙げて11月に2度目のシリーズチャンピオンを決めれば記録に残るビッグフィッシュ獲得となる。

●開催日=10月20日(予選)21日(決勝)
●開催場所=大分県・オートポリス

※当選はチケットの発送をもってかえさせていただきます。

*は必須入力です。

  応募イベント 2018 AUTOBACS SUPER GT第8戦「MOTEGI GT 250kmRACE GRAND FINAL」ペアチケット5組10名様に!
  お名前*
  メールアドレス*
  メールアドレス(確認)*
  郵便番号*
  都道府県*
  ご住所*
  お電話番号*
  備考・ご連絡など
  captchaこの文字を右に記入して下さい。