4月 5th, 2011年

プライベート釣行2題

2011-04-05

震災後、しばらくブログも釣りも休止していたのは以前お話ししたとおり。釣り開始は3月26日でした。ところが、編集部から待ったがかかり、本誌のTRCに書いてくれ、と頼まれたのもお話ししたとおり。ところが、その後も釣りばっかだったもので、一番新しい釣行レポートを書いてくれとのオーダーで、結局26日のレポートはボツになってしまいました。そこで、このブログで改めて紹介します。

この日は金沢八景、蒲谷丸からのライトアジです。久しぶりの釣りはゆる〜く、翌日は飯岡へヤリイカ取材だったので体の楽な半日釣りを選んだのでした。

ところが、6時半に行ってみると、待合所はガランとしています。おかみさんの話ではキャンセルが2人出て、釣り客は私一人とのこと。とんでもありません、すぐに他の船宿へ移るからと言っても、もう準備してあるからダメと船長。嫌々同意して乗船したのでした。

釣り歴はウン十年ありますが、一人で乗合船に乗ったのは初めてです。常に船長に見られているし、常に釣っていなければなりません、竿を置くことは許されないのです。ワタクシのために船を出してくれているのですから……。

魚は嫌というほど釣れました。イシモチ26尾にアジ24尾。結果から言えば大漁節でしたが、とても疲れました。ゆる〜く釣りたいと思ったのに、一生懸命釣ってしまったからです。

あまり、こんな経験はしたくありません。船宿さんにはいくら礼を言っても足りませんが、これからは絶対、お客のある時に乗せてくださいと言っておきます。

続いてのプライベート釣行は4月2日、外房大原港の富士丸さんから午後の一つテンヤです。同港は忍ちゃんとその友人3名、とくっぺさんとハムさん、他に釣り客2名でほぼ仕立船状態です。

この日は南西威風が吹き荒れる悪天候。マダイの食いも今一つで、船中1枚の貧果。

それでも大型ホウボウ、イナダ、ハナダイ、フグなどで各自何らかの魚を数尾ずつは釣り、そこそこお土産にはなったようです。

写真は忍ちゃんが釣った2キロ級のホウボウ。本人も船長も「こんなに大きいの見たことない」と言ってました。

ワタクシはハナダイ2枚に終わりましたが、久しぶりの一つテンヤに没頭し、気分よく釣りを終えることができました。

釣りが終わってそのまま大原に宿泊、翌日は鈴栄丸からフグ、もちろんこれもプライベート釣行です。この模様は4月15日発売の本誌に掲載されます。お楽しみに。2日連チャン釣行、疲れたけど充実した2日間でした。

自粛は萎縮、皆さんもどんどん釣りに行きましょう!

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.