5月 20th, 2019年

大ダイ〜イサキ大会

2019-05-20

GWが終わってからまったりムード、比較的余裕があったので釣りばっかしてました。10日、会社を休んで釣行したコマセダイは本来、自身の記録に残る釣りだったのですが……。

 

10日(金曜)は休みを取り、剣崎松輪港のK丸さんから念願の剣崎沖マダイへ初釣行でした。天気も上々、マダイの活性も高くて朝イチからバリバリとマダイが釣れます。例によってワタクシは出遅れて、せっかくの入れ食いタイムに1枚のみ。

 

今日はこのまま終わりかと思った8時過ぎ、ドラマが訪れました。詳しい内容は6月1日発売の拙稿連載にしたためましたので、そちらをお読みください。ワタクシにとってはコマセ釣り自己記録の大ダイだったのですが……。

 

12日(日曜)はちーむ錦の例会にお呼ばれして、外房小湊港の小沢丸のマルイカでした。朝のうちは曇っていたものの、帰るころにはいい天気。しかしマルイカの乗りは今一つでした。

 

ワタクシはこの方の取材も兼ねていたので、実釣時間はわずか、もちろんタイラバもやってみましたが不発に終わりました。釣果はわずか1杯、情けないですねえ〜。

 

この日のメンバーです。イカ生くんがさすがの腕で17杯のトップ。またいい日に当たることを願っています。ご苦労さまでした。

 

13日(月曜)は横須賀新安浦港こうゆう丸、荻野恒秋氏通夜でした。船長、メーカー、マスコミ、親族様など200人以上が参列し、故人の冥福をお祈りしました。

 

16〜19日は楽しみにしていた九州玄界灘タイラバ釣行。タックル仕掛け、着替えなどもすべて整え、あとは出発を待つばかりと思いきや……。前々日に現地の船長から連絡があり、わざわざ来ていただいてもシケになる可能性大、ということであえなく断念。3カ月以上前に予約し、超早割の航空券(わずか7000円の返金)も買って、ホテルもレンタカーも抑えていたというのに、でありました。

 

16日(木曜)は本来北九州への移動日。どうせ休みを取ってあるならと、同行するはずだった鉄人T氏を誘い、夢はもう一度とばかり剣崎松輪港のN丸さんよりマダイ釣行です。

 

この日もマダイは釣れました。ただしT氏の7枚に対し、ワタクシはわずか1枚。でもこの日は釣れなかった原因が分かったので、われながらいい勉強になりました。「釣れたときより釣れない日が今後の糧となる」とは言い訳でしょうか。

 

4日間ヒマしているのはT氏も同じ。18日(土曜)は外房大原港のA丸さんから午後釣りのマダイに釣行です。航程1時間の太東沖40メートルダチは釣れそうな気がしたのですが、掛かってくるのはホウボウ、ハタなどのゲストのみ。

 

ワタクシも一度大ダイらしきアタリがあったのですが、途中でフックアウト。ハナダイ1枚にホウボウ、ハタ、メバル、ソイの五目釣りとなりました。T氏も型見ずでゲストのみ、トップで小型を2枚という貧果でした。帰港はなんと午後7時半、居酒屋でいっぱいやって早めに民宿で就寝です。

 

19日(日曜)は急きょシマノ探見丸イサキ釣り大会に参加、同じくヒマしてるT氏と昨日に続きA丸に乗船です。3時半に集合し、4時半からの開会式には30隻の船長がごあいさつ。

 

お隣にはゲスト参加、2019アングラーズアイドル松尾智佳子さん、終始ワタクシの独り占めでした(笑)。

 

運よく早掛け賞をいただきましたが、イサキの食いは今一つ。前日まで好調に釣れていたのに、どうして大会になると釣れないのか不思議ですね〜。ワタクシは2ケタに届きませんでしたが、5尾のリミットはクリア〜。合計1500グラムはまったくのカスでした。

 

傷心の4日間になるかと思いましたが、うち3日は釣りができたのでよしとします。今週は週末に新潟遠征マダイ取材が控えています。それまでに所用を片付け(もちろん仕事も)、さらなる大ダイを釣るとしましょう。

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.