再び釣り三昧

2015-07-13

なかなか更新ができずに申し訳ありません。釣りが解禁になったとたんの釣り三昧、取材にプライベートにとここ1週間で3回も船に乗ってしまいました。いずれもナギの釣り日和、ただ12日の釣行は真夏並みの暑さで、ワタクシの一番嫌いなシーズンの到来を身をもって感じました。

 

8日(水曜)はカワハギ取材で久比里の山下丸に乗船です。8月1日の剣崎沖解禁までは下浦沖20メートルがメイン。数はあまり期待できませんが、良型がそろいます。この日は平日の雨模様だったので、総勢6人の大名釣りでした。

 

場所によってはキュウセンがワンサカいます。皆さんこれに辟易していましたが、チョイ宙で狙うとうまくハリ掛かり。ワタクシはこういいポイントが大好き。数は4枚でしたが、おもしろい釣りを経験できました。ちなみにトップは8枚。竹岡沖の開幕と剣崎沖の解禁が待たれるところですね。

 

11日(土曜)は家で休養するつもりでしたが、あまりにも湾フグの模様がいいので出かけちゃいました。ただし午後フグ、金沢八景のN屋さんからの出船です。早めに行って席を確保しようと10時半には着きましたが、四隅はすでにいっぱいでした。一日船は2隻出し、午後釣りも通しの方がいますから当然ですね。

 

12時半に16名を乗せて出船し、大貫沖の8メートルダチで釣り開始。アタリがありません、時々はなんの気配もなくエサを取られています。船長は空シャクリを入れたほうがいいよ、と言いますが、湾フグはアタリを取って掛けたほうがおもしろいと思って、そのまま釣り続けました。で、釣果は1尾。今さらながら難しい釣りと認識した湾フグ釣りでした。ちなみにトップはダントツの7尾。やっぱり早起きしないと。

 

翌12日(日曜)は最近よく参加するチームNの例会、鴨居大室港I丸さんのタチウオ仕立に行ってきました。お隣のG丸には宮澤幸則さんと編集長Oもいてびっくり。台風で日程を繰り上げたそうです。

 

今期初めてのタチウオ、気合を入れて乗船しました。釣り場は金谷沖120メートルダチの深場で、この日も20隻以上の船団ができていました。この日は猛暑日でもあって、いよいよ夏タチウオシーズンの到来を感じさせます。

 

始めのうちは小さいながらも3本を釣り、いいペース。ところがその後、高切れとオマツリ(他船とも3回)の連続でまったく釣りになりません。巻いていた200メートルの新品PEはあっという間に使い果たし、隣の方に予備をもらう始末。道糸を新たに巻き替え、さあ釣るぞと思ったらまた高切れ。ぎらつく太陽と前夜の寝不足、飲み過ぎも祟って徐々に戦意喪失。途中で頭が痛くなってきたのは熱中症でしょうか(言い訳だらけ)。

 

結局、昼前からほとんど釣りにならずわずか1本を追加して終了。3時に納竿してトップは32本、たぶんワタクシはスソでしたでしょう。ちなみにPE300メートル以上、テンビンとオモリ各4個を海中に奉納いたしました。

 

まあ、釣り仲間とワイワイ楽しくやれたので、個人的には満足。次回は万全の態勢で臨むつもりです。道糸が細すぎ、派手な色遣いの新品PEは危険ということです。もちろん体調も整えておかないとね。

 

翌13日(月曜)は深場釣りの取材予定でしたが、台風の影響で中止。外房方面ではすでにウネリも高くなり、相模湾方面では船の避難をはじめている所もあるそうです。台風はかなりの大型のようで、取材予定はメチャクチャ。まともに出られるのは連休中頃あたりか。何事もなく通り過ぎるのを祈るばかりです。


コメントを書く







コメント内容



九 × 8 =

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.