タイラバ〜コマセダイ

2020-03-18

だいぶ更新が遅れてしまいました。コロナ騒ぎは関係ありません、単にサボっていただけです。せめて週一更新を心がけ、これからも続けていきたいと思います。

 

7日(土曜)は久里浜の網屋丸さんからタイラバ、一つテンヤの取材です。港に着いてみて驚きました。土曜日とはいえ満船の16人です。この釣りも人気がありますね。

 

アタリはわずかでしたが、なんとか型を見ることはできました。

 

同行の山Pはテンヤでスルメイカ、さすがイカ釣りは上手です。この模様は4月1日発売号にて掲載します。

 

9日、10日と取材が連続で中止。11日(水曜)は横浜のだてまき丸さんからマゴチ取材です。宮地船長とは久しぶり、この港に移ってからは初めてです。

 

天気はよかったけれど、シケ後の底荒れか食いは今一つ。ワタクシはスズキ2本とホウボウ1尾に終わりました。

 

12日(木曜)は三浦半島葉山の五エム丸さんからマルイカ取材でした。この日も天気は上々でしたが……。

 

主役はこの方。なんとか型を見てくれて取材は成功。ワタクシは合間に少し竿を出しましたが、型見ずでした。

 

14日(土曜)は7日の再戦、プライベートで再び久里浜の網屋丸さんに出かけてみました。雨予報でしたが、9時前まではなんとか降らずにすみました。ところがいったん降り始めると、本格的な雨となってしまいました。

 

マダイは釣れました。でもほとんど写真は撮れません、なんとか2枚釣って船長には撮ってもらったけれど、ギリギリセーフで誌面には使えそうでした。

 

安物ガッパのせいか、あちこちから雨水が浸水して釣りどころではありません、後半はほとんどキャビンの中に引っ込んでいました。これを機にもう少し上質のレインウエアを購入する決心がつきました。

 

沖揚がりして、そのまま剣崎間口の民宿に駆け込み、熱々の風呂につかります。冷え切った体を十分に温めて、三浦海岸駅近くの居酒屋でいっぱい。身も心もほんわかしてきたせいか、ついつい飲み過ぎました。

 

15日(日曜)は剣崎松輪港のN丸さんにコマセマダイ、鉄人T氏、I君とプライベート釣行です。

 

T氏はコンスタントにマダイを釣り上げていきます。

 

I君には良型のクロダイ。私はいつまでたってもアタリ一つありません。

 

ほぼ、諦めかけたとき「きた〜」

 

と思ったら2キロ級のクロダイでした。これ以後、すっかり沈黙してそのまま納竿時間。T氏はなんと4枚持って竿頭、ワタクシはこれ1枚でした。

 

新型コロナウイルスの感染拡大は様ざまな所で影響を与えております。今のところ沖釣りに顕著なダメージはないようですが、この先どうなるかは不明。いい方向に向かっていくことを祈っております。さあ、今度の連休、どこ行こうかな。

 

 


コメントを書く







コメント内容



6 + = 十四

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.