TJ-web  
電子版
から探す
キーワード(釣り物、釣り方etc.)

 

 

 

[シロギス]
相模湾湘南片瀬港発…江ノ島沖 萬司郎丸

相模湾のショートキス 浅場で気軽に楽しもう

Check

フィッシングライター/山口 充
掲載号: 2010年6月15日号

あれ、浅場からスタート?

 


当日は肌寒かったので長袖のウエアを着た人がほとんどだったが、そろそろT シャツで楽しめるはず。夏よ、こい!


 今春、荒れ模様の多かった海も徐々に安定しはじめ、釣りには絶好のコンディションと言える日が多くなり、普段釣りをしたことのない人や家族を誘って沖釣りに出かけるにもいい季節になってきた。
 最近はビギナーでも安心な短時間の釣り物が増えており、誘う側としても大助かり。中でも相模湾のショートキス乗合はその代表。
 シロギスはエサ付けからアタリ、取り込みに至るまで、釣りの基本を学べるターゲット。それでいて奥が深いから、ベテランでも楽しめる。
 そのうえ食味もよく、どんな料理にしてもおいしくいただけるクセのない白身は、お土産としても申し分ない。
 
 5月13日に訪れたのは相模湾湘南片瀬港の萬司郎丸。7時半出船のショート船のほか、土日祝日などは13時の午後船もあるのがうれしい。
 まずは船宿に顔を出し、おかみさんや常連さんにあいさつをして様子を尋ねる。「今年は少し水深が深いようだね。でも型はいいんだよ」
 通常なら15メートル前後の浅場に集まってもいい時期なのに20〜30メートル前後で釣れているそうだ。
 そこで私たちは深場にも対応する仕掛けを準備した。通常、相模湾のシロギス仕掛けといえば全長120センチ前後なのだが、深い釣り場で長い仕掛けを使うと、海底に届く前に道糸などに絡むトラブルが起こりやすいので、全長90センチを選んだ。
 ちなみに萬司郎丸でも色いろな長さのシロギス仕掛けが販売されているので、迷ったときは出船前に船長などに相談して購入するといい。
 右ミヨシの私たちのほか7名の釣り人が乗り込み、エサのジャリメが配られたところで根里洋平船長の操船で7時半に出船となった。
 出船して約10分でポイントに到着。江ノ島周りの浅場から反応を見てみるのだとか。水深は約15メートル。
 あれ?
 思いのほか浅い釣り場からスタートしたので、ちょっと拍子抜けしてしまったが、船長によれば様子見も兼ねているとのこと。「最近は吸い込みが悪いことが多いみたいなので、エサの頭を切ったほうがいいです」とアナウンスされて釣り開始となった。
 
 私たちはまずジャリメを並べて頭をカットしていった。当地のジャリメにしろ、東京湾で主流のアオイソメにしろ、硬い頭の部分を切ることで吸い込みがよくなることがあるのは事実。また頭を切ったジャリメはタオルに包んでおくとヌメリが取れ、エサ付けがしやすくなる。
 水深が浅いということで、アンダーハンドで仕掛けを投げて広範囲を探っていると、左ミヨシで2本竿を操る坂本さんにアタった。続いて石井さんにもヒット。
 2人が上げたのは20センチクラスの良型で、左胴の間にいた奥山さんも良型シロギスを上げた。
 案外、浅い所で釣れたなあ〜!
 ちょっと意外な展開。まもなく右大ドモで2本竿で狙っていた田辺さんもダブルで上げた。


 

 


 

 

Page1 あれ、浅場からスタート?
Page2 後半は絶好調!



※本誌紙面では、カラーグラビア、仕掛図などがご覧いただけます。