TJ-web  
電子版
から探す
キーワード(釣り物、釣り方etc.)

 

 

 

[シロギス]
相模湾湘南片瀬港発…江ノ島沖 萬司郎丸

相模湾のショートキス 浅場で気軽に楽しもう

Check

フィッシングライター/山口 充
掲載号: 2010年6月15日号

後半は絶好調!

 


常に新しいエサが付いた状態にすることは、シロギス攻略の第一歩


 ここまでいいペースで釣れていたのだが、船の周りに怪しいナブラが立った。「うわっ、サバだ!」
 仕掛けを投げて沈めている最中に、この小さなサバがヒットしてしまう。
 ここで一度潮回りをして再び投入すると、坂本さんがビッグファイトを始めた。「デカいシロギスかな?」と期待したが、上がってきたのはカワハギ。小さな根が点在しているポイントだけに何が釣れるか分からないのだが、これも楽しみのうち。もちろん大きなシロギスの可能性も高いのだ。
 ひと通り撮影を終えたところで私も竿を出す。細かい誘いを入れながら探ると、ココッと小さなアタリがあった。すぐに道糸を張らず緩めずの状態にした。
 時間にして約2秒。再びラインにテンションをかけるとゴゴゴッとアタリが伝わって巻き合わせを入れた。「これこれ、この引き!」
 良型を楽しみつつ抜き上げる。ふと隣を見ると、石井さんもいつしかハイペースでシロギスを追加。さらに左胴の間の平石さんも楽しそうに釣り続けていた。
 ただ1つ気になったのが、シロギスのアタリが出るところが限られていて、そこを外すと全くといっていいほどアタリがこない。
 1尾釣り上げて、同じような所にキャストできれば連続ヒットにありつけるのだが、少しでも外れれば不思議とアタリがないのである。
 しばらくして船長はやや深めの30メートル付近のポイントへ移動。水深は先ほどよりも深いが、ここでも仕掛けをキャストして船から離れた位置から探ることにした。
 これが大成功、私はもちろん石井さんも立て続けにシロギスをヒットさせて数をのばすことができた。
 沖揚がりは12時半。
 「今日はよかったよ〜!」と常連の田辺さんが振り返るように12〜20センチを船中14〜61尾という好釣果。
 「これからは浅場でガンガン釣れ出すはずなので、どうぞ期待してください」と船長も明るいコメント。これから夏に向けてさらに楽しみな相模湾のシロギスだ。



萬司郎丸]根里洋平船長

 

 


 

 

Page1 あれ、浅場からスタート?
Page2後半は絶好調!



※本誌紙面では、カラーグラビア、仕掛図などがご覧いただけます。