TJ-web  
電子版
から探す
キーワード(釣り物、釣り方etc.)

 

 

 

[シロギス]
相模湾湘南片瀬港出船…江ノ島沖 萬司郎丸

初心者でも遊べる相模湾キス 良型多くてゲストも多彩

Check

本誌APC(神奈川)/平林 潔
掲載号: 2012年2月1日号

ポイント移動が大正解 船長の勘は冴えていた!

 


初釣りはペアや釣り仲間同士でのんびり楽しむ方が多かった
御神酒は各自に少しずつ分配された
解禁を待ちかねたファンで大賑わい


 「初釣りターゲットは何をさておきシロギスです」というわけで、今年も1月2日に湘南片瀬港の萬司郎丸に出かけて、初釣り&相模湾シロギス解禁を楽しんだ。
 萬司郎丸ではショートキス乗合として、やや短い時間ながらも低料金で手軽に楽しめるよう配慮している。
 そんなこともあってか、当日は初日にもかかわらず貸し竿組を含めて21名が竿を出す盛況ぶりだった。
 
 解禁初日は船長も頭を悩ます。どの水深のどの場所で釣れるのか、全く見当がつかないからだ。それは乗船者にとっても一種の賭けみたいなもので、ヘタするとポイント探しの遊覧船になりかねない。1〜2日空けたほうが安全ではあるが、
 「今シーズンはどうなんだろう?」と思いながらのドキドキ感も初日の魅力だ。
 定刻の7時半に港を出た船は、江ノ島の弁天様前で停船し、飯田船長がミヨシからお神酒を海に注いだ。残ったお神酒は少しずつ、全員にふるまわれた。
 その後、船は大漁旗をなびかせながら大きく3回円を描いてから釣りがスタートする。初出船の恒例行事だ。
 最初の釣り場は江ノ島沖の水深30メートル前後だ。釣友の宮川さんが17センチほどのシロギスをゲットした後、僕の竿にも派手なアタリがあった。
 オオーッ、新年1投目からジャンボキスかと期待したが、なんとジャンボトラギスでガッカリ。船中では20センチ弱のシロギスが姿を見せるが、数の面では今ひとつという感じ。
 しばらくして、船長はやや腰越寄りの水深35メートル前後のポイントへと移動した。
 それが大正解で、まずまずのペースでシロギスが釣れ始めた。型もよくて20センチ前後が中心。25センチ近い大型も交じってくる。僕も良型を数尾ゲットしてから、しばらくは船内の様子を見ることにした。
 潮先となる右舷はとくに好調で、船下でも結構な良型が竿を絞っていた。左舷で竿を出している宮川さんは釣り開始から、
 「東京湾で流行の胴つき仕掛けが通用するか試してみる」とのことだったが、コンスタントに数をのばしている。どちらかと言えば左舷が不調なのにさすがである。
 船は腰越、鎌倉方面へと少しずつ移動して流す感じで探ったが、良型ぞろいでいい感じで釣れている。
 解禁日にこんなに早く好ポイントに遭遇するというのは、よほど運がいいのか船長の勘が冴えているかだろう(もちろん、僕の日ごろの行いのよさも、なんちゃって)。


 

 


 

 

Page1 ポイント移動が大正解 船長の勘は冴えていた!
Page2 胴つき仕掛けも試してみたが やっぱり私はテンビン派



※本誌紙面では、カラーグラビア、仕掛図などがご覧いただけます。