記事検索
カレンダー
2020年2月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  



フィッシングショーより新商品レビュー【AGS船ロッド&小物】

今年は2月1~3日で行われた『フィッシングショーOSAKA2013』。 50回目を迎える今回は大盛況だったようで3日間で5万5千人以上の人が訪れ、前年比107%にも達したそうです。 今回はフィッシングショーにてTwitterで紹介したAGS船ロッド・小物系をご紹介。カタログ等で数値は調べられるので感想や小ネタを中心に綴ります。

DAIWA 船ロッドAGSガイド搭載モデル

 

ガイドフレームにカーボンを使用し、軽く錆びず高剛性を実現したAGSガイド。数年前に発表されてルアー中心に展開されていましたが、昨年はカワハギロッドに搭載されて話題となりました。
今年はこのAGSガイドを搭載した船ロッドが2シリーズ登場です!

・極鋭マルイカAGS MH147A 3月発売予定
AGSガイド+メタルトップ+SVFカーボンといった感度向上に貢献するパーツを惜しみなく組み合わせた鋭敏さの極みともいえる設計。調子は8:2の表記でイメージとしては極鋭ゲームセンサー165や極鋭マルイカレッドチューンMH147に近い感じです。軽快な操作性を確保しつつ何ともいえないモタレ感をとらえるロッドしては最高峰の一本といえそうです。

・リーオーマスター真鯛AGS 3月発売予定(一部店舗入荷済み)
正直なところ実物を見るまで「ムーチング系のロッドにAGSガイド?」と思っていました。ですがガイド搭載数の多いマダイロッドにおいてAGSガイドの恩恵は非常に大きいようです。まずこのロッドはオモリを下げずに振ると確実に騙されます。きっとほとんどの人が「硬いロッドだ・・・」と思うことでしょう。ところが、オモリを下げてみると非常にスムーズに曲がり込むのです。
ガイド重量が低減されたことでロングロッドにありがちなタワミ感が軽減し、曲がりも戻りも非常にシャープ。これは今までのロッドより負荷変化への応答性が高いことを意味し、海況が悪くともロッドはウネリに追従して仕掛けを海中に安定させ、当たりがあれば軽くロッドが揺すられたのちスムーズに海面へ突き刺さると思われます。年始にThe−Fishiingで初放映された際に、個人的に漠然と感じた違和感の正体はこのシャープな追従性によるものでした。
ぜひ店頭で見つけた際はオモリをつけて体感してみて下さい。早いところでは既に入荷が始まっていますよ。

小物類

会場や問屋で目に付いた商品をご紹介。非常に多くの種類がありましたが、特に印象深かったものを掲載してみます!

  
第一精工)

・高速リサイクラー2.0
ライン交換や清掃で大変便利な高速リサイクラーがバージョンアップ! ボールベアリングを3個搭載し力強くスムーズな回収ができそうです。現行品では耐たないハードユーザーや釣具店は必須ですねw

・ワニグリップエアー
軽くて錆びないワニグリップが軽くなって新登場。挟む部分が独立したので、深く掴みすぎて失敗することはありません! タックルボックスに常備しておきたい小物の一つです。

・ウルトラマグネット20
ハリ数の多い深場釣りに最適な20個のマグネットを搭載したロングバージョン。真ん中で折りたためるので携行も楽々。両エンドを固定すると安定するのでキーパーと置太郎で固定すると良いでしょう。

 
・ニッコー化成)スーパーサルエビ

昨年はコマセキハダで活躍したスーパーオキアミを大型化! 一つテンヤでも使用できるサイズとなりました。素材は若干の浮力を含み、集魚成分の強い臭いもコーティング! さらにハリへ刺しやすいように尾部に縦穴と胴体に溝も入っています。使い方は釣り人次第! テンヤはもちろん、イカ角を仕込んだりジグヘッドをつけてルアー用など。さまざまなアイデアを試してみたいですね♪


オーナーばり)STX-68
ルアー用トレブルフックとして人気のST-66の強化バージョン!鋭いハリ先や頑強な形状はそのままに、軽量強力素材「タフワイヤー」を使用しています。エサ釣り師には同社の「メジ・カツオ」シリーズと同質の素材というと分かりやすいかもしれません。ターゲットはもちろん大型青物!強烈な疾走を見せるクロマグロ・キハダといったマグロ類から、荒根への突進を強引に止める大型ヒラマサやGTなど。大型プラグには無くてはならないハリとなりそうです。


・タカ産業)カーボンマンタベルト
大物釣りに必須のマンタベルトがカーボンで軽量化! キハダ・ヒラマサ・イシナギといったBIGターゲットにコレです!! 中央のピンは着脱可能ですので下部が丸い普通のロッドからギンバルエンドになった大物ロッドまで対応できます。 販売価格も多くの店舗では1万円を切ることでしょう♪ 売り切れ必至となりそうなので見つけたら直ぐにGetしたいですね。

・ハピソン)大型電動リール用リチウムバッテリー
深場釣りの代名詞的リール「ミヤマエ コマンドX-9」まで使えるリチウムバッテリー。リチウムなので運搬は楽々♪ 充電残量がなくなる最後までパワフルに動かし続けます。また電源トラブルの際の応急構造も設けているようで、内蔵されているバッテリーセルを密着させず独立させて配置し、一個にトラブルが起きても他のセルで補うことで稼動を保てるそうです。


・富士工業)リングクリーナーRCM
釣りを終えた後のロッドメンテナンスは必須項目。塩分と汚れの除去は道具の劣化を防ぎます。特に極細PEを使う釣りでは欠かさずにメンテナンスしないとラインがロッドにベタつくばかりか、ガイドリングで乾燥した汚れによってラインが傷ついてしまいます。しかし、細ラインを使うロッドはガイドが小さい上に数が多いのでメンテも一苦労でした。そこで登場したのが「リングクリーナーRCM」。ガイドメーカーらしく掃除しやすいブラシと細かい水分除去用のフェルトがセットとなり、使い古しの歯ブラシで行うことが多かったガイドのメンテが楽に行えます。ぜひとも一つは用意したい一品ですね。

発売間近のものから参考出品まで様々でした。店頭に並ぶ日が待ち遠しい限りです。

コメントは受け付けていません。