練り物の悲劇!!

2012-01-30

2人分の90匹弱あるイシモチをどうしよう…ということで、

ド定番の練り物にすることに!!

まずは鱗取りや3枚下ろしの下処理から…。

60匹以上の魚を捌き、3枚におろしたら、

水さらしを行い、フードプロセッサーにぶち込みます(笑)

しかし、我が家にフードP(プロセッサー)の刃が無いため、

摩り下ろし用の刃で代用。

これがまたイイ感じで、皮付きで入れても、皮が裁断されずに、

皮だけ残るので、後ほど皮とすり身を分ければOKという出来上がりに

ものは考え様ですな!!

そうして出来あがったすり身は3キロ弱・・・。

2時間の格闘でした

そして、その後の薩摩揚げ作りの行程は翌日にすることに・・・。

ただ、少し味見をしたいので、

かまぼこを作るべく、

塩・砂糖・酒を入れて練り、蒸し器へGO!!

弱火でじっくり、コシを出します。

そして完成品がこちら!!

食味は…

…。

塩気が強くなることを恐れて、塩分控えめにしたことで

タンパク結合が弱く、ぼそぼそとした食感・・・。

また、水さらしが弱く、脂が乗っている魚なので、

ジューシー系になってしまいました・・・。

とても、かまぼことは呼べません・・・。

はっきり言ってまずい??(笑)

幸い、調味料が超控えめだったので、

マリちゅんのご飯に・・・。

無論マリは喜んで食べていました(笑)

Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

コメントを書く







コメント内容



− 3 = 二

プロフィール

小堀 友理華
1987年2月27日生まれ
栃木県出身

小学生の頃から野池や堤防で釣りをしており、大学時代にで船釣りと出会う。 学生時代の4年間は平塚・庄三郎丸で中乗りとして週2~3、多い時で1週間毎日沖に出て季節ごとの釣りを楽しむ。今でも週1回の釣行は欠かさない。

カレンダー

2022年8月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011 Yurika.Kobiori All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.