オイルサーディン

2015-06-29

この時期になると、

カタクチイワシが手に入るので、昨年はアンチョビ作りに励んでおりましたが、

今年は先輩に教えてもらって以来、オイルサーディンにはまっております!

色々作り方はあるとは思いますが、私流はコレ!

□材料

イワシ、塩、コショウ、チューブのニンニク、オリーブオイル(ココナッツオイルを混ぜてもOK)、お好みで乾燥バジルがあってもOK!

□作り方

①イワシ処理で、頭と内臓を落とします。

※イワシは手で処理しても良いのですが、切り口がギザギザになるので

ハサミや包丁でやったほうがよいです!

また、腹ビレが口に当たるので、斜めにお腹を切り取っちゃうとよいです!

②処理したイワシの水気を取ったら、ボウルとかに魚と塩コショウ、ニンニクを入れ混ぜ混ぜして下味をつけます。

※塩加減は、食べたい塩加減作ってください!塩を入れてから他の調味料の画よいかも!

しょっぱくなりすぎたら、洗ってやりなおせますから!

※乾燥バジルもお好みで入れてもOK!

③鍋とか厚手のフライパンに魚を重ならないよう並べ、魚が浸かるくらいオイル入れて火にかければOK!

多少見栄えが悪くてもよいなら、重なっても大丈夫です!w

④火加減は、超ー弱火!

揚げちゃいけないので、本当に低温でフツフツと、1時間くらい加熱すれば完成!

時間は、30分くらいでもよいですが、やはりこれだと骨が気になりますね・・・

ただ味は美味しいですが!

始めに火にかけちゃえば、その後料理しながら過熱すれば工程的にはOKかと!

完成したら、オイルも一緒に野菜に乗せれば、簡単サラダに!!

写真は、カリカリにしたチーズ乗せてみました!!あと頂いた新玉ねぎも!

そのままでももちろん劇ウマ!

残ったオイルは、パスタにすれば美味しいですよ~~!!

オイル系でも、冷製でも!

簡単なので是非お試しあれ!!

 

 

 

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

コメントを書く







コメント内容



6 × = 四十 八

プロフィール

小堀 友理華
1987年2月27日生まれ
栃木県出身

小学生の頃から野池や堤防で釣りをしており、大学時代にで船釣りと出会う。 学生時代の4年間は平塚・庄三郎丸で中乗りとして週2~3、多い時で1週間毎日沖に出て季節ごとの釣りを楽しむ。今でも週1回の釣行は欠かさない。

カレンダー

2019年12月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011 Yurika.Kobiori All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.