1月15日号レシピ:野菜さつま揚げの、クリーム煮

2016-01-15

フードPで作ると、さつま揚げが超簡単!

でもって、和テイストのさつま揚げをちょっぴり洋にアレンジ。

なかなか美味しいので是非、お試し下さい。

材料:

さつま揚げ→【白身(今回はトンボ(ヒメ))、酒、片栗粉、卵白、塩、砂糖、ニンジン、玉ねぎ、ズッキーニ】

キノコクリーム→【玉ねぎ、しめじ、小麦粉、牛乳、塩コショウ、白ワイン、ココナッツオイル、飾りにルッコラ】

~作り方~

①3枚に下ろしたトンボの皮を剥き、水に入れて汚れやウロコ、脂を取る。

②フードPによく水を切った①と酒、卵白、片栗粉を入れ、スイッチおん!

【※酒が多いと水っぽくなります】

③身が滑らかになったら、塩と砂糖を入れる。(塩砂糖を入れると粘りが出ます)

【調味料の分量は、身の量によって変わるので、お好みで】

④適当な大きさに切った玉ねぎと、ニンジンを入れて、粗ミジン位になるまでフードPをかけます。

⑤このまま揚げてもいいのですが、今回は、ズッキーニをサンド。片栗粉を叩いた輪切りズッキーニを④で包みます。

⑥油で揚げれば完成!

★このまま食べてもいいのですが、一工夫。

⑦鍋やフライパンでにオイル【今回はココナッツ】をしき、薄く切った玉ねぎとキノコを炒めます。

⑧小麦粉を大さじ1杯くらい入れて、少し炒めます。

⑨そこに、白ワインを入れて牛乳を入れてとろみが出るまで煮込む。

とろみが出ない場合は、小麦粉を少し足します。

⑩塩コショウで味を整えて、好みでバターを入れてもグッド!、最後にさつま揚げを入れて、

少し煮れば完成!!

切ってみると、中に具が入り、野菜も摂れていい感じ!

チーズが入っても美味しいですね!

練り物に無限の可能性を感じます!

 

 

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

コメントを書く







コメント内容



× 9 = 三十 六

プロフィール

小堀 友理華
1987年2月27日生まれ
栃木県出身

小学生の頃から野池や堤防で釣りをしており、大学時代にで船釣りと出会う。 学生時代の4年間は平塚・庄三郎丸で中乗りとして週2~3、多い時で1週間毎日沖に出て季節ごとの釣りを楽しむ。今でも週1回の釣行は欠かさない。

カレンダー

2019年12月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011 Yurika.Kobiori All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.