記事検索
カレンダー
2020年2月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  



お手持ちのタックルで始められるスロージギング

最近流行のスロージギングは、いわゆるスタンダードなジギングに比べて力を必要とせず、また、従来ジギングで釣れなかったような魚もよく釣れるのが特徴。しかも、ライトアジやライトマルイカなどのタックルの流用もできるため、普段エサ釣りを楽しんでいる人たちにもおすすめ。注目を集めているとともに、大きな可能性を持った、新たな釣り物です。

エサ釣り視点からみたスロージギング


80~150グラムまでのメタルジグを操る近海スロージギングのタックル。ロッドは弾性の強い専用品やインチク用で、リールシートからバッドエンドまでが長く、脇で挟みで固定できるモデル。現在、専用品が各社から発売されていますが2~5万円のモデルが多く、やや割高感があります。
リールはアルミ合金製などの高剛性でドラグ力に優れた小型モデルが中心でギア比の高いモデルが瞬間的に力を加えやすく操作性が良好です。
ルアー風の説明を聞くと何とも敷居が高そうですが、噛み砕いて考えてみればそれほど難解なものではなく、親しみやすいものです。

・ロッド

オモリ40号前後ビシをしっかり振れる、張りが強めのライトアジや、ライトウイリーに使える竿が目安になります。
胴の張りが強く、竿先の感度にも優れる直結・直ブラ用のマルイカロッドもOK。脇挟みしやすいロングバットがおすすめで、軽量ならなおよいでしょう。
一例をあげると、 アルバトロスフラフラM、ライトゲームCI4アレグロ82、ベイゲームマルイカなどがあります。ファイトの際のテンションコントロールがきちんとできるのならカワハギ専用竿でもいいぐらいです。

・リール

PE1.5~2号を巻いた小型両軸、たとえば、カルカッタやミリオネア、カウンター付きモデルもいいですが、できるだけドラグ性能に優れたモデルがおすすめです。
電動丸400Cやレオブリッツ150のような小型電動リールも「あり」です。

・道糸(メインライン)
近海スロージギングのメインはPE1.5~2号を150メートル以上。色分けと1メートルごとのマーキングがあるものが見やすく、フォール中のアタリも見逃しません。

・先糸(リーダー)
道糸の先端に、フロロカーボン20~30ポンド、号数でいえば5~8号を3~4.5メートル直結します。

いかがでしょう? 該当するタックルを持っている方が意外と多いのではないでしょうか? そして操作も簡単で疲れにくいハンドル巻きのみ。メタルジグさえそろえれば、すぐにスタートできます!

タナへの意識が釣果の分かれ目

スロージギングの実釣をする上で大切なのが「タナ」つまり食ってくる位置を探し、把握することです。
前回乗船した征海丸船長によると「エサ釣り師はタナ取りに慣れていて、数十センチの差で食わないシビアな違いを経験で理解している。それはルアーの追って食わせるのと違い、上下の移動速度の遅いスロージギングでは強みになるんです」とのことだった。
魚を掛けてからの注意点ですが、スロージギングではロッドを立ててのファイトはNG。スロージギングで使われるロッドは胴にそれほどクッション性がないため、無理に立てるとラインかロッドが破損する恐れがあります。ファイトはロッドを水平からやや下げ気味までの間で行い、リールの性能で魚と勝負しましょう。

スロー専用のメタルジグ

メタルジグはどれを選べばいいか非常に迷うと思います。そこで個人的見解ながら「これがあれば大丈夫!」とおすすめできる専用メタルジグをご紹介しましょう。

・ファルコンZスロー
関東では非常に人気があるジグの一つで、スロータイプの設計ながら沈みが速く、底取りが容易にできます。メリハリの利いたアクションで初心者でも安心。流通量も多く、ウエイト・カラーのバリエーションも豊富です。ロッドが高弾性なら断然お勧めです。

・バックドロップ
「初心者でもジグを簡単に横へ向ける」をコンセプトに開発された操作性抜群のジグ。値段も安価で流通量もまずまず。そして確かな実力をもつ実戦向けジグです。裏面の独特のキールが特徴で少ない移動距離でジグを横に向け、ターゲットのバイトチャンスを作り出します。少々ロッドが柔らかくても扱いやすいでしょう。

・スロースクイッド
見るからに「イカ」といったこのジグ。奇抜なフォルムが多いスロージグにおいても異端児です。スローなアクションにタコベイトの艶めかしい動きが加わり、インチクと合体したモデルといえるでしょう。沈みは遅いですがフワリフワリとした誘いは強烈です。

出船船宿も増加中

ライトアジやライトマルイカのタックルがあれば、メタルジグだけでチャレンジできる方も多いことでしょう。
そしてブーム到来とともに受け入れ船宿も徐々に整いつつあります。気軽に楽しめるスロージギングを身近なエリアで楽しんでみてはいかがでしょう?

[スロージギング:つり情報 提携船宿]
波崎 征海丸 0479-44-4757
平塚 庄次郎丸 0463‐21‐1312
網代 森竜丸 090‐1620‐1988
伊東 はるひら丸 0557-37-4250

コメントは受け付けていません。