鮎釣りでの出来事

2015-06-02

解禁日の出来事ですが、

半分愚痴ですみません・・・

思い出すだけでも悲しくなりますわ・・・

鮎釣りの際、

釣りをしていると見知らぬオジサンから絡まれ、注意(ご指導?)を受ける始末に・・・

当日前半はなぜか、バラしてばっかりだったため、オトリが弱り、

なおかつ、風が強かったのと、竿を間違えて持ってきたことから、

オトリのコントロールが上手くできず・・・。

そのため、見かねたのか?はるか上で釣ってたおじさんが、

どんどん近くに寄ってきて(下ってきて)、

オジサンの上ががら空きなのに、下ってきて竿をクロスさせてくるツワモノぶり発揮!!

多分、好意!?でしてくれてるのか、もちくは下手くそだから退けよ!の嫌味からなのか??

魚掛けると、何故か「ほら釣れたよ~!」と自慢され、「またきたよ~」等々・・・

「そこが一番釣れたのに~」とか、「もっとじっと待たなきゃダメだ!」とか、

釣り方に嫌味言われ「そんなんじゃダメだ!」等々、怒鳴られ、超バカにされました・・・泣

極めつけは、すぐ真横で釣りをされ、オジサン魚を掛けて、糸がクロス・・・

それはまだ仕方ないとしても、

そうなると、私が竿を上げないと(オジサンの糸を避けないと)いけない状況になり、

私のオトリが魚が空中にブラブラ状態。(オジサンはしっかり魚キャッチ)

んで、そんなんじゃオトリが弱っちゃうよ~発言。怒

ありがとう!すみません、等の発言ナシ・・・

そりゃぁ、確かにこれじゃぁ、私のオトリが弱るっちゅーーーの!!!怒

オジサンの上は常にがら空きなのに、真横でさお抜けナシで釣りして、ブツブツ常に嫌味言ってくるので、

さすがに、プツン来て「上が空いてるのにそんなに近くでやる必要ないんじゃないですか?」と

言ってしまいました・・・。泣

そしたら、「元気なオトリあげようか?笑」 

と再度小バカに・・・怒

もーほっといて!!!!!よっ!!!

って感じ。もちろん、大丈夫です^^

と笑顔でお断りさせていただきましたが・・・・

女一人で釣りに行くと、こうゆうコトがあるから、非常に悲しくなります・・・。

その後は、オモリうって野鮎ゲットで循環しましたが・・・

好き釣りさせてくんろ~釣れなくてもいいからさ・・・

帰り際も場所を狙われて何かブツブツ言ってました・・・

はぁ・・・

せっかっくの鮎釣りが・・・

でもキャッチも上達してて、満足でした!!

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

コメントを書く







コメント内容



三 + 7 =

プロフィール

小堀 友理華
1987年2月27日生まれ
栃木県出身

小学生の頃から野池や堤防で釣りをしており、大学時代にで船釣りと出会う。 学生時代の4年間は平塚・庄三郎丸で中乗りとして週2~3、多い時で1週間毎日沖に出て季節ごとの釣りを楽しむ。今でも週1回の釣行は欠かさない。

カレンダー

2020年8月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011 Yurika.Kobiori All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.