Category Archives: 日記・コラム・つぶやき

週末の3連チャン

シケで取材が流れたのもありますが、月〜木曜日まで会社でびっちり仕事でした。4日も海に出ないとムズムズしてくるので、週末は3連チャンの強行軍を敢行しました。   12日(金曜)は編集部の取材に付き合って剣崎松輪港の大松丸さんからマダイです。ちょうど2隻出しだったので、編集部員とワタクシで分かれて乗船することになりました。これならどっちに大ダイがきても完璧というわけです。   当日はベタナギの釣り日和。ワタクシは別船に移ったことで右舷大ドモの特等席。重圧もありましたが、なんとか本命の型を見られてホッとひと息。当船では期待の大ダイも上がって取材は完璧。詳細は6月1日発売号を。   13日(土曜)は釣り仲間のYチャンが仕立てるライトアジ、船橋のN木丸に乗船です。土砂降り予報だったけど、11時前まで降らず、海もベタナギでした。久しぶりのライトアジ、一筋縄ではいかないおもしろさ、浅場ならではのシャープな引き、おもしろかったなあ。   入れ食いとはいきませんが、アジは中型中心に順調に釣れてくれました。雨も強くなってきたので午後1時に沖揚がり。初心者が多いので数はのびませんでしたが、ワタクシは29尾を釣って竿頭シールいただきました。釣果はすべて進呈したけれど、アジフライ食べたかったなあ。   14日(日曜)は葉山芝崎港のG丸さんよりチーム錦のマルイカ仕立に乗船です。17人のメンバーで、女性陣を除くいずれもがマルイカの手練ればかりです。   このところ、自身のマルイカ釣行は不調です。ずいぶんヘタになったような気がするのは、たぶん慣れないゼロテンションを多用しているからでしょう。この日も9時ごろまで、船中唯一のゼロでした。後半になってようやく釣れ出しましたがムギイカばかり。   結局ムギイカオンリーで23杯でフィニッシュ。竿頭のツッキーは47杯も釣っていました。まだまだ修行が足りませんなあ。   チーム錦の皆さん、ゲストの山○さん、品○さんお疲れさんでした。仮面をかぶっているのはHとSのダメダメ女性陣。「おまいら本気で釣ってたんかい!」と言いたいほど、惨たんたる釣果でした。   さて、今週こそは取材ラッシュ。明日(火曜)が鹿島のマダイ、金曜が東京湾のライトアジ、土曜が剣崎沖のマダイ(お付き合い釣行)、日曜日が大原のイサキ釣り大会と続きます。イサキ大会は選手としても参加し、優勝を狙います。結果を楽しみにお待ちください(笑)。

Posted in 日記・コラム・つぶやき | Leave a comment

GWの釣り

お天気に恵まれたGWでしたね。お休みだった方のほとんどは釣行されたと思います。ワタクシは3〜5日は実家に里帰り、後半は釣り三昧としましたが、思うような釣果を上げられなかったのが心残りです。   その前に取材報告です。2日(火曜)は御宿の義丸さんからイサキ取材でした。同行は鈴木新太郎さんとあべなぎささんです。連休の谷間ではありましたが、天気もよかったせいか9人ほどの乗船者が集まりました。   イサキは出船さえできれば「鉄板」ともいえる釣り物。この日も期待に応えてくれて、早ばやと取材成功。そこでワタクシも田舎のお土産にとちょこっと竿を出してみたら、なんと1投目にイサキに2キロ級のヒラメが食いついてくれました。イサキも30尾近く釣れてお土産には十分すぎるほどでした。   昼前には揚がって、さなぎと勝浦にある「ラグタイム」で勝浦タンタン麺。さなぎは勝浦ワンタンタンの大辛、ワタクシは同じく激辛トッピング。なかなかの味でしたよ。こちらにお寄りの際はおすすめです。   秩父の田舎には渋滞を避けて3日の午後に自宅を出発。途中20キロの渋滞にぶつかりましたが3時間ほどで到着。すぐに昨日の釣果を知り合いのそば店「えん」に持ち込みます。店の前の西武秩父駅構内には総合施設ができており、「祭りの湯」入場者、芝桜見物とも重なり、付近はすごい人出です。   ワタクシも一度は祭りの湯に入ってみようと午後6時過ぎに行ってみたら、なんと1時間半待ちで断念。車で30分ほどの「武甲の湯」へ移動しました。しかしここも入場制限こそないものの、場内は芋洗い状態。なんでまあ、秩父はこんな観光地になってしまったんでしょう。田舎では久しぶりに兄弟3人が集まり、墓参りや母親の面倒見。そばやホルモンもしっかり堪能しました。   5日(金曜)は午前中に実家を出て、その日の夕方からワタクシのGWプライベート釣行がスタート。第1弾は行徳のI遊船さんから今期初の夜アナゴです。   同行はこの2人、山中湖のワカサギでも一緒でした。今期のアナゴは今一つとは聞いてましたが、この日もその噂を裏付ける一日でした。ワタクシはわずか3本、この2人は……。ただ一人だけ14本も釣った方もいたので、腕の差だったと思うしかありません。もう1回挑戦するつもりです。   釣りが終わってそのまま館山の友人宅へ向かい、到着したのは12時過ぎ。軽くいっぱいやって、ほんの少しだけ仮眠して、翌日はマルイカ釣行です。   6日(土曜)は勝山港のM丸さんからマルイカ、同行はこの3人です。お天気もよく、前日はトップ55杯の大釣りだったしで、釣る気は十分でしたが、睡眠不足で出船直後からボーッとしてます。   初めのうちはまあまあ釣れましたが、やはり眠気には勝てず途中から昼寝しちゃいました。その間、ノリノリタイムもあったようですが、まったく気づきませんでした。起きてからは1杯も釣れず、結局13杯で終わってしまいました。トップはSさんの37杯でした。もう少し歳を考えてスケジュールを組むべきだったと反省してます。   連休最終日の7日(日曜)も釣り、今度は剣崎松輪港のK丸さんからコマセダイです。が、出船時間を1時間間違えてしまい、15分前にギリギリセーフで冷や冷やしました。   2日間の不調を取り戻そうと真剣に釣りましたが、ワタクシにはついにアタリさえありませんでした。この写真は偶然いっしょになった女性アングラーハルちゃん、しっかり1枚釣ってました。トップは3枚でしたが、オデコも数人、大型の顔も見られませんでした。   3日間、思ったような釣果を上げられませんでしたが、ナギの日にあたってのんびり釣りができたので一応満足してます。今週は取材予定もなし、週末はアジ、マルイカの連チャン予定なので、体調を整えて臨むつもりです。                

Posted in 日記・コラム・つぶやき | Leave a comment

GW進行につき

いよいよGW、世は9連休もあるみたいですが、小社は暦どおり。とはいっても取材が追いつかないので休日も海に出ている編集部員です。ワタクシは先週、シケで取材中止となったので、1週間会社に出ずっぱり。そのおかげでGW後半はゆっくり休めそうです。   29日(土曜)、GW突入第1弾のプライベート釣行は金沢八景N屋さんからマダイです。天気もよかったんでトラフグ船は2隻、マダイ船も片舷10人くらいでほぼ満船の大賑わい。ワタクシは右舷トモ3番に座り、タイラバ一本槍の大ダイ狙いです。   前日も釣れたし潮回りもいいしで期待したんですけどねえ。アタリ一つありませんでした。同行のIさんはテンヤでがんばりましたけど、ワタクシ同様でした。タイラバヘッドがすごく冷たかったから、たぶん底潮が冷たかったんだと思います。せっかくの釣り日和だったのになあ。マダイは2週連続オデコ、何か釣れる釣り物で験直ししないと、と思う弱気なワタクシです。   終わったらそのまま夜アナゴに行くつもりでしたが、南の強風で断念。スゴスゴと引き上げました。   30日(日曜)は息子を連れて「ボートレース桐生」へ行ってきました。ワタクシは人生2度目、息子は初めてです。午後1時ごろ自宅を出て2時間弱、意外に近いものです。開催は3時から始まるナイター、なんとか1レースには間に合いました。   なぜボートレースかって? その理由は5月15日発売の本誌をご覧いただければ分かりますよ。レース場には6レースまでいました。ワタクシは惨敗、息子も多少のマイナスでした。出走表を見ても理解できない部分もあり、今度はもう少し勉強してから挑戦します。でも競馬場とはひと味違う整った施設と迫力あるレースは最高でした。今度は自宅に近い「ボートレース江戸川」に行ってみるつもりです。   さて、ワタクシのGWは3日から帰省して、釣りは5日の夜アナゴからです。田舎の楽しみはこの時期限定の「ミョウガダケ」の刈り取りと友人たちとの飲み会。いつもと変わらぬ飲んだくれの毎日です。

Posted in 日記・コラム・つぶやき | Leave a comment

五目釣り〜マダイ

先週はほとんど社内業務でした。来るべきGWに備えて、先出し原稿の整理や予定調整もあって外に出る間もありませんでした。まあ、これも今週で終わるはず(?)。GWは田舎でゆっくり休んで、後半は釣りというのが今のところの予定です。   20日(木曜)だけが取材でした。三浦半島宮川港の二宮丸さんからの高級魚五目です。釣り物は4種目のリレー釣りで、すべてうまくいきましたよ。詳細は5月15日発売となります。お楽しみに。   昼過ぎには揚がって、メンバーと三崎口にある「ずいずい」でラーメンです。以前、佐原のヤギタ釣具店の隣にあったときはよく行きました。ここへ移転してからは2度目ですね。家系の中ではトップランクだと思います。写真はザーサイラーメン(900円)並です。   22日(土曜)は勝山港のM丸さんからコマセダイ乗合です。仕掛けもたっぷり作って、早く行ってトモを抑えて、準備は万端だったんですがねえ。曇り空で潮の流れもまずまず、でもまったくアタリがきません。   貸し竿のお姉様に唯一3キロ級のマダイが1枚、他に船中塩焼きサイズが2枚だけという不調日に当たってしまいました。ほかの船も釣れているところはあまり見えませんでしたね。また日を改めて出直しです。   そのまま勝山に泊まって、釣り仲間と船長15人で大宴会。でも朝が早かったんで10時ごろまでしか持ちませんでした。弱くなったものです。   さて、今週も社内業務が続きます。アナゴは始まったし、マダイも上向いているようなので、プライベートで釣行します。いずれにせよ連休まではお預けですとなりそうです。

Posted in 日記・コラム・つぶやき | Leave a comment

ハードな1週間

ブログの更新がだいぶ遅れたことをお詫びします。まあその理由も読んでいただければ分かると思います。かなりハードな1週間でした。こんなスケジュールを組んだワタクシの自業自得ですが、言い訳すれば同行者の都合でもあったわけです。   まずは11日(火曜)は日立久慈港の釣友丸さんからスロジギの取材です。この日は大雨と風の予報で他地区はほとんど出船中止。よく出られたねとも言われました。沖へ出るとすごいウネリ、久びさに気持ち悪くなりました。   10時ごろから雨も降りだし、やや早めの沖揚がりとなりました。今一つの釣果だったけれど、この人ががんばってくれて取材は成功。ちょっと先ですが5月15日発売の拙稿連載にて紹介します。だれが出るのかもお楽しみに。   港に戻って飯岡へ向けて走ります。途中、常宿の「銚子・太陽の里」でひと風呂浴び、飯岡の民宿には午後6時着。下道で走ると日立〜飯岡は遠いですね。   12日(水曜)は飯岡港からマダイ取材です。朝、港に着いてみると閑散としています。先行の船が出船したかと思ったらすぐに引き返してきました。4メートル以上のウネリで撤収したのです。もちろん、当方も出船中止となりました。港の中は無風、いい天気なのになあ〜。   とはいっても同行者の都合で予備日はなし。さてどうするかで考えた末に、京急大津まで走り、午後釣りへ乗船することとなりました。時間的には十分余裕あるけれど、体力的に辛い!昨日も一昨日もほとんど寝てないし……。   3時間ほど走って着いた先はいい天気、いいナギです。同行者もこんな薄着になっちゃいました。午後1時、後のない取材の始まりです。   東京湾のマダイは一か八か的なところもありますが、この日はいいほうに傾いたようです。これは同船者が釣った1枚目、これからバタバタと釣れて取材は大成功。よかった、よかったと喜んだけれど、体は限界です。   13日(木曜)はつりタメの取材&収録で、走水港の吉明丸さんからアジです。ハットリくん、そらなさゆりさんもノーマルのビシアジ初めてです。   このところ今一つと船長は言いながらも十分すぎるほど釣れて、これまた取材は大成功。12時に揚がってからは午後8時からのスタジオ収録まで、長い一日でした。   月曜日は群馬県高崎市へインタビュー取材。火曜日から日立〜飯岡〜京急大津〜走水と回り、ほぼ出ずっぱりの1週間、われながらよく働いたものと感心します。木曜日の夜は久しぶりの爆睡でした。   土曜日は自宅でゆっくり休養し、16日(日曜)は1カ月も前から予約していた山中湖のワカサギ釣行です。「撫岳荘」さんのドーム船、ワタクシにとっては10数年振りのドーム釣りです。   同行はいつも楽しいササピー、スミレちゃん、その他3人のおばさまがたです。   ササピーはドーム船どころかワカサギも初めて。2回目のスミレちゃんが教えていますが、こんな真剣な表情もめずらしいほど釣りに熱中してました。でも、本当にこの方は笑いを生むのが上手です。ほおっておいてもドジをやらかしてくれるので、笑いの絶えることがありません。いずれ本人がブログで紹介してくれるでしょう。ともあれ、この方のブログを一度のぞいてみてください。腹を抱えますよ。   7時から3時まで釣って117尾。いいのか悪いのか分かりませんが6人のトップはカンコさんの140尾台でした。空揚げうまかった。   行きはよいよい、帰りは……で、御殿場インターの前から大渋滞が始まり自宅に着いたのは8時、約4時間かかりました。この方面の道路事情にうといせいでしょう。あと1時間早く出れば、でしたね。   今週は会社で原稿書きがメインです。取材に行けば行くほど原稿量は比例していくのはお分かりですね。さっさとかたずけて飲みに行くしかない日々が続くのでした。

Posted in 日記・コラム・つぶやき | Leave a comment