11月, 2016年

タチウオ〜カワハギ

2016-11-30

DKOが終わりました。釣り仲間でもある小林君が優勝し、こんなうれしいことはありません。ワタクシは一次予選で敗退、来年はせめて2次予選まで進めるよう、これからも精進したいと思います。ともあれ、小林君おめでとう。

 

26日(土曜)、まさにDKOが行われている日、ワタクシは富津港のK丸さんから久しぶりのタチウオでした。左舷は我われ釣り仲間で独占、右舷にも同じく3人が乗船し、まるで仕立船の様相です。

 

釣り場は観音崎〜走水沖の70メートル前後、一番釣りやすくおもしろい釣りができるポイントです。朝イチからアタリは活発、大中小交じりで釣れ続きました。終盤はやや食い渋ったものの、トップはツッキーの31本、ワタクシものんびり釣って20本釣れました。やっぱりタチウオはおもしろいなあ。

 

釣りが終わって、金谷温泉で一人風呂。十分休息を取ってから館山の友人宅でDKOの結果を聞きながらフグ鍋パーティ。飲み過ぎる前に眠くなってしまいバタンキュー。

 

27日(日曜)は那古船形のK丸さんから釣り仲間3人とカワハギ釣り。天気が心配されたけど、終日曇りでナギ。今日ものんびりできました。

 

潮の動きが悪かったせいか、アタリはポツンポツン。当日はいつもの宙釣りは封印して、間近に迫ったTKB竹岡沖用のプラ、底中心を狙う釣り方に徹しました。で、結果は10枚。トップ12枚だからまずまずといったところでしょう。

 

さて、今週末は土曜日がTKBで行徳のI遊船、日曜日が大原のフグ釣り大会でC丸、来週火曜日がメヌケ取材、そして水曜日がステファーノ決勝大会と続きます。その間に忘年会が2回、たぶん来週の後半はヘロヘロになっていると思います。

ヤリイカ〜アカムツ

2016-11-25

秋を通り越して一気に冬になってしまいましたが、各釣り物は相変わらず順調のようです。この時期は行きたい釣り物が多くて、本当に困ってしまいますね。プライベート釣行にも限度があるのはサンデーアングラーにはやむを得ないところ。今回は貴重な休日に念願のアカムツ釣りへ行ってきました。その前にヤリイカ取材の模様から。

 

22日(火曜)は腰越港の森健丸さんからヤリイカ取材です。朝のうちは強い雨が降っていたせいか、乗船客は上の名のみ。図らずも仕立船状態となってしまいました。雨は7時ごろからやんで、8時過ぎにはご覧のような晴天、ベタナギの釣り日和となりました。

 

主役の2人はバッチリ釣ってくれて取材は大成功。ワタクシは泳がせ釣りの番人をしていましたが、一度も竿が曲がることはありませんでした。

 

23日Z(水曜)は1カ月近く前から計画していたアカムツ釣り、南房大夫崎港のW丸で釣り仲間8人での仕立船です。ところが朝5時に着くと北東風がビュービュー、外房や茨城方面は出船できなかったほどですが、風向きの関係でなんとか出船にこぎつけました。

 

それでも沖は2メートル以上のウネリ。前日は2ケタ釣果もあったとのことで期待していたんですが、食いは今一つ。250メートルダチなので底荒れはないはずですがねえ。

 

隣のアカムツ名人T氏が船中2尾目を釣ったところでバッタリ。僚船がエンジントラブルを起こし、W丸も救援に駆けつける騒動もあって、釣りはここで中止。昼前に早揚がりとなりました。

 

でも前日、10尾も釣ったF君がそのまま釣果を残しておいてくれたので、みんなのお土産になりました。産卵後でずいぶんやせていたけど、相変わらず脂の乗りはバッチリでした。やっぱりアカムツはうまい、もう一度行かなくちゃ。

 

週末は日曜日がカワハギ取材、土曜日はDKOの決勝戦ですが編集部に取材はまかせてあります。天気もよさそうなので、どっか行って来ようかな。

ヤリイカ〜新米杯

2016-11-21

不安定な天気です。先週のヤリイカ釣りも荒天で1週間、先延ばししての再挑戦。もしシケたらページが空いてしまうというギリギリの取材でした。そして日曜日は新米杯(カワハギ釣り大会)、同じ釣り場だったのでステファーノ剣崎予選突破の勢いで臨んだのですが……。

 

16日(水曜)は浦安の吉野屋さんよりヤリイカの取材でした。この日も北東風10メートル以上の予報、時間とともに収まるだろうとのことで、なんとか出船にこぎ着けました。主役はこの方、いつもは相模湾でブイブイいわせているんですが、吉野屋さんは初めてだそうです。

 

それほどの盛り上がりはありませんでしたが、取材は十分すぎるほど。Yちゃんは終盤、直結でヤリイカ狙い。こんな海の悪い中でもしっかり釣果を出すのはさすが、船長も感心してました。詳細は12月1日発売号にて。

 

20日(日曜)はこの時期恒例、宮澤幸則さん主催の新米杯、なんと319名もの方が三崎港うらりに参集しました。ワタクシは昨年、竿頭で新米30キロをいただいている験のいい大会です。でも前日の飲み会が悪かった。今回は釣り仲間のY君が迎えに来てくれるのをいいことに、ついつい飲み過ぎてひどい二日酔い。

 

受付会場に着いたときも、まだフラフラでしたが、美女に囲まれたときだけは元気でした。

 

抽選で引いたのは瀬戸丸1号船の左舷胴の間。数の大会ですが、それほど厳しいルールはなく、隣の方に確認していただき釣果を自己申告するシステム。ワタクシはこんなこと(二日酔い)も予感して電動リールでのんびり釣るつもりでした。

 

ところが、慣れない電動はバラシの連発、そのうち強烈な睡魔と吐き気に襲われて、途中でお昼寝タイムを取ってしまいました。それでも船中最大となる29.27センチを釣り上げ、もう数では無理と判断し、大物賞だけを期待しての納竿となりました。

 

数はわずか10枚、船中トップは33枚でしたが、なんと15位の飛び賞で新米10キロをゲット。肝心の大物賞は31センチを釣った方がいて、残念ながら新米30キロをもらい損ねました。去年も2位、今年こそはと思ったんですがね〜、また2位だったようです(賞品はなし)。

 

この大会はメーカーなどのからみも一切ないニュートラルなイベント。これだけの参加者を集められる宮澤さんの人徳でもありましょう。たくさんの知り合いの方、フェイスブックつながりだけの初対面の方にも会えて、充実した一日でした。スタッフの方、参加者の方、お疲れ様でした。また来年お会いしましょう。

 

さて、週末はDKOの決勝ですね。ワタクシはすでに予選落ちしているのでこの日はプライベートでどこかの海に浮かんでいるはずです。選手の皆さんのご健闘をお祈りします。がんばってね〜。

ステファーノ最終予選

2016-11-15

12〜14日まで、久しぶりの3連チャンでした。メインとなったステファーノ剣崎予選が初日だったので、残り2日はゆる〜く、のんびり船に乗ってました。色いろとご心配をかけましたが、なんとか目標を達成することができました。ご声援、ありがとうございます(だれも声援してないってか)。

 

12日(土曜)はシマノステファーノグランプリ最終予選にエントリー。ワタクシにとって数釣りの大会としては最後の本番、といっても前日は何一つ準備もせず、いつものカワハギ釣行と同じ気分で出かけました。朝、お会いした坂本智子さんとツーショットでニンマリ。これじゃ勝てんわな。

 

抽選で引いたのはS丸の右舷トモ2番手、でも大ドモにはすでに勝ち抜いているチームくろしおの名手N君。これじゃ、魚が回ってこないよ。

 

でも、やるだけやりました。で、この結果。ホッとしたんですが、よく考えてみると出る予定のない決勝戦ゆえ、前日におも〜い忘年会を入れてしまいました。ま、いいか。当日の詳細は12月1日発売号の拙稿連載にて紹介します。

 

その後は友人2人と馬堀海岸の「湯楽の里」で温泉に浸かり、夜は横須賀で祝勝会。一人は次点、一人は辞退という変わったメンバー。でも気心の知れた釣り仲間、1軒また1軒で最後は「麺処池田」でタンタン麺(5辛)。よく飲んで食べてバタンキューでした。

 

13日(日曜)はチーム錦の例会に特別参加、葉山の五エム丸さんからまたもカワハギです。

 

ワタクシはもうカワハギは食傷気味なので、最初の2時間はアオリイカ狙い。でもなかなか釣れません。後から竿を出したN君はティップランで5杯も釣っちゃいました。すごいですね、アオリの腕落ちたかな。

 

中盤からカワハギに変えたけど、わずか6枚。写真右のツッキーは35枚、きっちょ君は26センチの大型を釣って、この日の賞を受け取りました。

 

当日のメンバーです。来月もう一度例会があるそうですが、取材の都合もあるからなあ。ともあれ、お疲れさんでした。

 

翌日は会社出勤のはずでしたが、取材予定の火曜日の天候が怪しいという連絡で、急きょ取材が繰り上げとなりました。ああ、3連チャン、体が持つかなあ。

 

14日(月曜)は富津港のひらの丸さんからタチウオ取材です。海はナギ、風もない釣り日和でした。前日7時間は寝たので体調は万全、でも釣り座がないほどの賑わいでした。最後の1時間くらい竿を出して4本釣ったので、とりあえず満足です。

 

主役はこの人、分かるかなあ。詳細は12月15日発売号にて掲載します。

 

15日に会社出勤して、16日はまた取材です。そろそろ年末を前に忙しくなってます。このところ激早寝、激早起きの毎日。こんな調子がしばらくは続きそうですが、来月は忘年会シーズン。来週あたりから夜型人間に戻さないとなあ。

アジ〜スミイカ

2016-11-11

当初は火曜〜木曜まで3連チャン取材のはずでしたが、水曜日だけシケで中止、個人的にはホッとしていますが、来週やり直しとなり、火曜〜水曜の連チャンとなってしまいました。いつになったら休まるときが来るんでしょうかねえ。

 

8日(火曜)は内房金谷港の忠七丸さんからアジの取材でした。主役はこの2人ですが、思わぬゲストも参戦してくれました。

 

某港、某丸の某船長です。これを見て分かる人もいるでしょうね。とにかくアジはよく釣れたのですが、ブチブチハリスが切られることが頻発。正体は青物ですが、今日はアジだけ持って帰るからと3人。泳がせ仕掛けを持って来ればよかったと後悔するワタクシでした。

 

10日(木曜)はつりタメ(ニコニコ生放送)の取材で、金沢漁港の久保弘丸からスミイカでした。すでにご覧になった方もいるかと思いますが、当日は北東の強風。初挑戦の主役2人が釣れるか心配でしたが、そらなさゆりさんがまず1杯目。

 

わずか3時間足らずの釣りで4杯も釣ってくれました。持ってるなあ、この人。

 

ハットリくんもこのスタイルで震えながら釣っていましたが、しっかり3杯も釣ってくれました。一方のワタクシはシャコテンヤでシャクりまくったんですが、最後まで型見ず。まあ指導係と潮ケツに座ったからと言い訳しておきましょう。いずれの模様も12月1日発売号で紹介します。お楽しみに。

 

さて、明日はステファーノ剣崎予選。ワタクシにとっては最終決戦の場ではありますが、どうもモチベーションが上がりません。というのもアオリイカ、スミイカ、アカムツ、一つテンヤなどほかに行きたい釣り物がいっぱいあるのに、行く暇がないからです。翌日の日曜日もチーム錦のカワハギ、いつになったら行きたい釣りにいけるんでしょうかねえ。

« Older Entries

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.