5月, 2015年

金谷沖に神降臨

2015-05-29

ついに実現しました。本誌4月15日号に掲載し、話題となった柏崎健一さんとの釣行です。ワタクシは取材者であったので、ほとんど竿は出さずにじっくりと拝見させてもらいました。船長、同船者も目を丸くしてましたよ。翌日のマゴチ取材の模様と合わせて報告いたします。

 

26日(火曜)は内房金谷の岡澤釣具店光進丸へ柏崎健一さんと釣行しました。港に着いてみると、噂を聞きつけたDKOチャンプのHさん、釣り仲間のYさんもいてさっそくマルイカ談議。この日は2隻出しとなり、我われは裕二船長操船の船に乗り込みます。釣り場は港の前、投入合図が出たと思ったらもう柏崎さんが釣り上げてしまいました。

 

その後はお決まりの入れ乗り。途中2時間ほど乗りの悪い時間がありましたが、終わってみれば166杯のダントツ釣果。まさに神業といえる釣り方です。Hさん、船長以下、よくぞ光進丸に連れてきてくれた、とほめられちゃいました(写真は光進丸のHPより拝借)。ワタクシはちょこっと竿を出して20杯ほどを釣らせていただきました。

 

釣りが終わって柏崎さんの住む横浜へ移動して、自宅内での取材。竿作りの模様もじっくりと拝見させていただきました。詳細は6月15日発売の拙稿「実釣見聞録」にて報告します。お楽しみに。

 

翌27日(水曜)はマゴチ取材で浦安の吉久さんに乗船。同行は宮澤幸則さん、あべなぎささんです。この日は濃霧でポイントに入るのが遅れただけでなく、潮の動きが今一つで、食いは今一つでした。それでもちゃんと型を出していただき、取材は大成功。この模様も6月15日発売号に掲載します。

 

それにしても柏崎さんの釣りは見事でした。ワタクシにもできるのかなと思って試してみたけれど……。いずれにせよ、彼の釣りはこれまでの釣りを再考させられるほどの衝撃を与えてくれました。今週、プライベートでマルイカへ行こうと思いましたが、すっかり意欲がそがれてしまいました。もう一度自分の釣りを見直してみるつもりです。ということで、週末は一人でマダイでも釣りに行ってきますわ。

 

 

カワハギ大惨敗

2015-05-25

この週末もまずまずの天気。ワタクシの2週間ぶりのプライベート釣行も無事に終わりました。ただし無事だったのは天候に恵まれたことだけ、その内容はひどいものでありました。まずは土曜日の午後マルイカから。

 

まずは23日(土曜)。前日、遅くまで所用があったので、午後釣りからの乗船。内房勝山港のM丸さんには19名もの釣り客が集まりました。午前中からたくさんの釣り仲間が乗船、トップはN君の80杯オーバーとのことで期待が持てます。そのまま通しで乗る仲間も5人ほどいて、賑やかな釣りとなりました。

 

ところが、午後船は今一つ。スッテ情報や釣り場の状況を収集していたにもかかわらず、釣果はわずかに10杯。トップは午前に続きN君の30杯でした。例のペナペナ竿を使う方2人が一日を通してダントツの釣果。ウ〜ム、と考えてしまう出来事ではありました。そのまま現地に泊まって、夜は富浦の寿司屋さんでいっぱい。またしても飲み過ぎです。

 

24日(日曜)は釣り仲間19人でのカワハギ仕立、那古船形のK丸さんからの出船です。船長もこの時期にカワハギを狙うのは何十年ぶりとのこと。暗中模索の大胆な企画ではありましたが、そこは船長の腕と勘を信頼しての仕立船です。ワタクシは抽選で右舷胴の間、いつものくじ運の悪さですが、今回はとくに最悪だったようです。

 

釣り場は館山沖の20〜30メートル。2流し目あたりから船中ポツポツとアタリが出始め、この時期らしい良型が取り込まれます。だけど、ワタクシには一向にアタリがきません。2時間たち、3時間たち……、12時が近くなったころ、船中ゼロはワタクシ一人になってしまいました。こうなると周りの方も気を遣っているようで、話しかけてもきません。

 

そして昼前ごろ、ようやくワタクシにアタリ(それまで2枚バラシ)がきて、15センチ級の小型が釣れ上がりました。船長も周囲も大喜びでしたが、ワタクシは情けなさで涙が出そうでした。その10分後に2枚目がきましたが、結局は最下位(2枚がもう2人)で納竿、トップは15枚が2人でした。いずれもカワハギの手練れぞろいなので、相応の結果なのかもしれませんが、今回ばかりは釣り座も恵まれなかったと思っています。ワタクシの隣も2枚、3枚の最悪の釣果でしたから。

 

さて、一日おいて26〜27日と連続取材です。いずれも有名人との釣行なので楽しみではありますが、心の傷がまだ癒えないので、今晩もしこたま飲んで日曜日の悪夢を忘れ去ろうと思っています。

取材の日々

2015-05-20

なんでこう取材ばかり多いのだろう、自分でも驚いてしまうほどの日程が続きます。おかげで16〜17日は会社仕事と取材で、プライベート釣行は許されませんでした。でも、船に乗るのは嫌いではないから「まっいいか」としましょう。

 

15日(金曜)は九十九里飯岡港の隆正丸へひとつテンヤマダイの取材です。朝3時半に着いて驚き、テンヤ船はすでに2つしか席がありません、もう一つのコマセ乗合も2船ともいっぱい。平日だというのにこの人気、釣れているせいなのでしょうか。

 

晴天ベタナギの釣り日和も客足をのばした理由でしょう。主役はこの方、十分すぎるくらい釣っていただき取材は成功。ワタクシも片手間に差を出してハナダイを5枚ほど釣らせていただきました。

 

翌16日はプライベート釣行の予定でしたが、前日の取材分をすぐにアップしなければならず、会社でお仕事。天気のいい日ではありませんでしたが、こんな日は釣れるんだよなあと思ってたら、案の定マルイカは爆釣でした。

 

17日(日曜)は兼ねてから参加予約していた「第10回いすみ市大原港船釣り大会」、つまりはイサキ釣り大会です。この大会はイサキ5尾の総重量にて争われます。ワタクシは同港のあままさ丸さん、右舷ミヨシ2番を引き当てました。

 

昔取った杵柄、ワタクシが沖釣りを始めた当時、一番好きな釣りがイサキ釣りでしたので、少しは腕に自信があります。朝イチから良型のイサキが切れ目なく釣れてきます。

 

途中で何やら強い引きに襲われました。てっきりイサキのパーフェクトか特大ウマヅラかと思いましたが、なんと正体は1キロ級のマダイでした。でも外道賞はないのでクーラーへとしまいます。(写真はいずれもあままさ丸さんのHPより拝借)

 

5時に出船して10時納竿。釣果は28尾で意味のないトップとなりましたが、はてさて型のほうは……。帰港後検量の結果、船中惜しくも2位。この大会は竿頭の方しか賞品が行きませんので、結局ワタクシはいつものカスとなってしまいました。まあ、ワタクシらしい結果といえるでしょう。

 

19日(月曜)は1日に続いて久比里の山下丸さんからカワハギ取材。この日は予報に反してまたも晴天ベタナギの釣り日和。でもカワハギの食いはゲキ渋でした。ワタクシも少しの時間竿を出してわずか3枚。アタリがあっても食い込みは悪いし、2度目の追っかけが少ない典型的な低活性状態。それでも写真は撮れたし、取材は成功です。

 

さて、今週末は今度こそのプライベート釣行。一応決まっているのは日曜日に釣り仲間20人ほどとのカワハギ仕立。土曜日は決まっていませんが、前日遅くまでインタビュー取材があるので難しそうです。午後釣りでも行っちゃおうかなあ、と今から画策しています。

ドクモ最終戦とカワハゲーズ結成式

2015-05-14

週末から天気予報とにらめっこしていました。12日はたぶん大丈夫、13日は早めに延期といたしました。おかげで15〜16日の予定がすべてパー。まあ天気まかせの商売でもありますから、やむを得ないところ。ワタクシと約束してもドタキャンは税金としてついてくることを皆さんも覚悟してください。

 

12日(火曜)は2014ドクモグランプリ決勝戦、小網代の丸十丸さんからヒラメ狙いで出船しました。ドクモ最終戦には12名の有資格者がおりましたが、平日ともあって集まったのは9名。南風の強い日でしたが、なんとか型も見れて無事終了。グランプリ1名、当日の特別賞3人を選出させていただきました。詳細は6月1日発売号にて発表しますが、グランプリの女性は釣りのセンスや学習意欲もあり、他人との応対も安心できるグランプリにふさわしい方です。お楽しみに。

 

13日(水曜)はシケで中止となったので会社で仕事。19時より兼ねてから計画していた「チームカワハゲーズ」の結成式を銀座の「なまはげ」という居酒屋で行いました。この集まりは文字どおりハゲのカワハギ好きメンバーです。よく5人も集まったものだと感心してしまいます。

 

全員スキンヘッド、見たことのある方もいるかと思います。とくに右端のKさんはDKO4連覇の偉業を達成したカワハギファンなら知らない方はいないほどの有名人です。

 

この店はなまはげのショーもあります。きれいにそり上げたメンバーを見てなまはげ本人も驚いていました。

 

始めのうちはおとなしく飲んでいたメンバーですが、時間がたつにつれてこのありさま。ワタクシ一人、ハゲTシャツ家に置いてきちゃいました(ひんしゅく)。19時から始まって22時過ぎまで釣りの話やシモネタまで、大いに飲み大いにしゃべくりまくった楽しい宴会でした。次回はこのメンバーでカワハギ仕立に決定、今から楽しみです。なお当会に加入希望の方はスキンヘッドでカワハギ釣りが好きな方が条件、会員の承認を得て決定します。もちろん年齢性別を問いませんので、希望の方はコメント欄にお申し込みください。

 

さて、明日(15日)から取材攻勢。飯岡のひとつテンヤ、会社でお仕事、大原のイサキ釣り大会、久比里のカワハギと続きます。本当は土曜日にプライベートでマルイカに行こうと思いましたが、さすがに4連チャンはきついので我慢しました。まあ取材が押して会社で仕事となったので諦めがつきましたけど。

またもマルイカ三昧

2015-05-11

待ちかねた用なしの休日、もちろん両日ともプライベート釣行です。日曜日がすでに決めていたマルイカ仕立てなので、前日は釣り場の近く、結局同じ船宿で連続マルイカ釣行となってしまいました。まあ、当初からその予定でもあったんですが。

 

9日(土曜)は内房勝山港のM丸さんから午後マルイカ乗合に釣り仲間2人と乗船です。11時過ぎに到着し、近くの中華屋さんで前祝いをしていると、午前船に乗る釣り仲間からすでに70杯を超えているという景気のいい話。期待十分で13時前に船着き場へ。ゆっくりと仕度を整え13時半に出船です。スターティングメンバーはこれ、潮が濁り気味なので最後までぼぼ変わらぬメンバーでした。

 

午前船のトップは92杯のK君。ワタクシは午後も同船するK君の隣の席、左舷ミヨシ2番です。釣り場は館山沖の60メートル前後で、幸先よく1投目から乗ってきます。ただ、群れの移動が速く1流し2〜3投がいいところ。それでもムギイカ交じりで途切れることなく乗り続け、17時過ぎに計32杯で終了。今期最高の釣果でした。トップはK君の36杯、ワタクシは3番手でした。

 

そのまま現地に宿泊。今シーズンの最高釣果に酒が進み、ついつい飲み過ぎちゃいました。こんな日がいつまでも続いてくれればいいものです。

 

10日(日曜)はチームNが仕立てたマルイカ、総勢23人での出船です。釣り場は同じく館山沖、ワタクシは抽選で左舷胴の間(いつものくじ運の悪さ)でした。この日は潮が澄んでしまったこともあり、昨日よりやや乗り具合は悪かったけれど、それなりに楽しめました。トップはN君の59杯、ワタクシは25杯で真ん中くらいの成績でした。

 

この日のメンバーです。アングラーズアイドルの晴山由梨さんも参加して、賑やかな釣りとなりました。でも、成績上位はそろってペナペナ竿にゼロテン釣法。なんとか宙釣りでやっつけてやろうと思いましたが徒労に終わりました。ウ〜ム、今のところマネをするつもりはありませんが……。

 

今週は12〜13日と取材の予定でしたが、ご存じのとおり台風6号の影響で13日の取材は延期。おかげですっかり予定が狂ってしまいました。今週末に取材がずれ込み、プライベート釣行はなし。季節外れの台風を恨むばかりです。

 

 

« Older Entries

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.