1月, 2017年

マルイカ釣行2題ほか

2017-01-30

先週からズッとバタバタしてまして、ブログの更新もおろそかになってしまいました。スミマセン。Fショーも終わり、やっとひと息といったところですが、何かと用が重なり、のんびりする暇もなかったからです。その理由は以下のとおり。

 

25日(木曜)は新浦安駅前の浦安ブライトンホテル東京ベイにおいて、スポニチ系の東日本釣宿連合会の総会&懇親会が開催されました。この会にはすでに20年近く参加してますが、浦安のホテルで開催するのは初めてです。

 

総合司会は大木凡人さん、会の余興には坂本冬美さんらの演歌歌手のステージもあって実に豪華。

 

たくさんの船長やメーカー、新聞社の方たちと会食を楽しみ、最後は歌手の方がたと記念写真も撮っていただきました。いつもはそのまま宿泊して二日酔いのパターンですが、この日は翌日が取材だったので1次会で中座しました。

 

26日(木曜)は剣崎間口港の喜平治丸さんからマルイカ取材。いよいよマルイカもスタートで、各地の船宿から乗合船が始まりましたね。大好き人間には待ちかねた季節です。

 

この日は動画撮影も入ります。ワタクシは写真担当の一日でした。マルイカは前回のブログでも書きましたが、爆釣スタート後はやや乗り渋り、でもこの日は天気もよく、マルイカもまずまず釣れていい取材になりました。ワタクシも1時間ほど竿を出し、ブランコ仕掛けで2杯釣りました。詳細は2月15日発売号にて。

 

27日(金曜)は富津港のひらの丸の進水式、ワタクシは現場のモチ撒きには間に合わず、お祝いの会からの参加でした。てっちゃん船長のお礼の言葉から始まり、以後はサンスポ関係の船長、富津港周辺の船長、そして忍、ササピー、かまちゃんたちの招待者たちと楽しい会食。2次会まで顔を出して、当然ながらの二日酔いでした。

 

てっちゃん船長はこれからが大変でしょうが、今までどおり釣らせる腕と親切な応対を続ければ未来は明るいでしょう。ともあれ、おめでとうございます。

 

29日(日曜)は久しぶりのプライベート釣行、腰越港のS丸さんからマルイカでした。

 

同行したのはNくんとY君、いずれもマルイカの名手ですが、偶然にももう一人、すごい人が乗ってました。

 

マルイカファンならだれでも知ってる柏崎健一さん、現在のゼロテン釣法のパイオニア、独特の専用竿を世に広めた人でもあります。持っているのは2017バージョンの竿とのこと、ワタクシにはどこが違うのかサッパリ分かりません。

 

朝イチの投入からポツポツと乗ってきますが、「あの日」ほどではありません。潮が澄みすぎているせいもあるのでしょう。反応があるけど乗りが悪いというやつです。

 

ワタクシは直結、直ブラ、ブランコと色いろ試したり、柏崎さんの所へ見学しに行ったりで、のんびり釣ってました。柏崎さんは前半、電動リールの不調でいいところなし、後半になって手巻きリールで猛然と追い上げましたが14杯の2番手、トップはN君の16杯、ワタクシは8杯でした。天気もナギでポカポカ陽気、楽しい釣りを満喫しました。

 

さて、今週末は大阪フィッシングショーへ3日(金曜)から行く予定です。それまでに山積した仕事をかたづけないと、大阪ナイトが楽しめませんね。

 

ジャパンフィッイングショー2017

2017-01-23

皆さんもSNSなどで、すでにたくさんの情報を得ているかと思います。ジャパンフィッイングショー2017、ワタクシは例によって3日間、会場に出ずっぱりでした。でも、開催中はズッとバタバタしており、ほとんど写真を撮っていないことが判明しました。したがって紹介するのはごく一部です。

 

まずは20日(金曜)、自宅を8時前に出てオープニングセレモニーからの参加です。この時はまだ元気よかった。

 

スマホに残っていたショット写真はこれだけでした。2日目からなんにも撮ってません。

 

その夜は某メーカーのお偉いさんと中華街の一流店で会食。とても緊張して、よく味わえなかったので、同業の方たちの2次会に合流。一気に飲んだので酔っぱらっちゃいました。12時ごろ横浜の安ホテルに戻ってバタンキュウ。

 

21日(土曜)、14時からあるメインステージの「名物船長大集合」の司会を務めるので、朝から頭の中は上の空。なんとか本番をこなして肩の荷が下りました。

 

その夜はまたも中華街で釣り仲間15人と大宴会。飲み食い放題、時間無制限とあってエンジン全開。途中から一次会を抜け出した者も加わって、ついには二次会突入でホテルに戻ったのは12時半ごろでした。昨日と違って和気あいあいの宴会で、2日間のうさ晴らしできました。

 

22日(日曜)、いよいよ最終日。ホテルを取ったというのに、満足に寝られません。どうしても早起きしてしまうんです。したがって睡眠不足と疲労、朝からボーッとしてました。撮った写真はこれだけ、説明は不要ですね。

 

なんとか17時の閉場まで勤め、締めの宴会を断ってまっすぐ帰宅。久しぶりの爆睡でした。

 

ショーはわずかですが入場者数も昨年を上回り、業界の一員としてホッとひと息。営業、広報活動、初めての人、久しぶりの人、いつもの釣り仲間や友人にもたくさん会えて、会社的にも個人的にも充実した3日間でありました。ごあいさつした方にはこの場を借りてお礼申し上げます。

 

ショーが終わった翌日から入稿作業で忙しい編集部です。まだ疲れは取れず、ノドもガラガラしています。これを治すには釣りに行くしかありません。今度の週末は連チャン釣行で治療に専念する予定です。

マルイカ爆釣の日

2017-01-19

Fショーが近づいて仕事は押せ押せ。今週は取材が1回きり、プライベート釣行はしばらくお休みです。ということで17日(火曜)は編集部の取材のお付き合いで、長井新宿港の小見山丸に行ってきました。狙いはマルイカ、といってもどの船宿も乗合は出船していません。

 

今回は編集部の強引な要望に船長が応えてくれたかたちでの出船でした。「釣れなくても知らないよ」という船長、フェイスブックで告知もしましたが、果たしてお客さんが集まるかどうかも疑問でした。ところがいざふたを開けてみると10人もの釣り客、皆さん待ちきれないんですね。

 

今回は取材ということで、詳しい内容は伏せておきますが、皆さんもう知ってますね。この日を堺に他の船宿もマルイカ乗合を続々と開始しています。ともあれ、こんな日に釣行できたこと、幸運以外なにものでもありません。タカーシ船長、ありがとうございます。

 

でも今回の取材、釣れたのもよかったのですが、他にも目的がありました。各社から発売されたマルイカロッドの新製品インプレッションと新型スッテのお披露目です。

 

私たちは竿を替えたりスッテを替えたりで結構忙しい船上でした。まともに釣っていたらN君など70〜80杯くらいは釣っていたでしょう。詳細は2月1日発売号に掲載します。マルイカファンは必見、必読ですよ。

 

さて、明日(20日)からフィッシングショーです。ワタクシは3日間、辰巳出版のブースをベースとしてフラフラ歩き回っていますので、お会いしたらお声掛けください。土曜日にメインステージもありますが、恥ずかしいので知り合いの方はなるべくご遠慮いただければ幸いです(笑)。それでは会場でお会いしましょう。

イシモチ&マダイ取材

2017-01-16

ひどい天気でしたね。風の影響もありましたが、とにかく寒くて釣りどころではありませんでした。ワタクシは12日、14日の取材に続き、15日はプライベート釣行を予定しましたが、さすがに寒さで断念しました。

 

12日(木曜)はつりタメの取材で」金沢八景の新健丸さんのイシモチでした。この日は風もなく比較的暖かな一日。船上生放送もスムースに行われました。

 

始めのうちは食いが渋く、どうなることかと思いましたが、9時ごろから釣れ始めました。いつもは今一つのハットリくんですがこの日は好調でした。

 

実釣は11時まで。乗船者全員が2ケタ以上を釣ってロケは大成功。ですが、この日のワタクシは今一つ。得意な釣りの一つなのですが、置き竿はほとんどバレてしまうんです。釣った数以上にバラしてしまいました。反省点の多い釣り、次回の釣行で挽回します。

 

午前中で終わって、急いで新杉田の「杉田家」へ向かいます。吉村屋直系の家系ラーメン、昼前に到着したのに、すでに20人ほどの並び。かなり逡巡しましたが、根性で並びました。写真はラーメン並み630円、ネギトッピング80円。その他ニンニクやショウガのトッピングも豊富でオリジナルの味を作れます。さすが人気の店、満足の味でした。

 

8時からつりタメのスタジオ収録。2人はなかよくイシモチ料理をして本番に臨みます。生放送中に色いろな料理を食べましたが、ユッケがうまかったなあ。朝早くから夜9時まで、本当にご苦労さんです。

 

14日(土曜)は金沢八景の野毛屋さんからマダイ取材です。強風の予報が出ていたにもかかわらず、集まった釣り客は総勢15人。皆さん、本当に釣りが好きなんですね。

 

朝のうちはベタナギでしたが、昼くらいから西風が吹いてきました。2時を過ぎると、曇り空になって寒さが増します。千葉方面はたぶん雪だったでしょう。それでも3時過ぎまでがんばって納竿。釣果は今一つでしたが、なんとか取材にはなりました。

 

さて、今週はFショー。ワタクシは辰巳出版のブースに3日間います。常駐しているわけではありませんが、見かけたら気軽にお声がけください。また、今回はメインステージで船宿の船長たちを集めた船宿トークの司会を仰せつかっています。どちらかと言えば緊張するタイプなので、詳細はショーのパンフレットなどでお確かめください。くれぐれも言っておきますが、無理して来なくていいですよ、お暇でしたら。

カワハギ〜フグ

2017-01-10

3連休はいかがお過ごしでしたか。ワタクシは前2日が釣り、3日目は久びさにやることがない一日、といったスケジュールでした。5日の「つりタメ」出演の模様から紹介しましょう。

 

5日(木曜)は会社の仕事始め。初日からバタバタしているのは、初釣り取材の原稿まとめがあるせいです。新年のあいさつもそこそこに全員がパソコンとにらめっこです。ワタクシは夕方から「つりタメ」のスタジオ収録で新宿へ。主役のそらなさんは着物をまとっての登場です。少しやせたように見えたのは着物のせいかしらねえ。

 

7日(土曜)は剣崎松輪港の成銀丸さんからカワハギ取材です。3連休の初日、ナギ予報とも相まって大型船2隻とも満船です。城ヶ島沖が釣れているせいもあるのでしょうが、それにしても他船を含めこれほど賑やかなカワハギ釣りも久しぶりです。

 

上の写真手前のSさんが主役、Yチャンも来てくれました。前日までは好調に釣れていたけれど、この日はちょっと食い渋り。トップはSさんの22枚でした。ワタクシは2時間ほど竿を出してみましたが7枚、でも2枚が宙で釣れたので満足です。今シーズン、カワハギはあと何回行けるかなあ。

 

8日(日曜)は羽田のE丸さんから久しぶりのフグでした。釣り仲間の「きっちょ」君に作ってもらったオリジナルロッドの初下ろしでしたが、竿をセットしたらもう穂先が折れてました。いつどこで折ったのかまったく分かりません。せっかくだからこのまま使うことにしました。

 

曇天北風、とにかく寒い日でした。ワタクシにとって今シーズン一番でしょう、指先がかじかんでエサ付けどころかズボンのチャックも満足に下ろせません。昼を過ぎたら雨まで降り出します。こうなると根性なしのワタクシはダメ、納竿約1時間前に竿を仕舞っちゃいました。

 

肝心のフグは午前中に2尾、3尾目に来たのは特大アカメだったのですが、海面バラシ。以後2〜3回アタリがきたけれど、掛けれませんでした。トップ4尾の釣果はますます寒さを増幅してくれました。でも、きっちょの竿は感度抜群、折れていてもいい仕事をしてくれました。まともな竿だったらもっと釣れただろうなあ。

 

今週の後半は大寒波が襲ってくるそうです。木曜日イシモチ、土曜日マダイの予定ですが、両日とも取材なので船が出るかぎり釣行しなくてはなりません。ワタクシは寒さには強いのですが、指先だけが異常に寒がりですぐに動作不能となってしまいます。熱あつになる白金カイロでも買ってみるかな。

« Older Entries

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.