1月, 2018年

マダイ〜アカムツ取材

2018-01-31

フィッシングショーが終わって、たまった仕事がどっさり入ってきました。2日から大阪フィッシングショーもあるので、それまでにかたづけておかなければなりません。ということで、ナギ日を選んで2回の取材とプライベート釣行1回をこなしてきました。

 

26日(金曜)は金沢八景のあさなぎ丸さんからマダイ取材、同行はこの方。カワハギが得意なのは知っていたけど、コマセダイも相当好きなんですねえ。かなりうんちくもお持ちです。

 

久里浜沖のマダイ、釣れてますね。これほどとは思いませんでした。ワタクシも竿を出させていただいて、たっぷりマダイの引きを味わいました。

 

これはトップの方、軽く2ケタ釣りです。プライベートでもぜひ行ってみたいと思いました。詳細は2月15日発売号にて。

 

1日置いて28日(日曜)は富津のK丸さんからスポットの食わせフグ乗合へプライベート釣行です。先日の浦安釣行でわずか1尾だったので雪辱戦、でも苦手な食わせ釣りです。加えて朝から極寒、エサはむけないわ、体は動かないわで始めのうちはダメダメでした。

 

少し暖かくなってから、今日のワタクシはちょっと違いました。K氏に作っていただいた竿がよかったのか、順調に釣れてくれます。

 

放流サイズをのぞいて10尾、トップ11尾の2番手はできすぎでしょう。またいこっと。

 

翌29日(月曜)は九十九里片貝港の正一丸さんからアカムツ取材です。年末にプライベートで行ったときはわずか2尾、今回も雪辱を期しています。釣り場には飯岡港からの船も来ていました。

 

こんなサイズ、釣ってみたかった。当日は全般的に今一つの食いでしたが取材はバッチリ。

 

ワタクシはゲストの小キンメ3尾だけ。まあ、取材だから致し方ありません(言い訳)。これも2月15日発売号にて紹介します。

 

さて、大阪フィッシングショーは金曜日の昼くらいから会場入りします。予定では土曜日までですが、もしかしたら日曜日までいるかもしれません。せっかくの大阪ナイト、1日だけではもったいないですからねえ。

ジャパンフィッシングショー2018

2018-01-25

フィッシングショーが終わりました。ワタクシは木曜夜の接待飲みから始まって、日曜日の夕方までほぼ横浜詰め。ホテルに2泊でしたが、ほとんど寝るだけでした。まあ例年のことですが、大流行のインフルエンザにかからなかっただけでもよしとしましょう。

 

写真もほとんど撮りませんでしたが、SNSなどで十分紹介されていたので十分でしょう。ここではちょっとだけレアな写真を厳選して載せてみます(順不同、よく見たら女性ばっかし)。

 

日曜日に会場のメインステージ行われた三石忍のトークショーです。両隣にいた人は……、忘れました。

 

これも日曜日に行われたアングラーズアイドル最終審査。栄冠は廣瀨麻伊さん。歴代アングラーズアイドルに囲まれたステージではズッと平静を保っていましたが、直後のカコミ取材では泣きっぱなし。

 

2018クールアングラーズアワードには工藤静香さんが選ばれました。いくつになってもおきれいです。

 

主催者ルームに顔を出すと、このお二人が仲よく弁当を食べてました。このあと、もう2人の元アングラーズアイドルが加わり、私は居場所がなくなりました(笑)。

 

最終日は打ち上げの誘惑にかられましたが、ひと足先に4時ごろ会場をあとにしました。疲れ切ったけど、色んな人に会えてたくさんの収穫もありました。

 

一日おいて23日(火曜)は伊豆長岡のホテルで開催されたスポニチ系、東日本釣宿連合会の懇親会に出席です。温泉は疲れた体には最高だったけど、3次会まで付き合ったせいか翌日は二日酔い。でも、たくさんの船長と話もできたし醜態も見たしで、これも充実した宴会でした。

 

さて、今週末は大寒波ですが、家でジッとはしていられません。日曜日にプライベート釣行を決めました。その前に明日(26日)はマダイ取材、このほうが寒そうなので、これから防寒対策を考えます。

 

 

夜ヤリ〜マルイカ

2018-01-17

いよいよ19日からフィッシングショーです。3日間は会場に詰めるので、他の仕事も釣りもできません。ある程度、仕事はかたづけておかないとしわ寄せがくるので、2度の取材と1度のプライベート釣行を済ませておきました。

 

12日(金曜)は沼津の秀丸さんから夜ヤリイカ取材のお手伝い、夜11時発の深夜便に乗船です。こんな時間の乗合船に乗るのは10年以上前のこと、体調管理が難しいところですが、結局いつものまま。11時はとっくに寝てる時間なんだけどなあ。

 

当日は大寒波が襲った日、加えて北の風もあってウネリもあり、口では言えないほどの寒さでした。でもこんな日でも満船とは恐れ入りました。皆さん好きなんですねえ。私はかつてないほどの防寒対策で体はなんとかなりましたが、指先だけは凍ったままでした。

 

それほどの大釣りではなかったけれど、取材は大成功。詳細は2月1日発売号で紹介します。次に行くかって? やはりこの時間帯の釣りは老体には過酷、今度から夕方便にします。案の定、帰路は見事に寝落ちしました。

 

一日おいて14日(日曜)はチーム錦の例会に特別参加、浦安のY屋さんからアカメフグで14人の仕立出船です。久しぶりのアカメ、楽しみにしていたのですが、なぜか根掛かりばかり。

 

34センチの大型を1尾釣りましたが、それっきり。バラシ2回、カットウロスト5個でいいところなし。トップSさんの12尾はダントツでした。湾フグは通わないとダメ、と痛感しました。

 

16日(火曜)はマルイカファンならご存じ、昨年の試釣で爆釣の夢よもう一度取材です。船も昨年同様、長井新宿港の小見山丸さんです。なんと平日にもかかわらず満船、断った人も何人かいるようです。夜イカもそうですが、皆さん好きなんですねえ。

 

同行は編集部OとヤマリアのYさん。これも同じメンバーで、昨年同様の爆釣を期待しておりましたが……。マルイカは釣れました、すでにSNSやHPで確認された方も多いと思いますが、十分取材にはなりました。新製品の試釣もたっぷりお届けしますので。これも2月1日発売号をお楽しみに。

 

さて、金曜日からのFショー、ワタクシは例によって3日間会場をうろついているので、確認されたらお声がけを。辰巳出版ブースがベースですが、ほとんどいないかもしれません。行き先は店番の方に伝えておきますので、御用のある方はお申し付け下さい。それでは会場でお会いしましょう。

アジ〜カワハギ大会

2018-01-09

5日の初出勤してすぐに3連休、短いようで長い正月休みでした。取材の予定もなし、家の用事もほとんどなしなので2日間、プライベート釣行の予定を組みました。

 

6日(土曜)は新安浦港のK丸さんからアジ仕立に便乗です。某スポーツ紙のバチコンアジ取材でコマセ係を仰せつかり、釣り仲間3人と乗船。ワタクシは通常のビシアジ仕掛けにバチコンのタックルも持参しました。

 

7時半に出船し、猿島沖の30メートルダチで釣り開始。始めのうちは今一つでしたが、9時ごろから好転。ビシ釣りはほぼ空振りなしで釣れてきます。ワタクシは10尾を釣ったところでバチコンにチェンジ。取材チームは好調に釣れているのに。こちらはさっぱり。

 

どうやらタックル、仕掛けの組み立てが今一つだったようです。取材チームはバリバリと釣っているのに、ワタクシは1尾だけ。釣り仲間の入れ食いを見ているうちに辛抱しきれなくなってバチコンを断念し、再びコマセ釣りにチェンジ。やっぱりワタクシはルアーには向いていないようです。

 

仕立船なので午後1時で終了。コマセ釣り、バチコンとも大釣りでした。上は同船者の集合写真、下はお世話になったY船長とお誘いいただいたY番長です。猿島沖のアジはいつ食べても美味、フライ、刺身ともすぐに完食でした。アジはウン十年の釣り歴ですが、いつ行ってもおもしろいなあと思うし癒されるます。また行かないと。

 

翌日は家の雑用をこなしつつ、のんびりダラダラ。久しぶりに怠惰な一日を過ごしました。8日(月曜)は剣崎松輪港のN丸さん主催のカワハギ大会に参戦です。参加者は110名、5隻に分乗しての出船です。ワタクシはM船長の18号船、左舷ミヨシ3番に座ります。

 

この日は予報に反して曇り時々晴れ、ベタナギの釣り日和でした。でも水温が急降下したせいか、カワハギの食いは今一つ。乗船者の半分くらいが知り合いだったので、のんびりユルハギ釣り。トップ20枚に対して、ワタクシは10枚でした。でも納竿30分前に28.5センチの大型を釣っちゃいました。

 

この大会は数の部と重量の部があり、それぞれ5位までが表彰されます。ワタクシは2枚の合計739グラム、なんと重量の部で優勝しちゃいました。まさにラッキーとしか言いようがありません。おまけに賞品のすごいこと、参加者全員に半額乗船券とダイコン2本と何かしらの賞品(ビール、日本酒、クオカードなど最低で3000円以上の品物)、N丸さんの太っ腹には驚くばかりです。

 

一船宿で110人の参加者はたいしたものです。皆さん、お疲れ様でした。

 

 

 

優勝の賞品は、新潟産コシヒカリ10キロ、クオカード3万円分、無料乗船券3回分でした。乗船券は別として、ウチのカミさんは大喜びでした。

 

さて、8日からが本格的な勤務みたいなもの。15日発売号の校了はしたものの。これからはFショーの準備や打ち合わせに追われます。新年会もいくつかあるので、体調を整えて週末の釣りに備えます(笑)。

謹賀新年&初釣り

2018-01-05

皆様、明けましておめでとうございます。本年も『隔週刊つり情報』、そして本ブログともどもよろしくお願いいたします。

 

大晦日から3日まで実家暮らし。母親とわが家族、わが兄弟2人とグタグタと過ごしておりました。ワタクシの場合、母親の日課であるデイサービス&ヘルパーさんの来訪が2日までは休暇なので、どうしてもその間は兄弟で面倒を見ないとなりません。それほど手はかからないので、別段やることなし。連日、夕方あたりから飲み始める日々でした。ちょっと飲み過ぎたかも。

 

というわけで、4日(木曜)が初釣りでした。釣り仲間のT君が仕立てた那古船形のK丸さんからのカワハギ、仲間18人で6時半に出船です。ちょうど房総半島から朝日が上る時間でした。

 

北風が強く寒い日でした。K丸さんもこの日が初出船、船長も気合が入っています。乗船者はいずれも手練れぞろい、朝からポンポンとカワハギを釣り上げていきます。ワタクシは暖かい右舷でのんびり釣り。終盤に底から2メートルの宙でバクバクタイムがあり、自分なりに十分満足できました。トップ30枚、ワタクシ20枚でした。

 

5日(金曜)が仕事始め、すぐに3連休が入りますが、2日間釣りの予定が入っています。今年は無理せず少し体をいたわって釣行計画を立てるつもりです。本当は仕事を抑えてプライベート釣行を増やしたいんですが、果たしてどうなることやら。

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.