11月, 2015年

DKO観戦とヒラメ釣り

2015-11-30

28日(土曜)はカワハギファンの一大イベントDKOが開催されました。すでにワタクシは1次予選で敗退してます。募集された観戦船にも乗船するつもりはありませんでしたが、前日に西風が吹いて爆食いが予想されたので、前日になって釣り仲間とカワハギ釣りに行くことにしました。翌日のヒラメ取材と合わせて紹介します。

 

乗船したのは金沢八景のB屋のカワハギ乗合です。同じ竹岡沖を狙うので、「決勝の戦いを少しでも見られたらいいな」程度のつもりでした。ところが10時ごろ、決勝船が私たちの船の近くで釣り始めたのです。乗船者のほとんどが顔見知り、中には合図を送ってくれた方もいたし、後で聞いたらワタクシの顔を見たら釣れなくなったとのたまう不届き者(笑)もいました。

 

後半戦は観戦船と間近で釣りです。中央はあべなぎさ、左端で手を振っているのはカヤゴンです。かくして私たちも観戦船みたいになってしまい、一時は釣りどころではありませんでした。

 

トップ30枚が2人に対して、ワタクシはわずか10枚。ステファーノとTKBのプラも兼ねていましたが、こんな成績では先が思いやられます。爆食い予想も見事に外れ、スゴスゴと帰途につくのでした。竹岡沖は一番苦手な釣り場、DKOチャンプ宮澤さんの釣り方を参考しようとは思ってあとで取材者に聞いたけど、ワタクシにはマネできるようなものではありませんでした。

 

翌29日(日曜)は外房大原港、力漁丸からヒラメ取材です。主役はこの人、前日の食いから見て苦戦が予想されましたが、ヒラメは十分すぎるほど釣れました。ワタクシはチョコッと竿を出してヒラメ2枚を釣らせていただきました。詳細は12月15日発売号にて。

 

帰港してみたら隣のS丸も揚がったところで、知り合いのOさんと永浜いりあさんがハタ狙いできていました。しばらくお話をしてパチリ。いりあさんがプライベートでハタ、釣りアイドルも見習うべきでしょうな。

 

さて、今週は2日にステファーノグランプリが開催されます。決勝進出は2度目、今年こそはの意気込みでしたが、前日にどうしても断れない屋形船の忘年会が入ってしまいました。まあ、苦手な竹岡沖、加えて取材用の写真も撮らなければなりませんので、半分は諦め気分でのチャレンジです(と言うわけで今から言い訳をしておきます)。

なんとか4連チャン

2015-11-25

いかにも年末進行らしいスケジュールとなってきました。22〜24日までなんと4連チャン、久しぶりにハードな釣行でしたが、楽しかったこともたくさん。今は心地よい疲れと喜びにに浸っております。それでは順を追って紹介しましょう。

 

21日(土曜)は当初鹿島から一つテンヤ取材のはずでしたが、シケで中止となり、急きょ編集部Uの大原テンヤ取材に同船することになりました。乗船したのは太東港の勘栄丸、港口の波が高く大原港からの出船でした。

 

主役はジャッカルテスターのY君。さすがテンヤは名人級、ポンポンと掛けていきます。対してワタクシは掛け損じばかりでわずか1枚。腕の差をたっぷりと感じさせられました。

 

22日(日曜)はダイワの宮澤さん主催、毎年の恒例行事「新米杯」です。三崎港のうらりに集まったのは過去最高286人、船は14隻で釣り座は抽選。ワタクシが引いたのは佐円丸の左舷胴の間、20人の乗船でしたが大会のファイナリストが多数乗っています。勝敗は数なので、朝の時点で優勝は諦めていました。

 

ところがIさんにいただいたピカピカオモリがよかったのか、たまたま手が合ったのか16枚を釣って船中1位となってしまいました。こんなこともあるんですねえ。長年カワハギ釣りをやっていて、大会で船中1位は……まだ2度目。大物賞も28.5センチで惜しくも2位、まあ2つもいただいたらバチが当たるので、ちょうどよかったかも。

 

いただいたお米は30キロ。食べ応えのある量です。大会関係者の皆さん、本当にご苦労さまでした。

 

そのまま横須賀に向かって、O船長といっぱい。でも疲労と睡眠不足で10時前にギブアップ。ホテルに着いてバタンキューでした。翌23日はO船長の船宿でタチウオ釣りです。偶然にも水産庁のYさんと遭遇、ルアーでがんばっていました。

 

釣り場は猿島沖の50メートルダチ。水深は浅いけれど、釣り方が難しいんです。ワタクシ4本でトップは16本も釣っていました。カワハギのようにうまくはいきませんね、タチウオは好きなんだけど腕が未熟です。

 

さて、3連チャンも終わって3時前には家に着いてのんびりしていたら、某メーカーの方から電話。25日の予報が悪いので、明日予定が付くようなら明日に繰り上げてくれないか、という連絡でした。

 

ということで24日(月曜)は飯岡港の幸丸さんから一つテンヤ取材となりました。確かにこの日はベタナギの釣り日和。これまでの3日間が嘘のようです。主役は児島玲子さん、久しぶりにのんびり雑談をかわしながらの楽しいひとときでした。いずれも模様も全部ではありませんが12月15日発売号で紹介しますのでお楽しみに。

 

今日(25日)は5日ぶりの出社。仕事はてんこ盛りです。また27日にも取材が控えていますが、天気が心配で今から予備日のスケジュール調整しながら原稿の締め切りに追われるのです。まあ、こんな調子で年内は進むのでしょう。来月になると忘年会もめじろ押し、ヘパリーゼ飲みながらがんばります。

広島旅行とカワハギ

2015-11-17

お伝えしたとおり、先週末は釣りなしで息子が住む広島へカミさんと行ってきました。目的はうまいものを食べることと以前誌面で紹介したプロバスケット選手、中村昌也さんが出場する試合を観戦することです。月曜日に行ったカワハギ釣りの模様と合わせて紹介します。

 

14日(土曜)、朝9時の新幹線で広島へ向かいます。1時に着き、ホテルにチェックインしてから会場の東区スポーツセンターへ「広島ドラゴンフライVSサイバーダインつくばロケッツ」の試合観戦です。中村選手の所属するロケッツはここまでリーグ最下位、まだ1勝しかしていません。

 

おまけにアウェイでの試合、たくさんの観客の中でロボッツの応援団は我われを含め10人もいなかったでしょう、拍手するのも気が引けるほどです。19番が中村昌也さん、190センチ以上の長身ですが、プレイヤーに交じると普通の人に見えちゃうのが不思議です。

 

試合は大方の予想を裏切って72対69でロボッツの勝利。応援した甲斐ががあったというものです。それにしても初めて見たバスケット観戦、長身の選手の肉弾戦を真近に見るのは迫力満点。こりゃ、この先趣味の範囲に組み込む必要がありそうです。いや〜おもしろかった。

 

試合が終わってお楽しみ、夜のお食事タイム。観戦をアレンジしてくれたOさんが紹介してくれたのは市内にある「お好み焼き花子」という店。お好み焼きのほか肉料理などの豊富なメニューがあり、ついつい食べ過ぎちゃいました。

 

右からカミさん、息子、ワタクシ、中村選手、同僚の選手(名前失念)、Oさん、Oさんの子息。ごちそうさまでした〜。

 

翌15日(日曜)は観光です。広島と言えば宮島、電車で宮島口駅まで行ってフェリーに乗り換えます。日曜日とあって駅周辺はすごい人、でも10分おきにフェリーが出ているので乗船はスムースです。

 

あまり観光には無関心なほうで、さっさと見学してお目当ての商店街へ。

 

焼きガキです。2個で400円と450円の店があり、両方食べましたが味や大きさに大差ありませんでした。現地で食べるカキはうまいですね。

 

3時の新幹線で帰京。初めての広島、駅周辺はあまり整備されていない地方都市という印象でしたが、息子の話では繁華街は別な所にあり、駅周辺は再開発でビル建設のラッシュ。あと10年もすれば様変わりするだろうとのことでした。今度行くときは繁華街ですね。

 

翌16日(月曜)は内房勝山港からカワハギ釣り。外房の船長、茨城の船長、J屋の店員さんなど16名で乗船です。ワタクシはプライベートのはずでしたが、どうせなら記事にしちゃおうと一応、取材者兼参加者という立場です。

 

通常の取材ではないので釣り時間はたっぷり、納竿までに15枚を釣らせていただきました。釣りが終わって幹事の鈴木新太郎さんから軽い表彰式と賞品の授与。若手の船長に交じっての釣りは楽しい時間でした。詳細は12月1日発売号にて紹介します。

 

いよいよ押し迫ってきて、取材の予定がひっきりなしに入ってきます。とりあえず今週末の3連休はカワハギ釣りの「新米杯」程度ですが、その後が大変なスケジュール。忘年会とうまく組み合わせての調整が大変ですが、嫌いなわけじゃないので体が続くかぎりサクサクとこなすつもりですよ。

 

 

タチウオ〜アジ取材

2015-11-13

今週は平日に2日間の取材が入りました。いずれも天候は今一つだったけど、バッチリ釣れて取材成功。いずれもカメラマンだったので、竿を出したのはほんのわずかだったけど、個人的には満足できました。

 

10日(火曜)は富津港のひらの丸からタチウオ取材でした。主役はこの2人、タチウオが得意というよりすでにベテランの域に達しているあべなぎささんと、外房がベースでタチウオはシーズンに1,2回という鈴木新太郎さん。どういうわけか2人のガチンコ対決となってしまいました。

 

対決の舞台は下浦沖、天候は今一つだったけどタチウオは好調に釣れました。ワタクシもチョコッと竿を出して7本の釣果。2人は他の乗船者を圧倒する釣れっぷり、果たして勝負の結果は……詳細は12月1日発売号にて。

 

12日(木曜)は走水港の関義丸からビシアジ取材。店主の関口船長とは久しぶりの対面。20年くらい前はよく通った船宿で、思い出話は尽きません。6年たった新造船はいまだピカピカで初めての乗船でした。

 

主役はこの人。このところ良型が好調に釣れており、この日も乗船者を裏切らない釣れっぷりでした。それにしても走水のアジはまん丸太っておいしそう。その晩飲む用がなかったら、持って帰れたのですが。

 

14〜15日の週末は釣りなしで広島へ行ってきます。今年から広島で働いている新入社員の息子の様子見と、知り合いのプロバスケット選手、中村友也(タレント中村昌也さんの実兄)さんが出る試合を観戦してきます。時間があったら観光地でも巡ってこようかな。

ステファーノ予選とつりジェンヌ

2015-11-09

週末はカワハギ関連の釣りでした。土曜日(7日)はステファーノ剣崎予選、日曜日(8日)はつりジェンヌのカワハギ大会取材です。ステファーノはすでに予選を通過していますので、人数合わせといったところ。つりジェンヌは取材乗船なので、もちろん竿は出せません。ちょっとばかり欲求不満で疲労気味の週末でした。

 

ステファーノ予選は6時から受付。140名の参加者に交じって釣り座抽選すると、なんと一義丸の右舷ミヨシを引き当てちゃいました。今年はくじ運に恵まれていますが、こんな時こそ胴の間でのんびり釣りたかったと嬉しいやら残念やら。お隣はカワハギファンならご存じの「パン屋さん」、ワタクシのはるか先輩ですが、カワハギ釣りの腕前はだれもが認めるところ。初めて隣同士で釣りをして、色いろとお話しをさせてもらいました。

 

この船では1人キャンセルが出て14人乗船、2位までが決勝進出です。ワタクシは始めのうちは結構真剣に釣っていましたが、食いが渋ってきた10時ごろから「まあいいか」となり、電動タックルにチェンジして省エネ釣法。使い慣れたトーナメント用タックルから変えると、ますます釣れなくなります。

 

昼前から再びタックルを戻すと、ポツポツと釣れてきます。全般的に食いの渋い日で、納竿の1時までに15枚で終了。これじゃとても上位には入れないと思ったら、トップ17枚が2人とのこと。なんだもう少しまじめに釣ればよかったと思いましたが、トップになっても表彰台には上がれないわけで、自分なりには納得しました。決勝に進んだのはこの方たち、2日の決勝はお手柔らかにお願いしますよ。

 

2時過ぎには表彰式も終了し、今夜の宿泊先に向かうにはちょっと早いところ。うまい具合に釣り仲間のN君が会場にやってきて「これからアオリ釣りに行くけどどう?」とのお声がけ。得たりとばかり、他の釣り仲間2人を誘って伝馬船のアオリ釣りに挑戦です。ワタクシはカワハギタックルに中オモリ1個と餌木1本だけを借りて釣ることにします。

 

4人も乗ればいっぱいの船で、港前の根周りを探ります。運よくワタクシに2杯の本命が釣れました(もう1杯はひとまわり良型)。風が強くなって4時半には納竿、そのまま釣果を持って車で5分ほど、下浦にある「シーナビ三浦」に向かいます。

 

ここは古民家を改造した宿泊施設、5トン未満の船と合わせ、一日1組限定、釣りと宿泊と食事を提供してくれる海辺の釣り宿です。オーナーは元釣りメーカーの会長まで務めた方、ワタクシも古くからの知り合いですが、お世話になったのは初めてです。格安料金でのんびり釣りと食事と宿泊が可能で、隠れた人気スポットのようです。

 

当日は明日のイベントに協賛するメーカースタッフの貸切で、当日釣った魚がズラリと並びます。ワタクシの釣ったアオリも食前に並び、あっという間に胃袋の中でした。皆さんはかなり遅くまで飲んでいたようですが、ワタクシは10時過ぎにはダウン。

 

翌日はつりジェンヌ、9時出船ですが皆さんに合わせて5時起床。朝食を取ってから会場の三崎「うらり」に向かいます。そぼ降る雨の中、100人を超える女性アングラーが集まりました。

 

ゲストアングラーもすべて女性。おなじみの方がた、というより現在活躍されている著名な方がすべて集まっています。

 

この日もカワハギは渋かったけれど、雨の中皆さんがんばってくれました。詳細は12月1日発売号にて紹介します、お楽しみに。

 

2日間とも寝不足の中での釣りとイベントで、ちょっと疲れ気味。今週は火曜日と木曜日に取材が入っており、その後も年末に向かって徐々に忙しくなるスケジュールとなっています。すでに忘年会も3軒を予定、体調管理を万全に乗り切るつもりです。

 

 

« Older Entries

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.