1月, 2011年

服部さんのパーティ→カワハギ釣り

2011-01-31

1月29日、いよいよ本番を迎えました。「服部名人のIGFA殿堂入りを祝う会」、東京プリンスホテルの大宴会場プロビデンスホール、13時からの開始です。

このイベントは数カ月前にJGFA事務局と日本釣りジャーナリスト協議会によって企画され、小社が運営事務局となりました。初めは軽い気持ちで引き受けたのですが、発起人リストの作成から確認、出席者の募集からリスト作成、そして当日のメニュー&スケジュール作成など、打ち合わせを重ねるたびにイベントがこれほど大変なものなのかと思い知らされました。もちろん、J協役員、JGFA事務局、その他関係者の方の協力があってこそ。スタッフの皆さん、本当にご苦労様でした。

ということで後はフォトアルバムです。

会場入りするお客様に対して、一人一人ごあいさつ。左からJGFA岡田会長、発起人代表鈴木康友氏、そして服部善郎さん

あいさつする鈴木さんと服部さんご夫妻

服部さんのごあいさつ

本誌釣り女(釣りガール)3人も来てくれました。左から金井恵美さん、上野ひとみさん、三石忍さん

なつかしい11フィッシングの映像も紹介されました

大塚貴汪さん(中央)はもちろん発起人の一人です

会は3時前、無事に終わって浜松町で社員数人、日刊スポーツのH氏を含めて軽く(ではなかった)打ち上げ。自宅に戻ったのは8時ごろでした。翌日は勝山M丸にカワハギ釣行です。

この釣行は以前から約束していたものです。ツイッターで漫画家立原ほたるさんと知り合いになり、一度ご一緒しましょうという話が実現したのです。

立原ほたるさんはご存じでしょうか。小学館の「You」という漫画誌で「釣り女のススメ」というマンガを連載(一旦休止になって3月より再登場)している方です。もちろん釣り好き、とてもキュートでおもしろい方です。ブログもやっているので、一度のぞいてみてください。

同行してくれたのは、ほたるさんを紹介してくれたリエポンさん、忍です。この日は日曜なのに乗船者はわずか7人と少なめでした。ほたるさんはカワハギ釣り2回目、前回はあまり釣果に恵まれなかったとのことでワタクシがタックルをすべて貸して上げての挑戦です。

ところがこの日は朝から北西の強風。釣り場に着くまで30分以上かかる大ウネリ。こんな状況で釣れるのかなと思いましたが、水温が上がって、潮もほどよく流れていたせいかカワハギの活性は活発。

「今日はゆるハギ」なんて言っていた忍は朝からスイッチが入ってしまい、釣るわ釣るわ。ホタルさんも慣れない手つきながら1枚、また1枚と追加していきます。巻き上げている表情はなんともうれしそう。

10時過ぎから海もナギで絶好の釣り日和。1時まで途切れることなく釣れ続け、忍は39枚の大漁節。リエポンさんも「カワハギは苦手」と言いながら20枚、ほたるさんも15枚という釣果で、全員大満足のようでした。

ワタクシ、といえば出船前に一番大切な竿を折るわ、ハリは伸ばされ、折られ、ハリスも2回切られで戦意喪失。14枚のゆるハギでした。

写真は中央がほたるさん、左がリエポンさん、右は……言わなくても分かるでしょ。

今シーズンのカワハギは今回で終わりかな、と思ったけど、これじゃシメになりませんわなあ。明日は大原で一つテンヤ、大ダイでも釣ってうさ晴らしといきましょう。

画像アップ

2011-01-28

25日に釣行した久里浜沖マダイの写真をアップしておきます。この日は別船に釣りガール3人組も乗船していました。本当にブームが来るのかなあ。

この写真を撮っている時は鼻水コマセしてました。

予定より早く終わったので、前回のブログで紹介した「ずいずいずっころばし」に寄ってみました。この店、以前から気になってたのですが、ようやく名前が分かりました。

いわゆる家系ラーメンですが、マニアの間ではかなり評価の高い店です。ワタクシも家系では最高ランクの味だと思っています。釣具ヤギタの隣にあるので、ご存じの方も多いでしょう。久里浜、久比里の釣り帰りにはおすすめです。

ただ、残念なことに2月23日で三浦市のほうへ移転と書いてありました。どうやらこちらも国道沿いのようなので、三崎〜小網代方面の釣り帰りには寄れそうです。

さて、明日は数カ月間準備に追われてきた「服部名人のIGFA殿堂入りを祝う会」がようやく開催の運びとなります。このイベントは弊社が事務局、ワタクシはその代表なので、会の発起人&裏方のイベントスタッフとして動き回ってきたのです。無事に終了することを願って、今日はそろそろ会社を失礼させていただきます。今日の飲み会は断りました。もちろん、静養のためです。

インフル感染釣行

2011-01-26

体の異変に気づいたのは金曜(21日)の夜からでした。その時は喉がガラガラする程度、家に受験生が2人いるので、土曜の午前中に医者へ。熱もないので、単なる風邪と診断されました。今考えると、その後プチ新年会で新宿の人混みに混じったのがよくなかったかな〜。

日曜日はカワハギ、この日も多少咳が出る程度。夜には落ち着いてきましたが、代わりに鼻水が出るようになりました。

月曜日は会社で仕事、鼻水は容赦なく湧き水のように出てきます。その夜が鼻水のピーク、ほとんど寝られず4時の起床です。

昨日はG社の新製品取材、パートナーは大塚プロ。1週間以上前から決まっていた取材ですから、スルーするわけにいきません。体調は最悪でしたが、ティッシュ1箱持ち込んで久里浜港へと向かいました。

やや北風が強い程度、でも寒さは言うまでもありません。総勢6人の仕立船、7時過ぎにのんびり出船、狙いはコマセ釣りのマダイです。

さすが海上は真冬の海、容赦なく北風が吹き付けます。昨日からティッシュを使いすぎてヒリヒリする鼻からは、まるで水道の蛇口のように鼻水が溢れてきます。鼻水をコマセの上にまき散らせながら運よく船中初となる本命。大塚プロともども本命を釣って、無事取材成功。1時に沖揚がりとなりました。

時間が早いので、地元の釣具店「ヤギタ」に寄って社長にごあいさつ、ついでにエギも数本買ってきました。隣にあるラーメン屋(名前が確認できず、家系でかなり好きな味、近々移転とのこと)に寄って家路につきます。

「あれっ、おかしいな。やけに顔が熱いわ、日焼けしたのかな」
体がだるいのも寝不足と釣りのせいだと思っていました。家に帰って体温を測ってみると37度オーバー。こりゃいかんとすぐに医者へ駆け込み、インフルエンザの検査をお願いします。

結果はやはりA型陽性。すぐに薬局でインフルエンザ用「イナビル」を処方していただきました。この薬はすごいですね、一度吸引して終わり、今では熱も収まっています。まさに特効薬ですね。

さて、家にもどってからが大変。我が家には受験生が2人がいますので、すぐに隔離政策。それから個室に閉じこもって今に至っています。思うに通常の風邪をひいて、抵抗力が弱っていたところにインフルエンザのウイルスをもらったのでしょう。

今日はスポニチ船宿会の総会&新年会が伊東で開催。また、大阪からのお客様も来社予定。すべてキャンセルの方向で進めています。ただ、仕事はてんこ盛りなので明日には出社するつもりです。

インフルエンザ、大流行しているのは知ってましたが、まさかワタクシもかかるとは。ちゃんと予防接種もしていたのにな〜。

皆様もご自愛のほどを。マスクなしの人混みは自殺行為ですよ(暇を持て余している自宅の寝床にて)。

ビシアジ&カワハギ

2011-01-24

ますは金曜日の釣りから。取材先は金沢漁港の鴨下丸さんから、ビシアジ釣りです。このところ、ライトが多かったので130号を背負う正調ビシアジは久しぶりでした。

水深は40メートルほどですが、潮が速く道糸は真横に流れてしまいます。ライトでは不可能と言える状況です。この水深でも上がってくるのは35センチ級の大型ばかり。数はそれほどでもありませんが、掛かれば大アジという状況なので退屈しません。脂の乗ったサバもたくさん釣れて、取材は大成功でした。

金曜の夜から体調に異変が起きてきました。ノドが痛くて時折咳き込む症状。我が家には受験生が2人もいます。翌土曜日は朝イチから病院。熱がないからインフルエンザではないと言われてひと安心。そのままプチ新年会へと直行です。

早めに切り上げて日曜日は金谷のカワハギ釣りへプライベート釣行。同行は忍ちゃん、カワハギ仲間の田渕さんです。例によって裕二君が乗る1号船へと乗せられました。

この日はカワハギの食いがおかしかったように感じました。アタリはくるのですが、合わせても待っていても掛かりが悪いのです。途中、中だるみの時間もかなりあって、結局釣果は12枚。トップは田渕さんの16枚でした。1号船は知り合いの方ばかりだったので、終始和気あいあいの楽しい船上、久しぶりにゆるハギを満喫できました。

帰りは3人で竹岡ラーメン。先日の鈴屋に変えて、今回は梅之家です。2時半ごろ到着して、並びは15人くらい。30分ほどして店内に入れました。田渕さんは大盛りチャーシューをペロリ、ワタクシはラーメンに薬味ダブル。乾麺にダシも取らないという独特の製法ですが、なぜか病みつきになってしまいます。もしかして、これがラーメンの原点なのかも。

風邪は相変わらず、咳に加えて鼻水も追加されました。原稿を書くにも集中できず、時間ばかりかかってしまいます。さっさと帰って寝ましょう。明日は大塚プロと久里浜沖のマダイにつき……。

新年会パート2&3

2011-01-20

月曜日の船宿新年会に続き、火曜日は某船宿の常連さん、その中の一人K子ちゃんの結婚報告を兼ねたパーティがありました。

場所は埼玉県川口にある中華料理「江南春」です。ここは常連のPさんの会社が経営する店なので、格安料金で提供いただきました。豪華料理の数々、写真はエゾアワビです。その他にイセエビやらフカヒレなど、支払料金の2倍以上はかかるであろうすばらしい料理ばかり。久しぶりに中華を堪能させていただきました。ありがとうございます、Pさん。

話題の中心はもっぱら釣り。このメンバーはイカ釣りの名手ぞろいなので、参考になる話もたくさんありました。船宿でお会いすることを約束し、11時ごろに解散となりました。

水曜日はカワハギ仲間のブチさん主催の新年会です。メンバーはおケイさん、りょうさん、海馬さん、烏賊屋さんにブチさんの釣り仲間3名です。場所は恵比寿の「あすか亭」という魚料理とうどんの店です。

新年会も3日目になると、肝臓が傷んできているのがよく分かります。ウコン3本のみで会場に向かいました。この店の料理はさすがブチさんの知り合い、魚料理は抜群です。新鮮な刺身とおすすめはカレーポテト(?)です。ぜひ一度行ってみてください。

8時過ぎ、中国出張から成田に到着して、わざわざ合流してくれたのが写真中央のみやさん。カワハギファンなら知らない方はいないですよね。この日もカワハギを始めマルイカ、根魚などを中心とした楽しい釣り談議で盛り上がりました。メンバーが変わると釣りの話もがらりと変わります。

シメはもちろんうどんです。つるつるシコシコ、飲んだ後のラーメンもいいですが、体にいいのはうどんですね。ごちそうさまでした。

11時ごろ解散してそのまま帰宅、の予定でしたが、帰り道が一緒のりょうさん、おケイさんと2軒目は田端の「笑笑」に寄り道。3連チャン最後の店、ということでついつい飲み過ぎてしまい、翌日は久しぶりのひどい二日酔い。でも、何か責任を果たしたような充実感を得られた気分でした。

さあ、明日は金沢漁港からビシアジ取材です。さっさと帰って支度しないと。

« Older Entries

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2011年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.