4月, 2013年

GW前半の釣り

2013-04-29

いよいよ待望のGWがやって来ました。天気も最高とあれば、釣りファンならジッとしていられないでしょう。ワタクシは27〜28日に釣行してまいりました。

 

初日の土曜日は浦安のY屋さんから午前ライトアジ。なぜこの釣り物を選んだのかは理由があります。わが社の新入社員に釣りとカメラの使い方をレクチャーするため、つまり新人研修です。アジはコマセ釣りの基本、大手船宿の賑やかな船上なら被写体も豊富にあると考えたからです。

 

5時半に出船。1時間ほど走って20メートルダチからスタート。開始から順調に釣れてきます。いつも思うのですが、アジ釣りって本当におもしろいですね。思わず研修を忘れてしまうほど没頭してしまいます。

 

この写真は途中経過。おいしそうな金アジが釣れているのが分かりますか。たっぷり土産を確保して12時前に沖揚がり。

 

カミさんにアジのタタキと塩焼きを作ってもらいました。脂たっぷり、やっぱり東京湾のアジはうまわい、再認識させられました。また行こっと。

 

翌日は富津のH丸から生きエビのスズキ釣り、同行は三石忍です。彼女の写真を撮りたかったための釣行で仕事少々、ほとんどがプライベートでした。

 

エビスズキは10年以上前に2回経験しただけ、本当に久しぶりの釣りです。忍はもちろん初めてです。でもマゴチとヒラメをミックスしたような釣りですから、すぐに勘を取り戻しました。

 

アタリから合わせまでのスリリングなヤリトリ、たまりませんね。11時まで釣ってワタクシは2本、忍は5本で竿頭でした。さすがです。

 

昼前に揚がれるので渋滞知らず。富津の潮干狩り場にはたくさんの人があふれかえっていました。ひとあし先に帰れるので自宅まではスイスイ。この日一日釣りや午後釣りで千葉方面に行った人は、ものすごい渋滞にあったようです。

 

さて最終日は所用を済ませに会社に。このところ2時、3時起きばかりが続いたので、この日も4時に目が覚めてしまいました。そこで朝5時に出勤してさっさと仕事を済ませ、10時前には帰社。だれもいない社内、電話一つありませんから仕事も進みます。帰りはA釣具に寄ってお買い物。早朝出勤、早帰り、こんなスタイルもありかもな〜。

 

誕生日釣り会

2013-04-24

どうも週末となると天気が悪いですね。せっかくの釣行を不意にした方もさぞかし多いと思います。ワタクシは日曜日の大会がボツになりましたが、土曜日の午後釣りマルイカだけはなんとか出船できました。

 

20日(土曜)は三石忍の誕生日釣り会&祝う会でした。当初は4月6日に行うつもりでしたが、悪天のために2週間延期となってこの日を迎えました。

 

まずは勝山港のM丸で午後マルイカ仕立、15人の乗船です。予報は夕方から雨でしたが、出船したとたん降り出してしまいました。それでも海はまずまずでしたので、時間まで釣りはできました。釣果? トップで2ケタくらいだったでしょう。それでも全員気心の知れたメンバーなので、終始楽しい船上でした。

 

5時半に帰港して、7時から港近くの中華料理店で宴会です。船長や宴会だけ参加する方も合流して20人以上となりました。

 

皆さんから少しずつお祝い金をもらって、S社の小型両軸リールを忍にプレゼントです。これだけたくさんの人からお祝いいただいた忍も幸せ者です。

 

宴は9時過ぎまで続きました。途中でとても公開できない余興もあり、腹がひねくれるほど笑かしていただきました。二次会はスナックでカラオケ大会。ここまでくると、みんなベロベロです。

 

これで終わり、ではありません。翌日の釣り大会が中止と決まったのでイケイケモード。1時過ぎからは宿で3次会です。さすがに1時間ほどしか持ちませんでしたが、翌日は久しぶりの二日酔いに襲われ、雨の日曜日は頭痛との戦いに終わりました。

 

一日おいて23日の火曜日は葉山あぶずり港の秀吉丸からヒラメ取材です。この日の同行も三石忍、続くときは続くものです。

 

土曜日とうって変わってこの日はベタベタナギ、海面は鏡のようです。忍は久しぶりの三浦半島、港も船もすっかり記憶から消えつつあったようです。ナギ倒れを危惧しましたが……。

 

これだけのナギでもヒラメは釣れました。というより、ベタナギほどいいそうです。写真はお客さんの釣果の一例。船長の話ではここ数日ではめずらしいくらい釣れた、とのことです。詳細は5月15日発売号に掲載します、お楽しみに。

 

2時に帰港して、おかみさんに紹介していただいた近くの店で忍とラーメン。これは美味でした。いずれブログにアップします。急いで帰宅して、新橋に向かいます。

 

新橋の「」は釣り好きマスターが経営するお店です。釣った魚を持参するとさばいてもくれるので、釣りファン御用達ともいえます。ワタクシも何度か訪れています。この日は日本釣りジャーナリスト協議会の役員会でしたが、重要事項はさっさと決めてあとは宴会モード。

 

と言っても、前日はほとんど寝ていないので皆さんの演説に付いていくのがやっとでした。11時半には帰宅してバタンキュー。7時間くらい寝たけど、久しぶりに寝たりないと思えるほどでした。

同窓会&釣り連チャン

2013-04-16

13日の土曜日は久々の帰郷。今年二度目となる還暦同窓会に出席するためです。1度目は正月、高校の同級会、2度目となる今回は秩父第二中学校の同級会です。どうせ同じようなものと思っていましたが、高校の同級会よりだいぶおもしろかったですね。日〜月曜日はプライベートと取材釣行でしたので、その模様も合わせてご報告します。

 

12日の金曜日夜に到着。まずは地元の友人を誘って「高砂ホルモン」です。子供のころから食べてますが、飽きません。隣にいたご夫婦は横浜から週1回食べに来るそうです。ペロッと10人前、ご飯のお代わりもしていました。びっくり!

 

13日は午後1時から秩父神社の宴会場で「還暦同窓パーティー」の始まりです。同級生約440人中、出席者は約110人。まあこんなものでしょう。うち他界した方が31人もいました。

 

宴会の余興は「秩父屋台囃子」です。我がふるさとではこうした宴会を始め結婚式にも必ずといっていいほどタイコが入ります。秩父の人間はこれが始まるとしゃべるのをやめ、ジッと耳を澄ませます。心にしみるふるさとの音、だからです。

 

ワタクシのいた3年8組です。みんないい歳の取り方をしています。その他、実に45年ぶりに会った方もたくさんいて、会話が途切れることがありませんでした。中学卒業後、就職する者、高校に進学する者と進路はバラバラ。中学の同級生のほうが波瀾万丈の人生を送っている傾向があり、話していてとてもおもしろかった、というのが率直な感想です。

 

4時に終わって二次会。ワタクシは5時半の特急電車を予約してあったので1時間ほどで中座しました。後で聞いたところによると、5次会くらいまで行った者もいるようです。ちょっと残念だったような気も。

 

早く帰ったのも翌日が釣りだったから。夜8時に着いて急いで支度し、夜中の2時に出発です。釣行先は鴨川太海のT丸さん、アジ、ムツとヤリイカのリレー釣りです。

 

この日は潮の具合が変でした。前半のフラッシャー五目のめぼしい釣り物はクロムツくらい、よい外道が交じりましたけど。後半のヤリイカはもっと潮がおかしく、ワタクシは3杯でした。この日はどこもイカの調子がよくなかったようです。(写真はT丸さんのHPより)

 

鴨川に行ったら、帰りは勝浦タンタン麺。元祖とも言われる「江ざわ」に11時半の開店時間に行ったら、すでに30人以上の行列。並んで待って「勝浦タンタン麺、大辛」(800円)に大辛カレーをしっかり食べて大満足。もちろん、家に着いたらバタンキューでした。

 

翌15日の月曜日は本誌ドクモ取材で金谷のT丸さんへ。朝6時に着いてみると南西の強風。乗船者7人と船長と協議してナギ待ちしましたが、時間がたつにつれて西の強風に変わり、2時間半待ってついには出船中止。そのままでは帰れないので、海を渡って金沢八景の弁天屋さんの午後マゴチに乗ることにしました。

 

八景は南西の微風、同じ東京湾でこうも違うものとは。今回の主役は上の写真お方。音楽教室を開いているそうです。海には強いそうで、心強い方でした。

 

弁天屋さんではこの日がマゴチの初出船でしたが、無事に釣れて取材は大成功。「困ったときの弁天屋」と言ったら怒られちゃいましたが、この日は戸田からの断念組4人、鴨川からの断念組3人、そして我われ4人と、午後釣りは各地で出船中止の憂き目にあった方が勢ぞろいでした。

 

いったん釣りモードに入るとどうしても竿を出さないと気が済まない、それが釣り人というものです。ワタクシももちろんその一人ですが。

管釣り&パチンコロケ

2013-04-09

前回で予告したとおり、今回は一風変わったロケの模様を紹介しましょう。「CR海物語」でおなじみのパチンコメーカーSANYOさんが企画した「新清流物語」導入記念メディアイベント〜新清流トライアスロン〜というイベントに声をかけていただいたのです。

 

この催しはパチンコ雑誌、スポーツ紙などの媒体ごとに女性2人ずつペアを組んで計6チーム、パチンコと釣りがからんだトライアスロンを行い、優秀な成績を上げたチームに賞品が与えられるというゲーム感覚のイベントです。今回は釣りがらみということで、わが「つり情報」に白羽の矢が立ったわけです。まあ「CR新清流物語」という新しいパチンコ台をアピールするメーカー主催の企画です。つり情報チームのメンバーとして選んだのがパチンコも好きな三石忍、アングラーズアイドル2012のあべなぎさという仲よしペアです。

 

4月4日朝9時、新宿駅西口から用意されたバスに乗って山梨県の「ホリデイロッジ鹿留」に向かいます。昼食後、試し釣りと試し打ちを済ませて3時半から初日のイベント、メディア対抗料理バトルが行われました。司会はM1ファイナリスト、オジンオズボーン、ボブサップさんはパチンコアイドルと組んでチーム参加です。

 

3時半にバトル開始。与えられたテーマに合わせ、食材を選んで10人分の料理を作ります。ほとんどが料理経験もないギャルばかりでしたから、もちろんつり情報チームは優勝候補です。

 

手際のよい忍、あべなぎさはサポート役といったところ。さて優勝の行方は……。

 

8時近くまで撮影で、もうワタクシはヘトヘトです。宿泊は河口湖の近くにある「フットウイング」という豪華ホテル。スタッフ、参加チーム全員で9時から懇親会。2人はボブサップにお姫様だっこされてご機嫌です。その後主催者からあてがわれたのは一人1部屋、ベッドルームが2つもある広すぎて怖いほどの部屋でした。パチンコ業界は潤沢です。

 

翌朝は朝食を済ませて再び鹿留へ。11時から今回のメインイベント、清流トライアスロンの開始です。各チームにはウエアとシューズが与えられます。司会はTKOと加藤夏希さんにチェンジです。

 

 

パチンコ屋って、釣りやって、クイズに答えて、なんだかんだで持ち玉の総合が多いチームが優勝です。わがチーム、釣りでは圧倒的上位でしたが……。

 

○×クイズは外れるとこうなります。果たして2人の運命は……。

 

表彰式や閉会式などがすべて終わったのが7時半。再びバスに乗って新宿に向かいます。この日もワタクシは一日カメラで立ちっぱなし、車内でぐっすりと思いましたが、疲れていると逆に眠れないものですね。新宿に着いたのが9時ごろ、3人で鍋料理を食べて帰途につきました。

 

詳しい模様は5月15日発売号の本誌にも掲載します。沖釣りファンとパチンコファンは同じような年代だし、釣りにおける多少のギャンブル性などを考えると、意外に接点があるような気もします。実はワタクシも両方大好き人間、とても疲れたロケだったけど、楽しい2日間でした。

 

 

この1週間

2013-04-07

どうもヤリイカに見放されているようです。これまでプライベートで計画した釣行は2度ともシケで中止、取材でも2度行きましたが、一度は満船で竿を出せず、一度は最悪の日に当たって型見ず。今度こそはと思って釣行したんですがねえ。

 

3月30日は日立のライトヤリイカでした。本誌編集部の取材に一般の釣り客として乗船するはずだったんです。この日は午前中がシケ予報なので、出船を8時に遅らせ(仕立船につき自由)、5時半に家を出ました。ところが常磐道土浦を過ぎたところで、中止の連絡。あえなくUターンとなりました。せっかく楽しみにして仕掛けもタックルも用意したのに、またもオジャンです。

 

いったん帰宅しましたが気持ちが抑えられません。そこで急きょ、内房の午後マルイカ乗合に向かいました。マルイカ6杯、ムギイカ2杯でこれはこれで満足でした。そのまま宿泊し、翌日は以前から予定していたマダイ乗合です。予報は今一つでしたが、15人ほどの釣り客が集まりました。

 

ワタクシの釣り仲間も10人ほど乗船。状況は今一つでしたが1キロ弱をなんとか1枚。上の写真はコマセダイ初めてのRちゃんがイナワラを掛けた時のもの。本人にとっては初めての魚で満足していたようでした。

 

1日の月曜日はオニカサゴ取材、三崎北条湾の角田丸からエサ屋さんグループと仕立出船です。

 

80号のライトなので、小型電動にゲームロッドの組み合わせ。楽でいいですし、引きもタップリ味わえておもしろかったです。型は今一つでしたが、カメラを構えながら5尾くらい釣れました。詳細は4月15日発売号に掲載します。お楽しみに。

 

翌2日から仕事が立て込んで、ブログも更新できませんでした。4〜5日にかけ一泊2日、山梨県にある管理釣り場での取材が控えていたからです。つり情報がなぜ管理釣り場、詳しくは次回のブログにて紹介します。とっても疲れたけど楽しい取材でした。

 

 

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2013年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.