3月, 2019年

トラフグ〜取材3連チャン

2019-03-29

いよいよ恐怖の10連休が近づいてきました。これから、4月15日、5月1日、5月15日発売までの3号を作らなければなりません。もうすでに頭の中がこんがらがっています。おまけに10連休の予定はなんにもないし……。

 

忙しくなる前に、好きな釣りをしておこうと3月23日は内房勝山港のM丸さんからコマセダイに行ってきました。前日から宿泊し、右舷のトモを抑えましたが、この日は完璧な潮ッケツ。ちっともアタリが来ません。それどころか、下ろすたび知らぬ間にハリだけが取られる展開が続きます。

 

正体が分かりました。こいつでした。巻き上げるとただ重いだけ、てっきりだれかとオマツリしたのかと思いましたが、ハリスをたぐるとグングングン。2.8キロもあるトラフグでした。私にとってはマダイよりうれしい魚。翌日、鍋と刺身と空揚げにしたら、あっという間になくなってしまいました。「また釣ってこい」だってよ。

 

25日(月曜)から3連チャンの取材。まず第1弾は横須賀新安浦の長谷川丸さんから午前アジ、午後タイラバの連チャンです。

 

アジは良型ぞろい。久しぶりの正調ビシアジを堪能させていただきました。

 

午後のタイラバは、始めのうちはアタリ一つない展開でしたが、終盤になってアタリ出しました。取材陣全員が型を見て取材は大成功でした。

 

26日(火曜)は剣崎松輪港の成銀丸さんからコマセマダイ。実はワタクシ、カメラを出さなかったので写真はこれしまありません。竿を出したのも半分くらいで、見事オデコ。まあ主役2人が釣ってくれたので取材は大成功でした。

 

27日(水曜)は金沢漁港の久保弘丸さんからマゴチ&アジの仕立。同行は沖釣りファンなら誰もが知っているこのお方、完全に鼻の下が伸びきっています。実釣も見事な腕前を披露していました。今回もカメラなしで、この写真も編集部に撮ってもらいました。おもしろい記事になりそうなので、発売をお楽しみに。

 

ということで3連チャンですが、どの取材がどの号に載るのかいまだに頭がこんがらがっております。毎号、お読みいただければ分かるはず、ということで購入お願いします((笑)。

 

さて、来週も3日間、取材予定が入っております。その前に30日は大好きな大ラバに行ってきます。このところ良型に恵まれていないので、一発大ダイを釣って残りの取材を乗り切ります。

韓国グルメツアー

2019-03-21

年明けから2月まではフィッシングショーやら何やらで、まともな休みが取れない日々。例年3月15日発売号が校了し、3月中旬ごろにまとまった休みが取れます。このころに釣り仲間と海外旅行が恒例、昨年はタイ、今年は韓国へ行ってまいりました。

 

日程は3月14〜17日までの4日間。メンバーは忍、エリ、M君、ワタクシの4人。このくらいの人数がタクシー移動、食べ物屋さんに入ったときも便利、ホテルも2部屋でちょうどいいんです。ただ、今回は決めたのが1カ月前だったので、仁川〜成田のエアしか取れませんでした。やっぱり不便だし、時間がもったいないということで、もう仁川利用は実現しないと思います。

 

たくさんの写真をアップしましたが、順はまったく不動。とにかく着いたその日から食べ物屋に直行、もう一軒ハシゴして最後は部屋飲み。翌日からまた食べ物屋〜散策か買い物〜食べ物屋、ハシゴ、部屋飲みの繰り返し。いつどこで何を食べて飲んだかはかろうじて覚えているくらいで、正確な記憶はまったくありません。

 

まあ、いつも韓国旅行は釣りも観光もなし、飲んで、食って、歩いて、寝て、最後までそれを繰り返すのお決まりのパターン。初めて2泊から3泊へと延長しましたが、きっと何泊でも同じでしょうね。ともあれ、のんびり、思考回路も停止のぐ〜たらな日々でしたが、いい意味で頭の中がリセットできました。

 

さて、わずか2日休んだだけですが、帰ってからそのツケが回ってきました。休日出勤しても仕事が追いつかないほど。そのうえ、この後に控える恐怖の10連休を考えるとゾッとします。今日でほぼ2週間、釣りにも行ってませんが、来週から取材攻勢が始まります。また韓国に逃げ出そうかな〜。

フグ釣りから4連チャン

2019-03-13

本来なら8日から5連チャンのはずでしたが、さすがに自信なく編集部員にバトンタッチしました。それでも4連チャンはさすがにきつかったけれど、あとに控える自分のご褒美を思い浮かべてなんとか乗り切りました。

 

9日(土曜)は浦安の吉野屋さんから湾フグの取材です。このところ厳しい釣果が続いているせいか、土曜日の割に空いていました。

 

主役はこの方、この日もトップ釣果でした。

 

同行の「ゾノ」君もそこそこ釣ってました。ワタクシも合間に竿を出しましたがわずか1尾に終わりました。得意な釣りなんだけどなぁ。

 

10日(日曜)は九十九里片貝港の正一丸さんから、仲間11人と船を仕立ててアカムツ釣行です。この釣行、1度目は2月の初旬から2度にわたって計画したものですが、ことごとくシケで中止。3度目の正直でようやく出船がかないました。

 

当初は出船も危ぶまれましたが、前日に予報が変わってゴーサインがでたという、冷や冷やものの釣りでした。午前4時半出船で片貝沖。朝のうちはウネリもありましたが、問題なく竿を出せました。

 

詳しいことをもっと書きたかったけれど、当日は本誌の取材を入れてしまいました。詳細は4月1日発売号に前日の取材も含めて紹介します。お楽しみに。

 

と言いながらも自慢話。当日ワタクシが釣った船中最大、デップリ太った1.5キロ級です。半端ない脂の乗りで、炙り、塩焼き、漬けとも絶品でした。

 

当日のアカムツハンターです。この日はなんとオデコなし、トップ○尾が3人という好調な日でした。皆さんお疲れ様、船長にもありがとうです。

 

自宅に戻ってから、そのまま熱海まで走ります。ちょっとした仕事を受けて、この日から2泊3日の取材旅行でした。

 

驚いたのは10日(月曜)。まさか船は出ないだろうと思いましたが、予定どおり7時出船。雨、風、晴れ、風とめまぐるしく天気の変わる一日でしたが、午後3時まで沖にいました。この日出船したところはほとんどなかったみたいです。

 

船から揚がって打ち合わせ→川崎市へと移動。また打ち合わせして翌日は7時出船で14時まで沖にいました。沖揚がりして会社に行ってひと仕事。久しぶりの帰宅は午後6時でした。久しぶりの4連チャン、ああ疲れた。

 

さて、東西のフィッシングショーを終えて以来、満足な休みを取っていなかったので、14日(木曜)から17日まで小旅行に出かけます。もちろん釣りはなし、食べて飲んで寝てのグダグダ旅行ですが、目的もなし、まともな観光もなし、気のあった者たちとの旅行が個人的には大好きであります。それでは皆さん、しばしのお別れです(笑)。

 

タイラバ〜ヒラメ釣り大会

2019-03-04

先週は急な大阪出張がありました。無理をすれば日帰りも可能でしたが、大阪ナイトを満喫すべく梅田のホテルに一泊。新地の高級焼き鳥店〜梅田地下街の韓国料理とハシゴ。とくに後者はディープなエリア、今度行ったときは要チェックです。

 

2日(土曜)はヒラメ大会の前日、兼ねての予定どおり大原港のF丸さんから鉄人T氏と午後釣りのマダイに挑戦です。天気もよくナギで10人の乗船者がありました。ワタクシは例によってタイラバ一筋で大ダイ狙いです。

 

釣り場は岩船沖の60メートル前後、潮もほどよく流れ期待が持たれましたが、アタリはさっぱり。潮が澄みすぎなのですかねぇ、エサ釣りの人にはウマヅラがひっきりなしでした。ただしハタのアタリが結構あって、ワタクシは納竿までに3尾。エサ釣りの方も同じくらい釣ってました。大ダイはやっぱりイワシの中なんでしょうか。

 

納竿してからは大原の居酒屋で前祝い。早めにしめて翌日に備えますが、ちょっと飲み過ぎたかな。

 

3日(日曜)は「第8回いすみ市大原港ヒラメ釣大会」に参戦です。参加者はなんと666名、開会式から熱気ムンムンです。

 

ワタクシはこんなメンバーとH丸の左舷ミヨシに並びます。出船時間あたりから冷たい雨、熱気もいつの間にか冷めてしまいました。

 

見たことのある方もたくさん。末川かおりさんと小野瀬みらいさんです。

 

MCは晴山由梨さん、左の方は今年のアングラーズアイドル松尾智佳子さんです。

 

さて、釣りのほうはというと……、開始から納竿までまったくアタリがありませんでした。左隣の鉄人T氏は4枚も釣っているのだから、明らかに腕の差。確かに苦手な釣り物ですが、雨と寒さもあって最後はほとんど戦意喪失。一から修行し直しですね。

 

同じような境遇の方もこの中にもう一人。まあ、ヒラメ釣りあるあるということで自身を納得させました。

 

今週は金曜日から連チャン取材。金曜アジ、土曜フグ、日曜アカムツ、月曜アマダイ、火曜タチウオと続きます。この中でプライベートはアカムツだけ、にしても……大丈夫なのかワタクシ。

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.