9月, 2011年

ラーメン6題

2011-09-28

久びさにラーメンネタです。この間数え切れないほどの店に行きましたが、外れも多いのが正直なところ。ここに紹介したのは、まずまずワタクシのお眼鏡にかなったものということです。

秋葉原駅の近く、会社から10分ほど歩いた所にある「麺屋武蔵武仁」です。会社の回りにはあと2軒、「巌虎」と「武骨」があります。麺屋武蔵ファンにはありがたい立地条件です。

オーダーしたのは「らー麺、780円」。ほかの人はほとんどつけ麺でした。スープは濃厚、太麺もコシがあって美味でしたが、頼んですぐ出てきたのにはびっくり。

先日、宮本英彦さんの家に行ったあとに寄ったのが門前仲町にある「純風」です。本来は宮本さんおすすめの「こうかいぼう」へ行きたかったのですが、定休日。やむなく寄ったというのが実情です。

オーダーしたのは「らーめん、650円」にネギトッピング100円です。スープは煮干ししょう油、痛風には大敵でしたが、なかなかのお味でした。ここは有名店「蘭丸」がリニューアルした店みたいです。

次は最近、日本で発売なった「辛ラーメンブラック」です。噂によると、韓国で売り上げが伸びす、発売中止になり、やむなく海外で売ろうと画策された商品のようです。

価格は「辛ラーメン」の約3倍、確か購入価格は170円台だったと思います。牛骨スープ、ソルロンタン味が売りのようですが、麺は辛ラーメンそのもの、ちょっとスープが濃厚になったくらいで、それほど代わり映えしませんでした。辛ラーメンは好きなので、もう少し安くなったら買いですね。

会社の近く、地下鉄末広町駅のそば、元「つけ麺一歩」が閉店して、新しく「天想伝 楽」と名前を変えてオープンしました。やはり、この店もつけ麺が主流のようですが、ワタクシは頑なにラーメンです。

オーダーしたのは「醤油らーめん、680円」に辛みトッピング50円です。普通と、中盛選べますが、これは普通盛りです。豚骨醤油のノーマルな味でスープまで完食しましたが、今一つ特長が……。

ラス前はラーメン通ならだれでもご存じ湯島の「大喜」です。この日は平日の12時過ぎだというのに、並びなし。味が落ちたのかなと思ったのですが、期待は裏切りませんでした。

いつもは鶏そばなどの塩味を頼んでましたが、初めて「醤油らーめん、680円」を頼んでみました。後ろに小さく見えるのは「肉めし小50円」です。細麺ストレート、魚介系のやや脂の浮いたスープはなんと言ってもワタクシの好み。塩味よりうまいと感じました。店を出るころには10人くらいの並び、ちょうどいいタイミングだったようです。

最後は自宅近く、環七奥戸陸橋から江戸川寄りに行った所に新しくオープンした「らーめんBOSS」です。以前はカレー屋さん、ランボルギーニ江戸川店の隣にあるので、車好きな方にもおすすめ?です。

オーダーしたのは「BOSS麺、700円」です。醤油味にやや背脂の浮いたさっぱり系、麺は北海道産の小麦100%使用した西山製麺を使用しています。どちらかというとスープより麺で勝負という店ですね。味は好みですよ。ただ、それほど大きくもない店に4人ものスタッフ、手を余していたのが気になります(よけいなお世話か)。

多忙でした

2011-09-25

約10日間、更新しませんでした。すみません。理由を言うなら、多忙、それ以外にありません(無理すればできたけど)。14日の一つテンヤ取材が終わった後は、会社で原稿書き、それ以外は打ち合わせで外出のち飲み会という毎日でした。もちろん釣りにも行きましたよ。それでは順を追って足跡を追ってみましょう。

17日の午後3時まで会社で仕事をしてから千葉の岩井まで走ります。釣り仲間と岩井の居酒屋「みやけ」にて宴会。そのまま泊まって、翌日は金谷からカワハギ乗合にプライベート釣行です。

この日は食いもまずまず。同行のブチさんが良型主体に24枚釣って竿頭。ワタクシは17枚でした。言い訳になりますが、二日酔いと寝不足と歳による体力不足、カワハギ釣りは体調万全でも一日4〜5時間が限界と悟りました。

19日は大原で一つテンヤ塾の手伝いの予定でしたが、台風接近で中止。惰眠をむさぼり、パチンコ屋に寄付金を送った一日でした。

台風15号はすごかったですね。21日夜、新宿に飲みに行こうと思ったら仲間が新宿まで行けないという連絡。やむなく会社に戻って一仕事。そのうち電車が止まったとのことで、編集部員と近くの飲み屋に。

9時を過ぎたところで、まず京成線が動き出したとのことで、京成上野駅まで歩いて行くと写真の有り様。入場規制でホームに入れず、電車の本数もほんのわずか。やむなくバスで帰ろうとしたら、いつまでたってもバスは来ず。今度は大江戸線に乗り換えて両国へ行くと、まだ総武線は動いていません。

やむなく一人で立ち飲みに入ってからラーメン屋。これがまずいのなんので、胸焼けしてしまいました。そのうち総武線が動き始め、なんとか乗れましたが、朝よりひどいすし詰め状態。そんなこんなで家に着いたのは12時前でした。

23日は本誌「ドクモオーディション」最終審査で、館山つりセンターでのカワハギ取材でした。写真を取り忘れてしまったので画像なし。でも、女の子だけの船釣りって、本当に明るくて賑やかでいいものです。船長も「月に1回くらい頼むよ」だって。詳細は10月15日発売号に掲載です。お楽しみに。

翌24日は浦安から釣り仲間が仕立てたイイダコ、シロギスのリレー船です。集まったのは16人、初対面の方もいましたが、皆さんミクシィで名前だけは知っている方ばかりです。

肝心のイイダコは不調でした。私は竿頭でしたが、なんと4杯、その他スミイカ1杯。底荒れしているのか、もともと数が少ないのか……。11時前にシロギス釣りに転向しましたが、ワタクシはしつこくイイダコを狙いましたが、追加はなし。

シロギスはハゼ交じりで順調でした。皆さん、イイダコの不調を取り戻してお土産にはなったようです。

2日間も会社を開けた(連休だから本当は休みなんだけど)せいで、仕事がてんこ盛り。今日(25日)は早朝から会社出勤です。それにしても人使いが荒い会社だ?

3連チャンは疲れます

2011-09-14

9月10〜12日、取材を兼ねた3連チャン釣行を敢行しましたので、その模様を簡単に報告します。

まずは通称「凪倒れツアー」。バスを仕立て、船も仕立てて宮城県塩釜のマガレイ釣りです。8日の夜、横浜や都内で参加者をピックアップして塩釜に向かいます。バスの中では皆さんハイテンションで、とても睡眠などできる環境にはありませんでした。

翌日は6時前に出船して大型魚礁のマガレイ釣り。この日はいつになく良型ぞろい、数も十分で皆さん十分に釣りを堪能されたようです。


塩釜から自宅に帰ってきたのは夜10時ごろ。翌日は3時に起きて平塚に向かいます。本誌、つり丸、釣りビジョンの共同企画、チャリティー釣り大会の取材です。

メインゲストは「関東沖釣り爆釣会」でおなじみ、磯部さちよさんです。釣り物はライトルアー、午前、午後の2便にて行われました。サバを中心に釣果もそこそこで、楽しい釣り会となったようです。

翌日は外房大原港の一つテンヤマダイ、1時半に起きて現地に向かいました。この日は取材項目が多岐にわたるので、初めから午前午後の乗船です。

暑い一日でした。通算で13時間くらい船の上でした。3日間の疲れがドッと出て、30分ほど仮眠もしました。

なんとか取材は成功して、自宅に戻ったのは9時半。久しぶりの爆睡、と思ったのですが、前2日の起床時間2時になると、むっくりと起きてしまうのはどういうわけでしょう。歳を取った証拠ですね。

いまだ疲れは完璧には取れませんが、なんとか仕事はこなしています。週末にはプライベート釣行と取材も控えていますので、それまではまったりと過ごす予定です。

ツネミの展示会

2011-09-08

6日は釣具問屋「ツネミ」の展示商談会に顔を出してきました。ツネミと聞いても、あまりご存じないかも知れませんが、関東周辺ではもっとも大きい釣具問屋です。年に3回くらい、江東区平野にある自社で各メーカーさんがブースを設け、全国の釣具店さんと商談する場を提供しているのです。

メーカーさんのブースと言っても写真(ブリーデンさんです)のような規模、ですがほとんどのメーカーさんが集まるので、さしずめミニフィッシングショーといった感じです。一般の方は入場できませんが、私たちにとってはいい営業の場ともなっています。

この日は本誌でもおなじみの三石忍ちゃんも連れて、いくつかのメーカーさんにあいさつ。立ち寄ったシマノブースでは新しい電動リール「フォースマスター」も展示してありました。

この後は某メーカーに立ち寄り、夜はいつものように居酒屋で宴会となりました。

久しぶりの温泉

2011-09-05

2日(金)は例によって日本釣りジャーナリスト協議会の定例会。今回は当会の相談役でもある服部名人の黙祷から始まり、通夜葬儀の報告や日釣振から海底清掃報告、水産庁釣り人専門官山崎氏から震災保証についての報告がありました。

翌土曜日はどうしてもプライベートで釣りに行きたかったのですが、台風12号の影響でどの船宿も休業状態。そこで知り合いの船長夫婦と釣友1人の計4人で温泉でも入りに行こう、ということになりました。

急きょ、予約したのは館山平砂浦にある「アクシオン館山」です。土曜の宿泊でもすぐに予約が取れたのには驚き。夏休みが終わって、初めての休日でもこんなものなのでしょうか。

布良や相浜へ行くときにはよく前を通っていますが、泊まったのは初めて。こんなに広いとは思いませんでした。プールもありますが、泳いでいる人は見かけませんでした。

4時ごろ着いて、さっそくグビ開始。夕食タイムもグビグビ。部屋に行ってもグビグビで、大変充実した時間を送ることができました。

翌日曜日は8時に宿を出て、10時前に自宅到着。すぐに着替えて11時から池袋にある功雲院という寺で叔母の三回忌に参列。食事会を終えて帰ったのは午後4時前。館山→新小岩→池袋→新小岩の移動は結構ハードなものがありました。

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2011年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.