博多旅行とマダコ取材

2016-07-27

24〜25日の週末は久しぶりに釣りを離れ、友人2人と九州博多の中洲へ行ってきました。もちろん、突然決めたわけではありません、2カ月以上前、この2人と飲んでいたときに「中洲の屋台に行ってみたいね」で決まった話です。結構人気で、7月最終の週末しか予約できなかったと言うわけです。

 

友人がまず「博多ウドンでしょ」で連れて行かれました。なんていう店か忘れてしまいましたが、親父さんが一人で厨房を切り回している昔ながらの店。これはゴボウ天うどん、麺が太くて柔らかめ、ワタクシはウドンよりそば派なので、今一つかなあ。

 

続いて「太宰府天満宮」に行ってみました。名物の梅が枝餅はパス、交通安全と大願成就を祈ってきました。

 

夜からがお楽しみの屋台巡りです。

 

その前に博多市内を流れる遊覧船に乗りました。30分で1000円、バックグラウンドミュージックも付いてお得です。

 

まずはここ。有名店らしく30分ほど並んで入店。

 

名物は焼きラーメンだそうですが、ワタクシには今一つ、麺が軟らかすぎました。

 

2店目に移って通常の博多ラーメン。「粉落とし」とオーダーしたのですが店員に「やめたほうがいい」と言われてバリ硬にしました。

 

3店をはしごしていい気分。まだ10時半でしたが、歩き疲れて飲み疲れてギブアップ。ホテルに戻ってさっさと寝てしまいました。

 

翌日の朝食は朝6時から営業している長浜のラーメン街へ。それにしても朝からラーメンはちょっと重かったかもと思いましたが、ラーメン好きにここは外せません。

 

周辺には「元祖〜」がわんさか。「長浜家」という店もあってややこしいんです。オーダーしたのはラーメン、バリ硬、500円。長浜のラーメンは結構さっぱりしているんですね。朝飯でも十分でした。

 

昼飯は写真撮りませんでしたが、博多駅近くの「やまや」が経営する食堂に。メンタイコと高菜が食べ放題ということで30分ほど並んで入店しましたが、後で聞いたら秋葉原にもあるとのことでガックリ。でももつ鍋は美味でしたよ。

 

それから行く所がないので、空港近くの「万葉の湯」でさっぱりし、7時の飛行機で帰京しました。中洲旅行の感想。屋台のメニューは生鮮品が出せないせいか、おでんを除けば脂っこいものが多いですね。また餃子にしろ、焼き豚足にしろ、タレに交じる酢の分量が多すぎ、しょっちゅうむせてました(辛いのは得意ですが、酢は弱いんです)。でもラーメンは一様に美味、もっと名店を回ってみたいと思いました。今度行くのはいつになるかなあ。

 

26日(火曜)は鶴見の新明丸へマダコ取材に行ってきました。同行はこの方、「ダッシュ海岸」のレギュラーも務めている木村さんです。詳細は8月15日発売号に掲載します、お楽しみに。

 

今まさにお盆進行。毎日社内でキーボードをたたく日がしばらく続きます。まあお盆前までの我慢ですが、1日くらい釣りに行かないと滅入ってしまいます。今度の日曜日だけ、行ってこようかなっと。

 

 


コメントを書く







コメント内容



6 + 二 =

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.