LTアジ〜カワハギ取材(後編)

2018-07-25

本来ならもう一度マルイカ、大ダイ狙ってタイラバなどに行きたいのですが、こう暑いとまったく釣行意欲が湧きません。今週末は台風接近で釣りも難しいかも。涼しい所でのんびりできる釣りでも考えますか。

 

18日(水曜)は富津港の川崎丸さんからタチウオ取材。この日は船長に代わって山Pが出船前のレクチャー、一人前になったもんです。

 

平日でも満船状態、釣れている魚は違いますね。加えてこの日は水深15メートル前後の超浅場、釣りやすいし引きも味わえます。

 

アタリがあっても掛けれない、これが夏タチの特長です。ワタクシも超へたですが、この人は別格でした。64本釣ってダントツ、ワタクシは取材の合閒に竿を出して10本くらい釣ったかな。もちろん、取材は大成功、8月16日発売(お盆進行で繰り下げ)をお楽しみに。

 

帰港してから急いで着替え、入浴を済ませて少しの間仮眠。午後9時に自宅を出発して西伊豆土肥に向かいます。

 

19日(木曜)は土肥港のとび島丸さんから銭洲取材。ワタクシにとって銭洲は10年、いやそれ以上は経っているでしょう、とにかく久しぶり過ぎて、前回がいつだったか覚えていないほどです。午前1時半ごろ出船し、ポイントには6時前に到着です。

 

この日はベタベタのナギ、いやこれほど暑いとは思いませんでした。

 

大物を釣る前にエサ釣り。海面にはムロアジ、イズスミ、モンガラカワハギなどたくさんの魚が集まっています。こんな光景も実に久しぶりです。

 

13時に納竿。帰路は西伊豆の海岸線に沿って走るので、絶景が見られます。釣りは別として、いい経験をさせていただきました。次に行く機会があるのかなぁ。

 

22日(日曜)は小網代の丸十丸さんからカワハギ取材、ダイワの宮澤さんやブロガーの人たちとの仕立船です。

 

まだ本格的なシーズンではありませんが、この釣り場は魚影が豊富。加えて良型ぞろい。皆さん、精一杯楽しんでました。

 

ワタクシも撮影の合閒に竿を出させていただきました。水深も浅く、引きもいいけれど、掛けるのが難しい釣りでした。この模様も8月10日発売号に掲載します。

 

さて、今週は27日に新安浦港で「タチウオパーティ」。台風の影響がなければいいですね。参加の皆さん、よろしくお願いします。


コメントを書く







コメント内容



7 − 二 =

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.