カワハギ〜ヤリイカ

2020-11-20

テレワークもやってはいるのですが、自宅でパソコンに向かうのはどうしても集中に欠けます。コロナの第三波到来で、これからテレワークの機会はもっと増えるはず。ブログ更新もこまめに行っていこうと思います。

 

11月8日(日曜)は南房洲ノ崎の早川丸さんからカワハギ取材です。日曜日、釣果も急上昇で乗合2隻はほぼ満船、といいつつもソーシャルディスタンスはしっかり保っています。

 

主役の方はしっかり釣ってくれて17枚の竿頭。一段落してワタクシも竿を出しましたがわずか4枚。ウ〜ム、これは納得できません、本気で釣らないと皆さんに取り残されてしまいます。少しばかり危機感を味わったカワハギ釣りでした。

 

10日(火曜)は三浦半島剣崎松輪港の成銀丸さんよりまたもカワハギ取材です。主役の鈴木新太郎さんはなんと1年半ぶりのカワハギだそうですが、船中1枚目をゲットしてました。

 

同行は晴山由梨さん、カワハギ釣り大好きとあって調子よく釣っていました。ワタクシも早ばやと取材を済ませて釣りに参戦。この日はなぜか手が合って、トップの方にあと1枚まで迫りました。やっぱりカワハギはおもしろい、今までなぜプライベート釣行していなかったのかと後悔してます。いずれの模様も12月1日発売号に掲載します。

 

14日(土曜)は以前から約束していた釣り仲間と南伊豆下田ツアーの始まりです。初日は仲間2人とアカハタ、ワタクシはタイラバとエサ釣りで挑戦です。前回夏に来たときはアカハタパラダイス、さて今回はいかがなものでしょう。

 

前回、まさに入れ食いだった神子元島周りは激流のような潮、釣りづらいうえ、食いも今一つでした。そこで船長は須崎沖の潮が緩い25メートルダチのポイントへ移動、ここから釣果が上向いてきました。

 

乗船したBT丸の女将も同船し、一つテンヤでバリバリ釣っていました。

 

タイラバもエサ釣りも同じように釣れましたが、この日はエサ釣りのほうに良型でした。どんな釣り方でも釣れるし、アタリが多いので飽きません。こんな釣りがワタクシには合っているようです。

 

当日の釣果。25センチ以下はリリース、他に良型カサゴなど、手前は1キロ以上ある大型。これだけ釣れば大満足です。

 

その日は地元の民宿に泊まりましたが、7時台にはもうバタンキュー。朝早かったからねぇ。

 

翌日は仲間8人が集まってキンメ仕立船です。ワタクシ、この釣りが苦手、掛け枠から仕掛けを出すのが怖いんです(かつて指を引っ掛けた経験があるから)。それでも行くのは食味につられてのこと。今回は船宿のオールレンタルなのでクーラー一つでの乗船です。

 

この日はよい日にあたったようです。大型を交えて多点掛け連発。ワタクシはといえば、投入ばかりに気を遣ってその後の作業がおざなりでした。

 

それでも船中最大の2キロオーバーを交えて7枚は上出来。持参の35リットルクーラー(これより大きいのは持っていないので)は満杯でした。久しぶりの下田釣行、狙いの両魚とも釣れて言うことなし、帰宅してからの刺身、シャブシャブも格別の味でした。

 

19日(木曜)は三浦半島剣崎間口港の喜平治丸さんからヤリイカ取材です。詳細は12月15日発売号にて掲載します、今はまだ言えませんが、これ必読です。

 

さて、明日から3連休。一日は取材、残る二日をプライベート釣行にあてる予定。これから年末までカワハギ強化月間です。


コメントを書く







コメント内容



× 五 = 35

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.