謎の大ダイ その他

2021-05-07

どうやら緊急事態宣言が月末まで延長されそうですね。取材などにも影響が出そうですが、とりあえず感染対策を万全に許される範囲で釣りを楽しみたいと思っています。

 

さて、いきなりマダイの写真です。とある取材中に釣った大ダイ、詳細は本誌5月15日発売号に掲載しております。はてさてこの大ダイの正体は……。

 

4月21日(水曜)は茨城県鹿島港の幸栄丸さんからフグ取材です。ワタクシは単なるお付き合いでした。

 

主役はこの方。中大型主体にバリバリ釣って、高級ゲストもゲット。詳細は5月15日発売号をご覧ください。

 

23日(金曜)は三浦半島剣崎間口港の喜平治丸さんよりマルイカ取材です。

 

この日はマルイカの群れ濃く、ワタクシ以外の乗船者全員ツ抜け、トップは主役の方で45杯でした。これも5月15日発売号にて。

 

釣りが終わってそのまま内房勝山港まで走って夜ムツ乗合に乗船です。

 

この日は翌日から出船する乗合のポイント調査。9人の乗船であちこちのポイントを探りながら4〜15尾、ワタクシは8尾でした。翌日からはまずまずの釣りが続いているようで、今後が楽しみです。それにしても連チャンは疲れました。

 

25日(日曜)は釣り仲間のKさんに誘われて、剣崎間口港からベニアコウ仕立に乗船です。もちろんタックルも仕掛けも持っていないのでKさんにお借りしました。

 

ご存じのように、この釣りはオデコ覚悟。そのとおりまったくのオデコでした。3人で船中3キロ級が1本、まあこんなものでしょう。知り合いに15回連続オデコの方もいますから。

 

GW突入、とともに緊急事態宣言の発令です。ここからは控えめに紹介していきます。1日(土曜)は外房大原港からマダイ乗合です。久しぶりのタイラバ、気合を入れすぎたか空回り。前日のシケが裏目に出て、船中でも数えるほどしか上がりませんでした。ワタクシはマダイボウズ、いよいよワタクシのツキもこれまでのようです。

 

2〜3日は実家に帰省。久しぶりに九州在住の妹も帰ってきて、墓参りしたくらいでした。

 

4日(火曜)はAさんのライトアジ仕立にお付き合い、金沢漁港からの出船でした。プライベートのアジ釣りは久しぶり、本気になっちゃいました。

 

あっという間に11時の納竿。釣果は30尾と少し、もう少し型がよければと思いましたが、これだけ釣れば十分でしょう。さっさと港をあとにして、明日の釣りに備えます。

 

GW最終日は九十九里飯岡港からアカムツ……の予定でした。港に着いて受付して、船に乗ってキーパーをセットしたところで船長から出船中止のお言葉。確かに南西風が10メートル以上吹いていましたから、まあ妥当な決断でしょう。さっさと帰ってて寝直しでした。

 

さて、これからは取材メインの釣行になりそうですが、8日にプライベートでマダイ&ヒラメ狙いで釣行の予定。ここで一発大ダイ、大ビラメが釣れればツキが戻ってくるはず。期待してお待ちください(笑)。


コメントを書く







コメント内容



× 3 = 二十 一

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2021年9月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.