10月 12th, 2011年

2連チャン→DKO

2011-10-12

3連休も釣り三昧でした。つくづく好きだなあ、と我ながら思う今日この頃です。それでは順を追って紹介しましょう。

8日は勝山からカワハギ釣りでした。DKOのプラというわけでもなく、ちょっとした所用もあり、プライベート兼打ち合わせといった感じの釣行でした。ところが、前日の仕事が押せ押せでほとんど睡眠時間なし、終日寝ぼけ眼での釣りでした。

釣果は24枚。トップで36枚で中の上といったところ。釣果のほとんどが宙釣り、この味をしめると底の釣りが壊れてしまうのが辛いところ。本番前によけいなことをした、となるかもしれません。

翌日は釣り仲間4人と飯岡から一つテンヤでした。このところ釣果がいいせいか、船は満員。案の定、予想を上回る釣れっぷりでした。0.5キロ級が中心でしたが、20メートルの浅場で釣るマダイの引きはとても楽しいものです。船中では2キロ級、ワタクシも1キロ級を頭に9枚。放流した数を足せば20枚以上、釣ってました。

終盤には同船者が2キロ近いトラフグを。これを見て一気に燃えましたが、後続はありませんでした。釣った方は大喜び、ワタクシは指をくわえて「あの〜さばいてあげましょうか」。あわよくばおこぼれをという魂胆、意地汚いですね。

10日はゆっくり休養を取って(といっても夜12時まで飲んでましたが)、11日はDKOのC予選、久比里の山下丸です。以下はフォトアルバム風に紹介します。

予選3日目、5隻約100名の参加、各船上位3名までが準決勝に進めます。ワタクシはD船、釣り座は左舷胴の間、くじ運は今一つです。

大塚貴汪さんは審判委員長。朝は義援金の受付係でした。

優勝候補、本誌でも度々登場している鈴木孝さん。もちろん、トップ通過でした。

小堀友理華さんは4日間、大会のMCと審査員として乗船していました。

柳沢葉子さん。女性ではスゴ腕のカワハギ釣り師ですが、あと1枚に泣き、船中4位でした。

おなじみ、永田文生さんも同じ日でした。さすが、この席で3位通過です。

写真家、豊田直之さんは同じD船でした。大ドモの好位置に座ったもののあと一息。

釣り場は竹岡沖。この日はやや食い渋ったようです、ワタクシの参戦記はいずれ本誌かブログにて紹介します。取り急ぎ、落選報告まで(笑)。

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2011年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.