2月 12th, 2015年

マルイカ惨敗

2015-02-12

ショーの日程がすべて終わってのんびり気分、と言いたいところですが、2月は28日までしかなく締め切りは押せ押せ。一段落つくのは来月になってからでしょうね、休みを取って温泉か飲み歩き旅行にでも行きたいなあ。ということで、まずは取材釣行の模様から。

 

10日(火曜)はカサゴ取材で金沢八景の新修丸さんへ行ってきました。内房から南房方面では西風で出船を中止したと言いますが、観音崎沖は無風ベタナギの釣り日和。予報のせいか、釣り客も総勢5名と少なかったですが、カサゴは釣り客を裏切りません。皆さんおみやげを十分確保していました。詳細は3月1日発売号にて。

 

家に帰ってからパソコンをのぞくとマルイカ釣れ出すの報、おまけに明日は休日じゃありませんか。すぐに釣り仲間を誘って南房太海港のS丸を予約。急いで釣り部屋からマルイカ仕掛けを取り出し、釣行準備です。久しぶりのマルイカにウキウキ、ろくすっぽ寝ないで5時半には船宿に到着です。

 

数日前の試釣では束釣りも可能かという釣れっぷりで、この日は満船の14名が乗船。6時、小湊沖の80メートルダチで釣り開始です。ところが、1投、2投……音沙汰がありません。3投目にようやく掛けたと思ったらヤリイカでした。

 

8時ごろに船中初めてのマルイカが釣れ、よ〜しこれからバリバリタイムと思ったのですが、ポツリポツリのまま。1回だけ連チャンした流しがありましたが、消化不良のまま11時半の納竿を迎えてしまいました。ワタクシはヤリイカ2杯、マルイカ6杯、同行者はヤリ3杯、マルイカ4杯でした。一人だけ14杯釣った方がいましたが、その他の方はほとんど2ケタ釣れなかったでしょう、たぶん0もいたと推測されます。

 

初期は不安定なのはこの釣りの常識ですが、ここまでムラがあるとはねえ。でも、海はナギでポカポカ陽気、久しぶりのマルイカはそれなりに楽しめました。後で聞いたところによると、館山沖や亀城根でも釣れだしたようです。大好きなマルイカが始まっただけで幸せ、これからあちこちへ釣行することになるでしょう、楽しみが増えました。今週もどっかに行っちゃおうかな。

 

帰りは勝タンを食べようということで、128号線をを北上。ちょっと脇道にそれて勝浦の山道にある中華料理「来々」へ、初めての入店です。メニューを見て驚きました。どれも格安料金、もっとも高額なのが勝浦タンタン麺650円(ちなみに餃子は300円)です。ワタクシは激辛、麺硬でオーダーしました。タマネギのほかにニンニクと挽肉が入ってます。もっと辛くしてほしかったなあ、味はまずまずでした。お近くに釣行の際はぜひ。

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.