3月 17th, 2015年

元気に3連チャン

2015-03-17

先週末はなんとか天気が持ちましたね。おかげさまで取材2回、プライベート釣行1回、工場見学(?)1回を無事にこなしました。ちょっとハードだったけど、好きな釣りをやってると疲れも吹っ飛びます。

 

まず12日(金曜)は南房太海の聡丸さんからマルイカ取材です。主役はMさん、渋い中なんとか17杯を釣ってトップになってくれました。ワタクシは後半2時間くらい竿を出させていただきました。ニュータックルの使い心地はまずまず、ちょうど竿を出したタイミングもよかったかもしれませんが、合計10杯釣れて満足。小湊沖で初めての2ケタ釣りを達成しました。

 

翌14日(土曜)は葛西橋の第二泉水さんからライトアジの取材です。この日も絶好の釣り日和、釣り場の小柴沖にはイシモチ乗合を含めて、満員の釣り客を乗せた船団がありました。こういう光景を見るとホッとしますね。

 

アジは中型主体でしたが、一度も移動なし。出船から納竿まで釣れっぱなしでした。ワタクシもちょこっと竿を出して30尾ほどを釣りました。水温はおそらく10度くらい、でもアジは釣り人を裏切りません。まさに手本となるべきターゲットですね、ほかの魚も見習って欲しいものです。いずれも4月1日発売号で紹介しますのでお楽しみに。

 

釣れたアジはすべてアジフライにしました。ひとくち食べてびっくり、身の部分が口の中でとろけてしまいます。まさに絶品、もう少し釣っておけばと後悔します。近いうちにもう一回行ってこようかな。

 

翌15日(日曜)はプライベートで長井のK丸さん、2週連続のマルイカ釣行です。前回の屈辱をと思いましたが、土曜日の釣果は0〜4杯。それを聞いて、型を見られればいいわ、に変わりました。この日は釣り仲間7人と一緒、乗船客は13人ですので、ほぼ仕立船状態です。写真はスターティングメンバーです。D社、Y社のハダカ系をメインに組みました。

 

ワタクシは左舷ミヨシ3番、2番には勝山のマルイカ名人K君、1番にはA氏が座ります。釣り場は最初亀城根周辺の70メートル前後でしたが、乗りは今一つ。移動時間ばかり長く、本当にポッツラポッツラです。業を煮やした船長は城ヶ島沖へ転戦。ここで何杯か乗せることができて、K君とともにトータル9杯でフィニッシュ。トップは10杯ですからまずまずでしょう。写真左から2番目のスッテが活躍してくれました。

 

翌16日(月曜)は大原の若手船長中心メンバー15人とともに栃木市にあるクレハ合繊の工場見学に行きました。船長たちはマイクロバスで朝5時に出発、ワタクシは7時に自宅を出発して特急電車、現地には9時半集合。

 

午前中で見学を終え、船長たちはイチゴ狩り〜温泉へ。ワタクシは引き続き工場内で詳しく見学。いい勉強になりました。いずれ誌面で紹介しますのでお楽しみに。「シーガーのハリスはやっぱりすごい」が船長たちの一致した見解、メーカーさんもお喜びのようでした。夕方からは担当者の方たちと栃木駅近くの居酒屋さんでいっぱい。8時半までたっぷり飲んで最終の特急電車に乗って帰宅となりました。一部の方は翌日まで居残り、芝刈りに行ったとさ。

 

ハードな4日間でしたが、適度に遊んで、たっぷりと睡眠時間を取ったので意外に元気。でも家にいるときは食って寝るだけで会話もなし、いつの間にか息子は大学の卒業旅行とかでヨーロッパに旅立っていたのでした。

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.