8月 23rd, 2016年

夏休み3連チャン釣行

2016-08-23

19日(金曜)に休みを取って、結局21日(日曜)まで3連チャン釣行を敢行しました。かなり無理があったけど、なんとかこなしました。というよりとても楽しい夏休み釣行となりました。

 

19日(金曜)は釣り仲間3人と金沢八景のB屋さんからタチウオ釣行です。K船長は7月にB屋の4代目を襲名、皆さんもぜひ応援してあげてください。

 

タチウオは平日でも大人気、当日も20人近い乗船者でした。私たちは左舷ミヨシから並んで座ります。もちろんワタクシは定位置の胴の間。釣り場は第二海堡周りの40メートル前後ですが、潮が速いので60号オモリで釣ります。

 

前半は釣れました。仕掛けを下ろすとほぼアタリがありますが、もちろんすべては掛けられません。それがまたおもしろいところ、釣り仲間も掛け損ねては「あ〜っ」の連発。11時ごろにはツ抜け達成でひと安心。

 

終盤は移動の繰り返しでしたが、ポツポツと釣って1時半に納竿。トップは20本、私たちは10〜15本くらいでした。まあこれだけ釣れれば土産には十分、飽きない程度に釣れてくれました。そのまま館山の友人宅まで走って宴会です。

 

20日(土曜)は釣り仲間と夜ムツの仕立船。その前にカツオやカワハギに行く人もいましたが、ワタクシはじっくり休養とばかり、館山市内にある「里見の湯」で温泉と昼寝。夜釣りに備えます。

 

15時半に勝山港集合。土曜日のムツ乗合はプラチナチケットですが、この日の仕立船は2カ月ほど前に予約を入れてあります。メンバーもこの日がくるのをとても楽しみにしていたようで、準備万端、釣る気満々です。

 

抽選で引いた席は右舷ミヨシの特等席。15時半に出船して、1時間ほど走った洲ノ崎沖で釣り開始。明るいうちはポツポツでしたが、暗くなってからムツの本領発揮。真っ暗になってからバリ食いです。

 

早ばやと20尾となったところで、クーラーはいっぱい、あとはのんびり釣って、納竿30分前には竿をしまいます。それでも27尾で同点トップ、よほど釣り座がよかったんでしょうね。当日は雨も降らず、ベタナギの釣り日和、涼しさとも相まって実に快適な釣りでした。今度はいつ行こうかな。

 

12時半に港へ戻って、そのままM丸さんの宿泊所へ行き、シャワーを浴びてバタンキュー。4時に起きて金沢漁港へ向かいます。睡眠時間わずか、ちょっとハードすぎたかな。

 

21日(日曜)は「第15回金沢漁港シロギス釣り大会」で、ワタクシは選手兼取材者で同港の蒲谷丸2号船に乗船しました。嵐の前の静けさか、天気は上々、風一つありません。ワタクシは左舷ミヨシ2番でしたが、日陰になる胴の間に座ればよかったと後悔しました。

 

8時に36隻の船が一斉にスタート、これは勇壮な眺めです。当船は中ノ瀬の15メートルダチで釣り開始となりました。始めのうちは元気に釣っていたのですが、昼近くなって太陽がジリジリと肌を焼くようになってからは操舵室にこもりがちとなります。とにかく暑かった。

 

そんなていたらくでは釣れるはずもありませんが、1尾の全長勝負なので、奇跡を信じながら納竿の1時までだらだらと釣っていました。30尾くらいは釣りましたが、最大22センチでもちろんカスです。

 

港に戻ってから表彰式。詳細は9月1日発売号に掲載しますので、そちらをご覧ください。暑さにやられ、睡眠不足でもあったので。抽選会はパスしてさっさと帰りました。

 

ちょっとハードなスケジュールでしたが、楽しい夏休みでした。今週からはまたも取材攻勢、9月になると大会ラッシュ。プライベートで釣りに行ける日はそんなにありませんが、海に出られるだけでも満足、としておきましょう。

 

 

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.