釣り復帰

2015-07-06

義理の父親が他界して、少しの間釣りを休んでおりましたが、7月1日より再開しました。まあ、自分にとってはいい休養になりましたが、何も用事のなく、することもない一日というのがいかに退屈かというのを改めて感じました。そろそろ釣り以外の趣味も見つけないといけないのかと思っています。

 

1日(水曜)は終日雨の天候でしたが、仕立船なので日程変更できません。剣崎松輪港の佑幸丸さんからルアーカマスの取材でした。小型ボートに乗って港前の浅場を狙います。今まで遊漁で狙える船はありませんでしたが、佑幸丸さんが先陣を切って始めたのです。

 

たくさんの大型カマスが釣れました。何本か持ち帰って塩焼きと炙り刺しでいただきました。脂たっぷり、本当においしい魚です。この模様は7月15日発売の「実釣見聞録」に掲載します。おもしろい釣りでした、とくにルアーファンならハマる要素十分です。お楽しみに。

 

2日(木曜)は釣りビジョンの「釣りステーション」に出演です。すでに土曜日に放映されてしまったのでご覧になった方もいるかもしれません。いつになく緊張して口がよく回りませんでした。やっぱりテレビは苦手です。

 

11日(土曜)は久しぶりのマルイカへ行ってきました。船は内房勝山港のM丸さん、2隻出しの盛況でした。ワタクシは右舷ミヨシ2番の好釣り場、釣り場は館山〜富浦沖の40〜50メートルでした。この日のために特製スッテを用意して臨みましたが……。

 

触りはたくさんあるんですが、なかなか掛けられません。せっかく掛けてもバラしてばかり。ダメですね〜。この日はあまり乗りもよくありませんでしたが、トップ35杯に対してワタクシ16杯。上位の方はゼロテン釣法、やっぱり強いですね。今後ワタクシのような宙釣りは徐々に少なくなってしまうのかも。

 

12日(日曜)は上州屋マダイ釣り大会で、ワタクシは以前から予約していた利永丸に乗船です。この日も完璧な雨予報、朝から強い雨が降っており、釣り意欲をそぎ落としてくれます。参加者は400名オーバーというビッグな大会、皆さん気合十分で雨も関係ないみたいです。

 

釣り場は太東沖の20メートル。海はナギでしたが、始めのうちは潮が流れず外道のアタリもありません。50メートルダチの深場も狙いましたが不発。10時まで釣って船中25センチ級のマダイが1枚で、これが船中優勝となってしまいました。ちなみにワタクシは優勝のマダイより大きいサイズを2枚釣りましたが、いずれも尾ビレがピンクのハナダイ。ゲストを含めて数では一番釣りましたが、今回もワタクシらしい結果に終わったのでした。総合優勝は5キロオーバー、釣る人は釣るものですね。

 

さて、そろそろマルイカも終盤戦。プライベートで行くのもあと1〜2回でしょう。いいタイミングでタチウオも釣れ出し、カワハギもシーズンインとなります。以前にも増して釣行機会は増えそうです。

 


コメントを書く







コメント内容



8 − = 一

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.