結婚祝いのイカ釣り仕立船

2011-02-28

2月26日は釣り仲間KちゃんとYちゃんの結婚祝いを兼ねたイカ釣り仕立船に行ってきました。船宿はおなじみ、内房勝山港のM丸さんです。2人とも同宿の常連でもあり、16人ものメンバーが集まりました。

ところがこの日は北東風が10メートル以上吹き付ける大シケ。釣り場に着くまではまるでジェットコースター状態。通常なら出船中止かもしれませんが、昼前からナギるとの予報だったからです。

ウネリは軽く2メートル以上、別船の乗合船も安全運転で走行しています。

まずは洲ノ崎沖の釣り場に着いて合図が出ますが、釣り始めたのは左舷2名、右舷4名のみ。皆さんこのウネリでは釣りにならないと、操舵室でおしゃべりしながら見学です。このあたりも仕立船らしい船上です。

予想どおり、昼前から徐々に風は収まってきます。あれほどの大シケから嘘のようなナギ、これだから海は分かりません。午後からはいつものような楽しいヤリイカ釣りになりました。

この日は大会形式で釣ったイカの総数で1〜8位までに賞品が出ます。失敗したのは持参したリール、糸巻き量が250メートルしかなく、オモリが底に着かないという事態が何度もありました。それでもワタクシは20杯で5位に入り、ぷらりのトレーナーをいただきました。ちなみにトップはこの日の主役、Yちゃんの30杯でした。

この日の参加者です。M丸に行ったことのある方は見たような方ばかりだと思います。お疲れ様でした。

釣りが終わってからは楽しい宴会の始まりです。乗船者のうち、参加されたのは7名、これに船長3名とその家族です。「やみぞ」は勝山でも知られた魚介料理の店。釣ったヤリイカも持ち込んで刺身にしていただきました。

最後は近くの中華料理店「幸徳」のラーメンで締め。釣って、飲んで、食べての楽しい一日でした。

ワタクシ以外は全員翌日も釣り。船着き場に見送りに行ってから帰ろうかと思いましたが、起きたのがちょうど出船時間の6時。あいさつもできずに帰宅したのが、少しだけ心残りでした。


コメントを書く







コメント内容



5 × = 五

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.