下田のキンメ旅

2017-05-26

このところ取材にしてもプライベートにしても「チバラギ」か、行っても相模湾まで、伊豆下田を訪れるのは数年振りでした。竿を出す予定はないので前日から電車釣行、宿泊は下田のホテル、帰路はスタッフの車という、まさに旅気分の取材釣行を満喫させていただきました。

 

乗船したのは下田須崎港の番匠高宮丸のキンメ乗合。ワタクシは小澤船長が高校生の時分からの知り合い、なのにかわいい奥さま「のりたまちゃん」とは初めての体面でした。当日は仲乗り役としても乗船し、しっかりキンメを釣ってましたよ。

 

主役は鉄人Tさん、良型キンメもたっぷり釣れて取材は大成功。ワタクシも2枚のキンメをご相伴にあずかり、煮付け、刺身、アクアパッツァで堪能しました。やっぱり下田の地キンメはうまいなあ。詳細は6月15日発売号に掲載します。

 

さて、わざわざ下田まで来たのだから、帰路はお土産ツアーです。ここに紹介したものはワタクシの一押し。ぜひとも参考にしてください。第1弾は鉄人Tさんおすすめ、国道に何店舗もある土産やさん「徳造丸」で売っている「秘伝の煮汁」650円。さっそくこれで煮付けを作ってみましたが、やや甘めながら味はグッド。650円はチト高いかも。

 

続いては伊豆高原の国道沿いにあるわさび漬けの専門店「丸山園」で、ここはのりたまちゃんのおすすめです。ワタクシはわさび漬けが大好き、それも大辛が好みですが、この製品(1パック500円)は見事期待に応えてくれました。風味もたっぷりで、さすが手作りの味です。

 

最後に寄ったのが伊東の海岸通り沿いにある「魚吉ひもの店」のイカの口(1皿8本入り540円)。もうここは何十年となく、伊豆取材の時には必ず購入する定番土産です。特長はカラストンビを取ってあるので、軽く焼くだけの食べやすさ。ジュルッとしただし汁と香ばしさがたまりません。ただ、ゴウドウイカの大粒とスルメイカの小粒の2種類があります。もちろんおすすめは後者です。

 

今週末は1日だけ、プライベートでマルイカへ行くつもり。月曜日からは東北取材が待っており、すでに頭は大ダイでいっぱい。初めての地でのタイラバ、とても楽しみです。朗報を待て!


コメントを書く







コメント内容



× 6 = 三十

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.