MPP〜タチウオ取材

2017-06-29

遅くなりましたが、MPP(マルイカペアパーティー)からの報告です。まあ、だれも期待はしていなかったと思いますが、今年もだめでした。ペアはいいんだけど、運がなかったということで言い聞かせています。

 

24日(土曜)は三崎港のうらり岸壁前に集合。5時の時点では200人の参加者はほぼそろっていたと思います。皆さん、いつも早い!

 

開会式を終えて6時過ぎには一斉に出船。ワタクシは抽選で大松丸のトモ4番、3番がペアの忍です。

 

2人の作戦は「数より型」限定、そろってブランコ仕掛けに5〜7センチのスッテ使用です。朝のうちはポツポツきて、これは軽く2ケタ、そのうち大型もくるだろうと気楽に構えていました。

 

右舷トモにはカワハギが得意なW君、ミヨシ方面には船中1位のYさん夫妻もいました。ワイワイ楽しく釣って、競技会というイメージはまったくなし、いつものマルイカ乗合でしたよ。

 

まあ、そんな釣りでしたから結果は推して知るべし。我われは3杯合計322gで32位、飛び賞もなしのカスに終わりました。ワタクシは所用のため、途中で表彰式を抜け出して、田舎(秩父)まで一直線。東名海老名から初めて圏央道を走りましたが、便利になったものと感心。約190km、3時間ほどで着いちゃいました。

 

26日(月曜)は雨の取材でいいところなしだった21日の再撮でまたも金沢漁港の忠彦丸です。21日の翌日から釣果が急上昇したせいか、平日なのに16人もの乗船者でした。

 

主役のツッキーはもちろん竿頭、いい取材になりました。詳細は7月15日発売号までお待ちください。ワタクシも最後にちょこっと竿を出して3本。初物なので持ち帰り、刺身と塩焼きでいただきました。

 

29日(木曜)は三度金沢漁港です。釣りの取材ではなくヒラメとメバルの稚魚放流の取材。金沢小学校と関東学院付属小学校の生徒さんを招いての放流事業でした。

 

定休日を利用してのイベントなので、漁港の船長さんも総出でお手伝い。こうした努力の積み重ねで我われの釣りも成り立っているのですよ。

 

さて、今週の2日は外房大原で「一つテンヤマダイ釣り大会」にエントリーしてます。この大会は1枚の最大重量で勝敗が決まります。もちろんワタクシは優勝を狙っていますが、最近はタイラバばかりでテンヤはやっていません。まあ1枚デカイのを釣ればいいのだから、なんとかなるでしょう。参加の皆さんは当日、お気軽にお声がけを。

 


コメントを書く







コメント内容



五 − = 1

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.