4+2連チャン+1

2017-11-28

表題の意味、分かりますか? 4連チャン釣行して2日空けて、2連チャンして1日空けて、また1回釣行したという意味。つまり10日間で7日、船に乗っていたわけです。長い釣り人生でも初めてのこと、もちろん取材とイベントとプライベート釣行が重なってしまった結果です。われながらよくこなしたと思っています。

 

ブログを更新する暇もなかったので、一挙に紹介します。ちょっと長いよ。

 

17日(金曜)はご覧の方と金沢八景の新修丸さんからカワハギ取材です。連チャン初日は絶好の釣り日和、カワハギもいい感じで釣れてくれました。

 

もちろん、この方がダントツのトップで35枚。ワタクシは10時ごろから竿を出して20枚釣らせていただきました。ワタクシにとっては鬼門の竹岡沖、今シーズン初挑戦でしたが、後半は宙でバリバリ。こんな竹岡沖なら何度も行きたいと思っちゃいました。詳細は12月1日発売号にて。

 

18日(土曜)は金沢八景の弁天屋と野毛屋さんで行われた「東京湾タイラバカップ」に参戦(写真は鉄人T氏と黒川船長)。タイラバの大会としては関東で初めての試み、ワタクシは野毛屋さんの右舷ミヨシ2番の席、これは行けると思ったのですが……。

 

タイラバには少し自信があったんですが、なんとアタリ一つありませんでした、惨敗です。もう少し勉強しないとなあ。この模様も12月1日発売号にて。

 

19日(日曜)は恒例のカワハギ大会、「新米杯」に参戦です。参加者はなんと約350名、カワハギだけの1ディ大会としては最大級のイベントです。ワタクシは抽選で一義丸の右舷大ドモという特等席を引き当てました。船1は米30キロ、もらったも同然と意気込みましたが……。

 

ところがこの日はミヨシ有利な展開。トモは潮ケツでアタリも散発、結局最後は竿を置いて飛び賞狙いとしましたが、18枚は何も引っ掛からず。抽選にも外れて、市場でマグロを買って帰るハメとなりました。

 

20日(月曜)はご覧の2人と、南房江見太夫崎港の渡辺丸さんからアカムツ取材です。この日で4連チャン目、多少疲れてきたので、ワタクシは途中からトモで置き竿釣法とします。

 

でもきちゃったんですねぇ。なんと47センチのアカムツ、本当に嬉しかった。結局この1尾だけでしたが、海の宝石、超高級魚、不満はまったくありません、極上の炙りをいただきました。

 

21日(火曜)は外房のヒラメ取材で港まで行ったのですが、北東の強風が吹き荒れており、船長やゲストの方がたと相談して中止に。いったん家に帰って会社で仕事してました。5連チャンにならず、心の中ではホッとひと息。

 

23日(木曜)はシマノステファーノグランプリ剣崎予選です。予選会としては最後のチャンス、何がなんでもの気持ちで会場入りしましたが、土砂降りの雨と強風で早くも諦めムード。普通の釣りだったら、絶対乗りたくない天候でした。

 

この模様は年末発売の拙稿連載に書きますが、ご存じの方もいましょう、なんとかギリギリ決勝に進むことができました。6日の決勝大会に参加される方、お手柔らかに(またも取材兼なのでたぶんカスでしょう)。

 

24日(金曜)は21日のリテイクで外房太東港の勘栄丸さんからヒラメ取材です。同行は佐藤花音ちゃん、イベントなどでは会っているけど、釣行は本誌ドクモ取材以来だから何年ぶりかなぁ。相変わらずおきれいです。

 

これはゲスト。ちゃんと本命は釣ってくれるわ、竿頭にはなるわで取材は大成功。これは12月15日発売号での掲載となります、お楽しみに。

 

25日(土曜)は所用のために実家の秩父へ帰省。見晴亭でうまいラーメンを食べ、滅多に手に入らない「イチローズモルト」2本を仕入れ、日帰りで戻りました。

 

26日(日曜)は久しぶりのプライベート釣行。どこで何を釣るか迷いましたが、結局大好きなマダイ釣りに決定。外房大原港のA丸さんからタイラバでチャレンジです。

 

初めのうちはいいナギでしたが1時間もすると南西風が強まって、そのうち15メートルを超える強風に。釣りにくかったけど、なんとかマダイ4枚を釣ることができました(ちなみにこの写真はタイラバカップのものです。強風でカメラ出せませんでした)。

 

とまあ、こんな調子で7回の釣行を終えました。連チャンは睡眠時間が取れないことが疲労の原因です。ワタクシは夕飯を食べたらすぐに寝る(8時前後)ようにしていたので、それほどの負担ではありませんでした。でも歳が歳、あとからジワジワ疲れがくるかもなあ。

 

さて、また釣行が続きます。29日はヤリイカ取材、2日は東京湾カワハギバトル、3日は茨城県でマダラ釣行。まあ4連チャンしたことを考えれば軽いもんです……右肩が痛くてたまらんわ〜。


コメントを書く







コメント内容



六 − 3 =

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.