マダイづくし

2019-06-28

『つり情報』7月15日(7月1日発売)号が間もなく発売されます。

前回お伝えしたとおり、洲ノ崎沖のタイラバで忘れられない釣りを味わった模様がカラーグラビア4ページにわたって紹介されております。ぜひともご覧ください。これは2枚目の5.8キロ、もう一枚も5.3キロあります。もうこんな釣りは一生ないかも……。

 

さて、いつもの釣り日誌です。22日(土曜)はプライベートで内房勝山港のM丸さんのマルイカ乗合に乗船しました。と言っても狙いはマルイカではありません。内房で釣れ始めたマルイカポイントにハモノが居座っているとの情報を得たからです。

 

そこでワタクシは前日入りして右舷のトモを確保、船長の許可を得てタイラバの仕掛けを出すことにしました。当日は大型船に片舷7人ずつ、迷惑にならぬようタイラバは90〜100グラムを使います。

 

館山沖60メートルダチのポイントに着き、さっそく巻き巻き。しかしながらタイラバが底に着いて1往復したところで「上げて」の合図。マルイカは移動が速いようで、船が落ち着きません。

 

3度目の流し替えのとき、「上げて」の合図とともに初めてのアタリがきました。皆さんの仕掛けが上がったあとのヤリトリ、ご迷惑をおかけしてます。

 

上がったのは2.5キロ。狙いどおりの一発にしてやったりです。でもこれは序章に過ぎませんでした。続いての投入でもアタリがきて、上がったのは1キロを超える特大キントキでした。そして1時間後に3度目のアタリがきて、今度は1.5キロ級の食べごろサイズ。

 

この間、マルイカの乗りは今一つ。皆さんがそろそろだらけてきたので、船長は大きく富浦沖へ移動。ここはハモノが少ない所で、ワタクシにとっては残念ですが、懲りずに巻き巻きを繰り返します。

 

ところが、富浦沖はマルイカの乗りがさらに悪く、1時間ほど粘って再び館山沖に戻ります(わ〜い、と喜んでいた)

 

するとまたまたきました、マダイのアタリ。当日一番の重量感で3枚目となる2.7キロを釣り上げました。

 

この間、ハモノはますます元気になって、せっかく掛かったマルイカをバシバシうば食っていきます。こんな時こそ大チャンス……、そして4枚目となるアタリはこれまでとは明らかに異なる大ダイの引き……でしたんですが、あと20メートルのところでフックアウト。残念でした。

 

それでもマダイ3枚、キントキ1枚は上出来。用意したマルイカの仕掛けはついに一度も使用することがありませんでした。ちなみにマルイカのトップは9杯、何かワタクシだけ釣って申し訳ない気分です。マルイカ船でのタイラバは今年3回目の金星。また機会があったら挑戦してみるつもりです。

 

27日(木曜)は兼ねてから予定していた友人の「月刊釣り東北」会長と某メーカー社長とともに、秋田市にあるマリーナからプレジャーボートをチャーターしてまたもタイラバです。

 

この模様は「釣り東北」に掲載されるようなので、詳細は省略しますが、この日のワタクシはダメダメ、バラしてばかりでした。でも釣れたときより釣れないときのほうが勉強になります(言い訳)ね。初めての地での釣りを満喫し、秋田特産料理での宴、楽しい2日間でした。

 

さて、今週は日曜日にマルイカ取材を予定していましたがシケで土曜日に繰り上がり。雨っぽいんですが、無理しても行くしかありません。日曜日何しようかな〜。

 

 

 

 

 

 


コメントを書く







コメント内容



9 + = 十八

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.