マダコ〜マダイ釣り大会

2019-08-22

盆休みも終わって通常業務に復帰です。さあ取材の連続だぁ、と思っていたところに台風10号の襲来、大幅に予定が狂ってしまいました。酷暑も復活して海に出る気もありませんが、そんなことも言ってられません。しっかりプライベート、取材をこなしてきました。

 

15日(木曜)は本来キンメ取材でしたが、シケで中止。ならばと休みを取って金沢漁港のT丸さんの午前タコに行ってきました。今回はマルイカ用の短竿を使いましたが、なかなか具合はよかったですよ。

 

同行は中村タコ生君。今日もミヨシの席でバンバンと掛けていきます。サイズも半月前よりひと回りよくなってます。

 

ワタクシもバラシを繰り返しながらも、良型を連発。まあ楽しいこと楽しいこと。納竿1時間前にはツ抜けを達成しました。

 

7時半出船から11時までの釣りタイムで12杯、タコ生君は20杯も釣り上げました。この状況ならまだまだ狙えますね、もう一回と言いたいところですが冷蔵庫がパンパンでもう入りません。少し消化してから行くことにします。

 

17日(土曜)はキンメのリベンジのはずでしたが、またも台風の余波で中止。代わりの指令は東京湾のシロギスでした。横浜市磯子の根岸丸さんからの出船です。

 

良型にこだわる船長ならではの釣り方には目からウロコ、独特な船の流し方も実に興味深いものでした。掲載は9月1日発売号、シロギスファンの方は必読ですよ。

 

釣りが終わっていったん帰宅。再びタックルを積み直して九十九里「太陽の里」に向かいます。ゆっくり風呂に入って、しこたまいっぱいやって翌日の大会に備えます。

 

18日(日曜)は「いすみ市大原港一つテンヤマダイ釣り大会」に選手で参加。左はMCの由梨ちゃん、右は力漁丸の聡君です。

 

27隻、375人もの参加者。ワタクシはつる丸さんの右舷トモ2番目でした。久しぶりのテンヤ釣り、はてさてどうなることやら。ところが沖に出てみると水温わずか19度、潮もほとんど動かない悪条件。各船とも苦戦した一日でした。

 

つる丸ではこの人が一人気を吐いていました。良型のハタに加え、本命のマダイまでも。ワタクシは1キロ級のハタ1尾に終わりました。詳細は同じく9月1日発売号を。

 

さて、今週は社内業務の連続で釣行の予定なし。25日に九十九里片貝でヒラメ釣り大会があるので、一応選手として参加の予定。得意な釣り物ではないのであまり期待しないでくださいね(笑)。

 

 

 

 

 

 


コメントを書く







コメント内容



5 + 八 =

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.