ヒラメ〜アホウドリ?

2021-03-18

前回のブログ告知で「一時は閉鎖も考えた」と書いたら、「何かあったのか」と心配された方もいたようです。ご安心ください、コロナ禍で日付も船宿名も表示できないもどかしさにブログを更新する気力がなくなっただけです。ようやく緊急事態宣言が解除されますが、もう一度だけあいまいなブログにお付き合いください。

 

3月某日は外房大原沖でヒラメ取材でした。ところがこの日は風も強く、潮も濁って極端な食い渋り。取材は不成立となってしまいました。ボツ取材はめずらしくありませんが、まさかヒラメ釣りでとは思いませんでした。ちなみにこの写真は置き竿にしていたワタクシの竿に掛かった3キロ級のヒラメです。取材者が釣っても意味なし、まさにKYなヤツでした。

 

続いては東京湾のタチウオ取材です。まあこの方が主役ですから外しようはありません。十分過ぎる釣果で取材は大成功。ちなみにワタクシは仕立船ということもあったので、空き時間に「巻き巻き」をやってみましたが、タチウオにリーダーを切られ、大事なタイラバを落としてしまいました。

 

続いては外房で深場釣りの取材です。なんとか本命もゲットでき、無事に成立となりました。取材の模様はいずれ本誌で掲載されますが、ここに取り上げたのは船の周りに飛び交うアホウドリです。特別天然記念物で一時は絶滅も噂された貴重な鳥、房総沖に飛来するのは小笠原諸島で繁殖した個体みたいです。

 

船長に聞いた話では、房総沖でアホウドリが確認できるのは愛鳥家にとって貴重らしく、わざわざ写真撮りのためにだけ乗船する方もいるそうです。そんな話を聞いては映さないわけにはいきません。何枚か映したけれど、スマホではこれが限界でした。

 

この間、一度のプライベート釣行に行ってきましたが、同行者の事情を考えて紹介しませんでした。久しぶりに小旅行にも行ってきましたが、これも同行者を考慮して紹介を断念。少し時間を取ってから改めてアップするつもりです。

 

21日に緊急事態宣言が解除されるので、次回には通常のスタイルに戻れると思います。このところ何かと野暮用が多く、プライベート釣行に行けてません。たぶんこれからはマダイメイン、コマセにしろタイラバにしろマダイ釣りは一番好きな釣りですし、これからはもっとも大ダイが期待できる季節。朗報をご期待ください(笑)。


コメントを書く







コメント内容



8 − 一 =

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2021年9月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.