3月 7th, 2011年

またも一つテンヤ

2011-03-07

日曜日は外房大原の新幸丸へ一つテンヤの取材で行ってきました。一昨日は知り合いが6キロ級と7キロ級の大ダイを釣っているので期待十分です。

ところがこの日は前日とはうって変わって南西風が吹き荒れています。携帯で調べてみると勝浦では南西15メートルとのこと。5時半に出船し、岩船沖の釣り場に着きますが、風は強いもののウネリはそれほどではありません。

しかしながら連れの2人は顔面蒼白で戦意喪失。ワタクシは2投目で1キロ級を釣って「本日の仕事終了」なんてしゃべったら、本当にそうなってしまいました。あとはなんにも釣れません。船中でも塩焼きサイズが何枚か釣れたにとどまりました。

それでも1枚は釣れたので取材は成功。今回は釣りもそうですが、タックルに使う潤滑剤の取材がメインだったので、釣りが終わってからの撮影に時間を取られました(本音は午後船も乗りたかった、4キロ級が上がったようです)。

最近はなぜだか分かりませんが、一つテンヤばっかりです。でもおもしろい釣りなので、まったく苦になりません。もっともっとたくさんの人にこの釣りを経験してもらいたいと思っています。もう少し暖かくなったら、一つテンヤの初心者教室でもやってみようかな。

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.