7月, 2011年

人間ドック→タチウオ釣行

2011-07-10

毎年恒例、7月7〜8日にかけて一泊人間ドックに行ってきました。例によって錦糸町、賛育会病院です。1カ月前の血液検査で結果が芳しくなく、とくに尿酸値が跳ね上がっていたので、プリン体系の食物を抑えて臨みました。

ところが、尿酸値の結果は変わらず。あれだけ努力した、というのにです。居直ってこれからはレバ刺しや干物類にも普段どおりに接することにしました。一つだけ朗報だったのはγ-GTPがこれまでの最低、116と低かったこと。もちろん、終わったその日、しこたま飲んだことは言うまでもありません。

翌日(9日)は富津からタチウオ、プライベート釣行です。この日から乗合を始めた船宿が多く、金谷沖には大船団。これを見るのも久しぶり、やっぱりいいものですね。

乗船したK丸も初出船。暗中模索の釣りではありましたが、ポツポツとアタリはあります。例によって富津のタチ娘は乗船者の倍以上のペースで釣っていきます。

ワタクシは昼前までに5本を釣ったところで、暑さと寝不足で休憩。そのまま納竿を迎えてしまいました。タチ娘は17本、2番手は2ケタほどでした。

タチウオの型は大中小様ざま、左の写真は同船者が釣った120センチの大型です。指6〜7本はありますね。こんな大型、久しぶりに見ました。

さて、これから東伊豆網代の夜ムツに出発です。今回は釣りビジョン、「関東沖釣り爆釣会」の撮影です。磯部さちよさんとは久しぶりの対面。それよりムツが釣れればいいけれど……。

久しぶりのラーメン

2011-07-06

6月の血液検査で中性脂肪、尿酸値ともよくない数字が出てしまったので、週4〜5回のラーメンを週1回に自粛していました。それでもポツラポツラとは行ってたんで、気に入った店のみ2軒紹介しておきましょう。

1軒目は先日、勝浦のフグへ行った帰りに寄った店、鵜原にある「こだま」の勝浦式タンタン麺(大辛、とうふ入り、750円)です。

大辛のオーダーでしたが、辛さが今一つ。その他は満足でした。この店は肉屋さんも併営しているので、トンカツ、コロッケ、ハムカツも安くて美味。レバ刺しもおいしいのですが、尿酸値を考えてこの日はパスしました。この方面にお出での節はぜひ。

続いて6月末、会社の近く湯島に新規オープンした「日乃屋」です。ラーメンとカレーという関連性のない2品を売り物としたおもしろい店です。

オーダーしたのはラーメン500円にネギトッピング100円。濃いしょうゆ味にバラ肉のチャーシュー。それほど特長のある味ではありませんが、ワタクシ好みではありました。

まだオープンしたばかりで、ググってみても検索されません。場所は蔵前通りを秋葉原方面からお茶の水に向かった右側。末広町交差点から徒歩10分くらいです。

他にも数軒、新規開拓しましたが、いずれも紹介するには値しない店だったので控えておきます。

明日(7日)から一泊人間ドック。実はこの日のためにラーメン、とくに二郎系を控えてきたのです。もし、検査結果でオーケーが出れば、思い切り二郎系を堪能する予定です。今日のグビはそこそこに抑えて明日に備えます。結果は次のブログにて。

勝浦沖フグ釣行

2011-07-04

3日は富津のフグ娘、H女史と3人で勝浦松部のS丸へフグ釣りへ行ってきました。もちろん、プライベート釣行です。ワタクシも初めての釣り場、初めての船、なぜここへ行ったかと言えば、外房では唯一湾フグスタイルで釣っているところに興味があったからです。

例によって梅雨の晴れ間、外房ではこれ以上ないといえるベタナギの一日でした。ところが上潮だけが速く底潮は動かずの潮具合で、食いは今一つ。型はいいものの終日ポツポツ状態でした。

釣果も現在の湾フグとほぼ変わらず。トップで7尾、ワタクシは6尾でした。数日前は20尾以上釣っていただけに残念でした。

印象としては25号の外房スタイルに比べ、オモリが軽い分、やはり釣趣があります。空シャクリも必要なし、アタリだけ取って合わせる釣り方はやはり湾フグと変わらぬおもしろさがありました。

ただ水深は20メートルくらいあるので、オモリは10〜15号あったほうがよさそうです。食わせ釣りなら20号くらい、PEラインは0.8〜1.5号までを推奨します。根掛かりはほとんどないので、乗船者が少ない場合は投げて誘ってもおもしろそうです。また、機会を見て釣行してみるつもりです。

ワタクシが釣った写真が船宿のブログにアップされてます。お暇な方はどうぞ。

http://ameblo.jp/sinshomaru/entry-10941850248.html

2度目の平潟釣行

2011-07-01

バタバタして更新する暇がありませんでした、スミマセン。28日は再び平潟で一つテンヤ取材に行ってきました。

今回は珍しく前日入り。富津のSちゃん、H丸のてっちゃん、新太郎君と3人で港近くの温泉宿「関の湯」に集合。軽く一杯やって当日を迎えました。

この日も快晴、ベタナギで実に釣りやすい一日。ところがワタクシは今一つテンションの上がらないまま納竿時間。船中ではマダイやらハナダイやらアイナメやらフグやらたくさん釣れましたが、ワタクシにはなんにも釣れませんでした。

例によってSチャンはこんなの釣ってます。てっちゃんもアカメ釣ってました。この模様は7月15日発売号に掲載しますのでお楽しみに。しかし、なにが悪かったんだろう、納得できない釣りでした。

帰りがけはみんなと昼食です。港近くにある『メヒコ」という店のカニピラフが超有名と聞き、さっそく行ってみました。カニはズワイで殻付きとむき身の2種があります。ワタクシは面倒なのでむき身をオーダー。でもレディスサイズで1200円はちょっと……。でも味はそこそこでしたよ。

Newer Entries »

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2011年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.