8月 9th, 2012年

ラーメン4題+立ち食いそば1題

2012-08-09

久しぶりにラーメンネタです。尿酸値高騰のため、最近はやや控えめにしていますが、それでも週2〜3回はラーメンです。もちろん、ここ以外にたくさんの店に行ってますが、お察しのとおり紹介しないのはワタクシの口に合わないからです。

 

まずは御徒町の駅近くに今年の6月ごろオープンした「味噌麺 高樋兄弟」という、文字どおり味噌ラーメンの専門店です。オーダーしたのは味噌らー麺(750円)。見た目、味噌に見えませんが、どろどろしたスープに白味噌味。麺は太平打ち縮れ麺で、けっこうモチモチしてます。注文してから炒める野菜もシャキシャキで、味噌ラーメンは普段あまり食べないワタクシにしては好みです。しかし、この場所も何軒のラーメン屋が去っていったことか。長続きすればいいなあ。

 

立ち食いそばもあちこちにありますが、ワタクシがもっとも好きな店が「池之端かめや御徒町店」です。狭い厨房に4人もの店員さん、そばを茹でたり天ぷらを揚げたりと大忙しです。オーダーしたのはかき揚げそば(350円)、ちょっと濃いめのつゆと揚げたてふわふわ、つゆにとろけるかき揚げがマッチ。立ち食いそばの領域を超えています。朝早くから行列ができるのも納得できる味です。

 

勝浦でのカモシ釣りの帰りに寄ったのが「ラグタイム」。この店、本来はイタリアンレストランなんですが、店主のこだわりというのでしょうか、勝浦式タンタン麺も豊富なメニューで取り入れています。オーダーしたのは勝浦タンタン麺(750円)、大辛トッピング(150円)、麺硬です。さすが自家製ラー油、たっぷりとタマネギも入って美味でした。ただ、辛いのが苦手な方は大辛トッピングはやめたほうがいいですよ。勝浦式タンタン麺は「はらだ」、「松野」、「江さわ」という有名店がありますが、ここはベスト3に入る味。川津のK丸船長を始め、周辺の船長もよく顔を出しているみたいです。

 

沖縄のそばは麺がスカスカしてあまり好きなほうではないのですが、湯島にある「北谷(ちゃたん)食堂」だけはお気に入り。オーダーしたのはてびちぃすば(そばのことをすばと呼んでます)。てびちぃとは豚足を煮込んだもの、これがおいしいんです。その他通常のそーきすば、ラフティの入った沖縄すば、その他メニューは盛りだくさん。さっぱり味で、これなら痛風持ちにも安心かもです。

 

最後に隠し球、ワタクシの自宅から歩いてでも行ける「貴生」を紹介しましょう。この店、たぶん取材拒否なのかマスコミにほとんど出たことがありません。でも、季節や時間を問わず常に行列のできる店、かなり遠くからも食べに来る方が多いようです。オーダーしたのはラーメン(650円)、チャーシュー抜き、脂少なめです。

 

いわゆる背脂チャッチャッ系の店ですが、脂少なめでこれ、今回は飲んだ後ということもあってチャーシューは遠慮させていただきました。麺は太平打ちのちぢれ麺、スープは真っ白で意外に薄味、そのせいか全部飲めちゃうから怖いんですよね。その他ホルモン麺、味噌ラーメン(なぜか白いスープ)もあります。やはり客の年齢層は若く、女性が口の周りをベタベタにしてラーメンをすする姿も見かけます。通い始めてはや十数年、もしかしたら痛風の元はここにあるのかも……。

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2012年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.