TKB&イイダコ

2014-09-24

9月は休日が多いせいか、必然的に釣行回数が増えます。20〜21日、23日と3日間で釣行回数は2回、いずれもプライベートでした。カワハギ、フグ、イイダコ、タチウオと好調な釣り物が目白押しで何に行っていいか迷うところですが、ワタクシはカワハギとイイダコに行ってきました。

 

20日はTKB(東京湾カワハギバトル)、ワタクシは今期もたくさんの大会にエントリーしていますが、この大会が初戦となります。船は葛西橋の第二泉水、釣り仲間3人との参加でしたが、現地に着くと知り合いのUチャン、Yさんの姿もあり、和気あいあいムード。この日は24人のエントリーなので、3枚の全長で上位7人までが予選通過。昨年は2回出場して、2回とも予選通過しています。今回も楽勝と思っていたのですが……。

 

竹岡沖を攻めるこの大会では、これまでの実績からスピニングカワハギと決めています。ところが今期の竹岡沖は様相が違っていました。投げて仕掛けを横にすると、ほとんどベラ。捨て糸を40センチとしてもベラ、ベラ、ベラ、ベラでちっとも本命が釣れません。

 

全体的に状況はよくありませんが、両隣の方は縦の釣りでポッツラポッツラと釣っていきます。1時間、2時間……0、3時間、4時間……0。ついに午後2時、納竿まであと30分になってしまいました。カワハギでオデコ、過去に1〜2度はあったと思いますが、ヘボの記録であることは間違いありません。前回のブログで書いた、記録ものの大型が釣れる予感がとんでもないほうに行きそうです。

 

そこで宙釣りに変更。スピニングタックルで宙釣りも変な釣り方ですが、これが当たって立て続けに2枚。そして納竿直前に大型らしきを掛けましたが、巻き上げ途中で痛恨のバラシ。結局リミットメイクならず2枚で終了。もちろん、予選通過はできません。同行したHとYちゃんの女性組は見事通過、Sさんとワタクシの男子組は涙を飲んだのでした。

 

23日は浦安のY屋さんへ開幕したばかりのイイダコへ単独釣行。休日の好天とあって26人もの乗船客。このところトップで50〜60杯なので目標は30杯としました。下げ潮が効いているうちはポツポツと釣れて11時までに22杯。このままいけば50杯ペースと思いましたが、ここでストップ。納竿までにわずか9杯で31杯。まあ目標はクリアできたので、よしとしましょう。ちなみに竿頭は右舷ミヨシで55杯のダントツでした。

 

今期の初物、やはり東京湾のイイダコは美味ですね。浦安からの釣りだと帰港中に処理でき、家に帰ったらヌメリを取って茹でるだけ。ビールがすすみますわい。大好きな釣りだけに、あと2回は行きたいものですが、果たして暇があるかどうか。

 

今週の土曜日は恐怖の大腸内視鏡検査の日です。2日前から食事制限、当日の朝は2リットルの水を飲まなければなりません。数年前の経験ではものすごい激痛を伴いました。少しは医療が進化して痛みは少なくなっていると思いますが、今から憂鬱です。


コメントを書く







コメント内容



六 × = 42

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.