ラーメン屋の悲哀

2011-02-22

昨年の12月、ワタクシのブログに「失敗ラーメン」というタイトルで取り上げた会社の近くのラーメン屋さん、もう締めちゃいました。わずか2カ月ほど、早いですねえ。

開店当初は行列までありました。ワタクシもすぐに並んで食べたのが、写真にもあるデフォルトのラーメン。これでもかというくらい魚粉が入っていて、生臭いくらい。おまけに表面に浮かんでいるのは間違いなくアクです。スープは粉っぽいわ、麺は柔らかいわで、初めてラーメンを残したかもしれません。

もう一つひどい話。食べている最中、隣に座った人が途中で顔をしかめています。モグモグして口から出してきたのは針金のようなもの。すぐに店員を呼んで文句を言いましたが、スミマセンのひと言だけ。料金も返してくれず、その方は怒って帰ってしまいました。

店員さんはお年寄りの方ばかり、どうも見ても雇われです。その方たちも精一杯がんばったのかもしれませんが、ラーメンを甘く見すぎていたとしか思えません。

ラーメンは確かにブームです。それだけファンが多いということは、舌が肥えている方も多いのです。麺があってスープがあればいいと言うわけではありません。

わずか2カ月の閉店。たぶん色んな人に迷惑をかけたでしょう。今となっては精一杯務めた店員さんに同情するだけです。


コメント3件

  • 支障 | 2011.02.22 20:09

     私個人は、ラーメンは、「安い・早い・うまい・満腹」であるべきと思っています。化学調味料を使わないとか、どこどこ産の煮干や豚骨を使っているとか、そんなのは二の次で、上述した条件をトータルに満たしてくれるか否か、がお気に入りになるかどうかの判断材料です。
     シンプルな食品だからこそ、店(主)の姿勢が如実に現われて、「(取り組みの)甘い」店は、昔と違って、速やかに淘汰される厳しい業界になってしまいましたね。食べる側にも、余裕がなくなっているように思います。

  • かず | 2011.02.23 0:59

    ラーメン屋さんを語れるほど「通」ではありませんが
    ビジネスチャンスと思い、開店し、そこに熱い想いが足りなかったのでしょうね
    二ヶ月で閉店に踏み切ったのも、原因は色々あったと思いますが、
    想いがなかったのでしょうね・・・。
    店主のアツイ想いが注入された一杯は最高ですよね!
    自分は行動範囲狭いので、近所(千葉市周辺)と職場周辺のラーメン屋しか食べ歩きませんが、
    これからもラーメンレポ楽しみにしております!

  • negishi | 2011.02.23 10:48

    支障様
    ワタクシの場合は「うまい」が優先なのかも。せっかく食べに行って好みに合わない時は、本当にガッカリします。
    かず様
    千葉市周辺で食べたことはほとんどありません。ぜひ教えてください。

コメントを書く







コメント内容



2 − 一 =

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.