連休はフグとカワハギ

2016-01-12

初めてのスマホを導入して約2年半、そろそろくたびれてきたので機種変することにしました。同じメーカーの同じ機種、簡単にできるだろうと高をくくっていたのが大間違いでした。スマホの進化で使用法も一から覚え直し、まさかアプリまで取り直しになるとは思ってもみませんでした。すべてのアプリ更新、加えてアカウントから入れ直す作業に、おサイフケータイのわい雑さも加わって……、結局9日の連休初日は一日携帯をいじくってました、いい天気だったのになあ。

 

で、動いたのが10日(日曜)、富津港のK丸さんから食わせフグ乗合、同行はおかっぴ君です。半年ぶりくらいの食わせフグ、ワタクシはどちらかと言えばカットウ派ですが、食わせ釣りも大好きです。

 


この日は連休中日とあって満船状態。7時に出船して大貫沖の8メートルダチからスタートです。ここまでまずまずの釣れっぷりでしたが、当日は変な濁りが入っています。船長に聞くと水温低下、加えてほとんど潮が動いていないとのこと。アタリは少ないけれど、突然やってくるので気が抜けません。何度ビックリ合わせしたことか。

 

無風、快晴、ポカポカ陽気の釣り日和。魚は釣れなくても気持ちよくすごせました。いつもこんな日に釣りができたらいいのになあ、と心底思いました。2時に帰港。トップ12尾でワタクシは5尾、大型を海面バラシしたのが悔やまれますが、キロ弱のマダコも釣っていいお土産になりました。

 

富津港をあとに、そのまま横須賀まで走ります。釣り仲間のTさんと待ち合わせカプセルホテルにチェックインが前乗りスケジュール。横須賀中央駅の周辺にはそそる居酒屋がたくさんあり、軽く飲んで明日に備えるのがその日の予定でした。ところが釣り談議に花が咲き1軒、また1軒で結局3軒もはしご酒。また飲み過ぎちゃいました。

 

翌11日(月曜)は剣崎松輪港の成銀丸、船宿主催のカワハギ大会に参加です。集まったのは約100名。ワタクシは抽選で1号船の左舷ミヨシ3番でした。この船には名うてのアングラーもたくさん乗船していますが、メーカー主催の大会と違って和気あいあいムード。

 

7時半に出船して城ヶ島沖の50メートルダチで釣り開始。2日前には大釣り、得意な深場狙いとあって気合が入りましたが、朝のうちはエサも取られません。時間がたつにつれてポツポツと釣れてきますが、宙でバクバクを期待するワタクシには一向にアタりません。釣れている人を見ると、タルマセ気味に釣っている方が数をのばしています。一番苦手な釣り方です。

 

この日もナギの釣り日和。中盤に連チャンがあったものの、いつまでたっても浮かないカワハギに業を煮やし、終盤はもういいやでほかの人の所に遊びに行っちゃいました。後で聞いたら、納竿間際に宙で釣れたそうで、諦めたのが早かったようです。まあ、この日ものんびり楽しくやれたので個人的には満足でした。1時に納竿し、1号船のトップ24枚でワタクシはたった10枚でした。

 

宿に戻って表彰式。この大会の特長は賞品が豪華なこと。最新ロッド3本のほかにクオカード、米、ビール、日本酒、カップ麺など。数と型の上位には羨ましいほどの賞品、もちろん空くじなし。ワタクシはビール1ケースにダイコン2本、半額乗船券で、これでも少ないほうでした。

 

2日間、ほとんど寝ていなかったので帰りの高速で寝落ち。すっきりしたところで帰途につきました。3連休は天気もよく、ほとんどのエリアで出船できたと聞いています。皆さんも存分に釣りを楽しんだことでしょう。今日(12日)あたりから本格的な冬に入ったようで、これからが厳しい季節。風邪などひかぬようお気を付けください。ワタクシは明日、1年ぶりの大腸内視鏡検査、ものが食べられないのはやむを得ないとして、今は検査時の痛みにおびえています。


コメントを書く







コメント内容



× 三 = 24

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.