アオリ〜ステファーノ取材

2018-12-07

師走に入りました。年末進行の忙しさもありますが、忘年会の予定も立て込んできます。1週間で3回がピーク、あとはボツボツという感じですが、合間に取材が入るので日程調整が大変です。

 

29日(木曜)は釣りビジョンの「つりステ釣会議」に出演のため、西新宿のスタジオを訪れました。きれいどころ2人がお出迎えです。

 

こんな感じのスタジオ風景で、約4時間にわたる打ち合わせ〜収録を終えました。1日に放映したらしいのだけど、ワタクシの家は見られる環境にありません、どうだったんだかなぁ。

 

30日(金曜)は東京湾奥野毛屋さんからアオリイカ取材です。平日だというのにアオリ船、フグ船にも釣り客がいっぱい、まるで休日のようです。釣れている証拠ですね。

 

勇治船長と常連さんの釣り談議。こんな所にもエッセンスが隠されているので、聞き逃しません。

 

アオリイカは驚くほど釣れました。詳細は12月15日発売号、中オモリの餌木シャクリファンが読めば、ちょっとはスキルが上がる内容となっています(エヘン)。

 

1日(土曜)は翌日の外房大原フグ大会の前乗りを兼ねて、プライベートでA丸の午後マダイに乗ってきました。乗船客12人のうち、タイラバはワタクシ一人でした。

 

アタリはたくさんありました。ハナダイの良型1枚、ガンゾウビラメ多数、ハタ2尾でうち1尾は1.5キロくらいの良型。タイラバで良型ハタは初めてです。

 

2日(日曜)は外房大原港での「いすみ市大原港フグカットウ釣り大会」に選手兼取材で参戦です。ワタクシは兼ねてから予約していたS丸さん、抽選で左舷胴の間に鉄人T氏と並んで座りました。このところ今一つのフグですが、リミットは3尾となりましたので、なんとかなると……。

 

釣り開始からアタリはありません。船長はあちこちへ移動して群れを探しますが、8時過ぎに太東沖の浅場へ大移動。根の上で良型が釣れているようで、全船が集結していました。

 

カットウが着底したらすぐに上げないと根掛かり、ワタクシは合計5個を紛失しました。掛かれば良型ですが、修復作業ばかりで一向に数がのびません。10時半の納竿までに2尾、検量すらせずにさっさと船を下りました。これも詳しい大会結果は12月15日発売号にて掲載します。

 

12月3〜4日は連続忘年会。いつもなら2次会〜3次会コースですが、この日は一次会で帰宅。弱くなったなぁ。

 

12月5日(水曜)はステファーノグランプリ決勝大会。ワタクシはすでに予選敗退しているので、取材者としての乗船です。選手の方たちは知り合いばかりで和気あいあいです。

 

乗船したのは山天丸。坂本智子さんを始めチームステファーノの方がたが多数乗船、最もレベルの高い船だったでしょう。詳細はこれも12月15日発売号でに掲載しますが、すでに皆さん結果はご存じだと思います。

 

さて、主だった大会やイベントはほとんど終了し、残るは個人的な釣り会への参加、プライベート釣行のみとなりました。取材のほうは年内にあと3本こなせば終了。個人的にはアカムツ、マダイに行きたいところですが。忘年会とのスケジュール調整が微妙です。

 

 

 

 

 

 

 


コメントを書く







コメント内容



× 六 = 6

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.