カワハギ〜マルイカ

2020-08-19

久しぶりに長い盆休みでした。恒例行事の里帰りも済ませましたが、このご時世なので老いた母親には一度も顔を合わせませんでした。釣りのほうは取材を含めてすべて予定どおり。最近の天気予報は風の強さより最高気温が気になる私です。

 

6日(金曜)は三浦半島剣崎松輪港の瀬戸丸さんからカワハギ取材です。今期初の剣崎沖、これからのシーズンに向けて下見と肩慣らしも兼ねています。

 

主役はこの方。しっかり釣ってくれて取材は成功。今シーズンのカワハギは1カ月近く遅れているとは本人の弁でした。詳細は9月1日発売号にて。

 

8日(土曜)はポッカリ空いた休日。前日に予約を入れて外房大原港のA丸、午前マダイ船に駆けつけました。青森取材で余ったテンヤ、タイラバタックルを持参しましたが、これがいけなかったようです。

 

スタートは一つテンヤでしたが、どうにもうまく掛けられません。ほとんどの方が釣ったというのにいつまでたってもゼロ。そこで「伝家の宝刀」タイラバ(笑)にチェンジ。するとポンポンと5枚を釣って竿頭。ブレるのはよくありませんね、最初からタイラバで通せばもっと釣れたでしょう。それにしてもあの大ダイらしきをPE切れでバラシたのは、なんとも心残りです。

 

10日(月曜)は三浦半島剣崎松輪港の一義丸さんで行われた故北風謙一船長の追悼イサキ釣りに参加しました。船長が他界して5年目を迎えます。毎年この時期に行われているのですが、やっと参加できることになりました。

 

釣り場に着いたら御神酒を捧げ、のちに参加者8人と立川船長とで黙祷。その後釣り開始です。

 

剣崎沖が今一つだったので沖ノ瀬に移動、ここから良型イサキが釣れ始めます。全員がお土産を確保したところで早めに納竿。いや、いい釣り会でした。また来年もお誘いくださいませ。

 

港に戻って、明日の釣りのために前乗り、そのまま下田まで走ります。海水浴客か白浜周辺の込み具合は尋常ではありませんでした。

 

11日(火曜)は下田須崎港の番匠高宮丸さんからアカハタ、カサゴ狙いで出船。キンメメインの船宿ですが、新しい釣り物にもチャレンジしたいとのことで試し釣り要員として参加しました。

 

魚影はメチャクチャ濃いです。当日は試し釣りなので、あちこちのポイントを転々と探りながらの釣りでした。よい所ではまさに入れ食い、おもしろい釣りを経験させてくれました。

 

船宿ではキンメ釣りが休業の日に3人以上集まれば出船するそうです。ぜひ問い合わせてみてください。

 

12日(水曜)から帰省。朝8時に家を出ましたが、関越道は渋滞もなくスイスイ。そのまま秩父市内にある根岸家のある寺に直行。しばらく来ていなかったので、無縁仏のようになっていました。

 

母親には会わず、そのまま友人宅に行って飲んで、泊まり。まあこのご時世なので仕方ありません。

 

14日(金曜)は久しぶりの出勤、15日(土曜)はまたまた剣崎間口港のK丸さんから今期最後であろうマルイカ乗合です。当初、乗船者が少ないと聞いたのでタイラバタックルを持参しましたが、ふたを開けてみれば満船でした。

 

潮が速いのでタイラバはパス、まじめにマルイカを狙いましたが、やはり相当カンが鈍っていました。トップは20杯以上でしたが、釣果はわずか3杯。城ケ島沖に移って少しだけタイラバを落としましたが、ウンともスンとも言いませんでした。

 

さて、この後も取材がめじろ押し。20日は本誌主催「沖釣りカレッジ」カワハギ教室のお手伝い。22日、プライベートタチウオ、23日カワハギ取材と続きます。早く涼しくなってくれないと体が持ちません。


コメントを書く







コメント内容



− 一 = 2

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.